岡崎体育という、なんだか芸人風のミュージシャンが注目されている。その名前は、敬愛するアーティスト、電気グルーヴの石野卓球(「卓球」の上位概念であるところの「体育」)を意識したものとか。同志社大学在学中に音楽の道に入り、「岡崎体育」としては2012年からインディーズで活動。今年5月にメジャーデビューを果たした。京都在住、活動拠点は奈良ということで、自身の音楽を「盆地テクノ(BASIN TECHNO)」と称している。

 このシンガーがいま、ネット界で注目され、マスコミでも取り上げられる機会が多くなっている。きっかけは『MUSIC VIDEO』という楽曲のビデオクリップだ。その内容はじつにユニークで、未見の方はまず見てほしい。アーティストのプロモーション映像における「あるあるネタ」をこれでもかと連発するのだ。「カメラ目線で歌っていると、バンドメンバーが横から出てくる」「ラーメン屋の見習いっぽいやつを出して、店の前で落ち込ませる」「外でギターを弾いているが、電源は引いていない」……。確かに、いずれもどこかで見たようなシーン! 関西ノリの笑いにしつつも、ただ茶化しているわけではなく、そこには音楽に対するあふれんばかりの愛情が込められている。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。