「D」は「ドライ」のDで、総じて喜怒哀楽があまりなく表情も乏しくて、一見冷たそうに見える男子のことを言う(「ディーダン」と略すのも可)。

 芸能人に例えると、綾野剛(あやの・ごう)、新井浩文のような「くわえ煙草でパチンコやパチスロを打っている姿がハマる男子」、あと、ちょっと違うタイプだが松田翔太……あたりが挙げられ、いかにも最初は取っつきにくいイメージではあるけれど、それは不器用なだけで、行動や言葉の裏には優しさが詰まっており、たまに見せる笑顔に破壊力がなければダメ、らしい。

 ただ、“ドライ”ゆえ「連絡がマメじゃない」「あまりイチャイチャできない」「プライドが高いので扱いがむずかしい」……ので、女子側からすれば「愛されているか不安になる」というデメリットが指摘され、さらには「アウトドアな遊びができない」傾向も強いのだそう。

 一方で「恋愛体質じゃないので浮気をしない」「束縛もしない」というデメリットとは表裏一体のメリットもあるため、「結婚相手には案外向いているんじゃないか?」と婚活女子のあいだでは昨今激しくマークされている。

 もし、貴男がD男子的素質がゼロであるにもかかわらず「トレンドに乗ってモテたい!」と目論むなら、「目力を精一杯抜いて、上目遣いで眼内を三白眼気味の比率にし、口を心持ち半開きにする」のがコツ。パチンコで激アツを外して舌打ちをしながら台をドンドン叩くのも隠れポイントだが、それをやったら、多少“モテ”からは遠のいてしまうかもしれない。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る