美術室で見かけるような石膏像が、アイドルグループを結成した。……と紹介したところで、シュールすぎて困惑させそうだが、事実である。KADOKAWA、脱力系グッズの企画で知られるザリガニワークス、洋画材料の老舗・ホルベイン画材による共同プロジェクト「石膏ボーイズ」がそれだ。マンガチックにキャラクターデザイン化することもなく、胸像をそのままアイドルとして演出している。

 2015年の企画スタートと同時に、ネット上などで反響を呼んだ。現在、アート分野に関わる人口が減少中とのことで、石膏ボーイズのような破天荒な企画が求められていたという。4人のメンバー、聖ジョルジョ・メディチ・ヘルメス・マルスは、いずれもデッサンの対象としてポピュラーな像から選ばれたそうだ。

 2016年1月から放送されたアニメでは、イケボ(イケメンボイス)の人気声優たちを起用して、意外にもギャグ作品としてまっとうなストーリーを展開した。このアニメ関連で、アイドルらしくCDもリリース中。衝撃の動かない(動けない)アイドル、美術を志向する若者をはたして増やすことができたのだろうか?
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。