筒井康隆氏の小説『時をかける少女』は、ふしぎな存在である。最初は1965年から翌年にかけて学研の学年誌で連載。媒体が媒体だけに、筒井氏の作品としてはラジカルなところがなく、おとなしい。だがその後、現在に至るまで、幾度も映画・ドラマ・アニメとして生まれ変わっている。

 最初の映像化は1972年、NHKで放送されたテレビドラマ『タイム・トラベラー』。そして原作通りのタイトルで映画化されたのは、大林宣彦監督による1983年の角川映画。言わずと知れた原田知世の代表作であり、80年代アイドルムービーの金字塔である。これに匹敵するヒットは、『バケモノの子』などでいまや名匠として知られる細田守監督のアニメ映画だろう(2006年)。若い世代では、いまから10年前に公開されたこの作品が『時をかける少女』の原体験ということも多い。この夏の日本テレビ系のドラマが、「アニメ版と違う」ことに落胆するという現象も見られた。もちろん、これは当然の話。どの作品を最初に多感な時期に観たか、ということは重要なのだ。ただ筆者にしてみれば、過去のドラマ化作品のヒロイン、南野陽子や内田有紀と比べても、黒島結菜(くろしま・ゆいな)のみずみずしい熱演は悪くないのだが。

 これからの未来にも、また新しい『時かけ』は生み出されていくのだろう。「ラベンダーの香りをきっかけにタイムリープする少女」、この一点の着想が多くのクリエイターにとっていかに魅力的な着想であるかということ。『時かけ』という作品そのものが、まさに「時をかける」魔法といえるのかもしれない。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る