一つの賃貸住宅のキッチン・リビング・バスルームなどを複数の人と共有し、コストダウンを図る「シェアハウス」が、徐々に日本でも一般化されつつあるが、そのなかでも同じライフスタイルや志を持つ入居者を集めた「コンセプト型のシェアハウス」が人気を呼んでいるらしい。

 「昼夜逆転のシェアハウス」「漫画家(志望)ばかりのシェアハウス」「ミュージシャンばかりのシェアハウス」「ダイエットサポートのシェアハウス」「東大に合格するためのシェアハウス」……ほか諸々、近年その“コンセプト”は激しく細分化されつつある。大きなメリットとしては「情報交換がスムーズにできる」「自分と同じ境遇で頑張っている人が身近にいることによるモチベーションの向上・モラトリアム的な安心感」などが挙げられるが、もはや「なんでもあり」状態の“コンセプト”のオンパレード上には、思わず首をかしげてしまう怪しげなものも少なくない。

 たとえば「起業家を目指すシェアハウスって」……一歩間違えたら現状に満足していない者同士の「励まし合い」ではなく「傷の舐め合い」になってしまうのでは? 「過度な距離感を楽しめるシェアハウス」……って、結局は住人任せかいっ! 「結婚したい男女が集まるシェアハウス」……って、裏でダークな駆け引きが横行しそうで人間関係がギスギスしそう……。

 あまりに漠然とした“コンセプト”ではなく、「シングルマザーのシェアハウス」みたいに、なるべく具体的なイメージを抱きやすいモノを選ぶのがポイントであるようだ。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。