「こっそりクンクンする」の略称で、「人前でバレないように、こっそりと姑息に(※「こそく」がこそクンの「こそク」にもかかっている)自分の汗のニオイをチェックする仕草やアクション」のことを指す。

 今どきの「一億総潔癖時代」、口臭や体臭といった“異臭”が、ますます周囲の目の敵とされる傾向が高まっており、「こそクン」の頻度やテクニックも年々上昇、向上しているようだが、ニベア花王株式会社の制汗パウダースプレー『8×4』による男女800人対象の「汗のニオイチェックに関する意識調査」によると、異性がする「こそクン」に気づいている人は、じつのところ30%近くにもおよぶという。

 ちなみに「こそクン・テク」として“定番”とされているのは、「腕時計を見るフリをしながら」「手を上げたときにさりげなく」「脇をサラッと触ったあとにこっそり鼻に手を持っていく」……などだが、いくらそれらが優雅な動きをもって行なわれたところで、やはり唐突さと不自然さは否めない。

 ならば、「トイレとかに行ってからゆっくりとヤレばいいじゃん!」ってことになるわけだが、とくに夏のデート中なんかは、いったん気になってしまったら最後、一分一秒でも早くチェックしたくなる心理は理解できなくもない。もし、気になって気になってしょうがないなら、「たまにはこういうところで食事もアリなんじゃない?」と、たとえば『餃子の王将』あたりでニンニクたっぷりの餃子をカップルでたんまり食してみる……といった“森で木を隠す作戦”がもっとも有効かと思われる。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る