「親の意思を確認する」の略語。我が子の就職活動に干渉する親とのいざこざを避けるため、内定を出す企業側が学生の親になんらかのアポイントメントを入れ、入社の確認を取ることをいう。片一方の親が承諾しても、もう一方の親が反対して内定辞退を申し出るケースもあるそうなので、かならず“両親”に確認するのが重要であるらしい。

 昨今、この「オヤカク」が、メディア上では「過保護も甚だしい」「もう大人なんだから就職先くらい自分で決めろよ」……みたいな論調で取り上げられ、“時代の風潮を象徴する就活専門用語”風に紹介されているが、たしか筆者が就活を行なっていた30年前にも「オヤカク」はあったはずで、「あえて“今”フィーチャーする事象なのか?」といった疑念が、正直なところ個人的にはなくもない。

 筆者が就活をしていた時期は、ちょうどバブル景気の一歩手前。現在では信じられないほどの“売り手市場”であり、筆者程度の能力しかない学生にも複数の企業がバンバンと内定を大盤振る舞いしていた。そして、その人事担当のそれなりに偉いヒトたちが、「私に娘さんをください!」と、両親に土下座しながら結婚を申し込む彼氏のように、菓子折り持参で自宅まで参上してくださったものである。ただ、これは「オヤカク」と呼ぶよりは、「将(=内定を出した学生)を射んと欲すればまず馬(=両親)を射よ」的な「オヤオトシ」の要素のほうが強かったのかもしれない。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。