特に若い女性のあいだでは、ツイッターよりも支持されているという画像共有ツール、インスタグラム。著名なファッションリーダーたちが美しいショットを日々アップしており、ファンの評価を受けてネットの話題になることも多い。そのオシャレ感を参考にして、リア充なライフスタイルを発信する「インスタ女子」も増えているとか。

 インスタ上の写真として映えるものを「インスタジェニック」と称する。SNSは多少なりとも自分をよく見せたいという気持ちに駆られるものだが、インスタ女子は特にその傾向が強い。だが、本人がいくらインスタジェニックなつもりでも、一日に何枚もアップしたりと度が過ぎると、過剰なアピールとしてうとまれる場合がある。

 そもそもインスタグラムのフォトが正方形なのは、コダックの「インスタマチック」やポラロイドカメラをリスペクトしたものといわれている。つまり、スナップを誰かと回し見するようなイメージであったようだ。気軽さこそが開発者の意図であり、実際そうした使い方に向いている。セレブ的な背伸びはアソビの範囲がいいのかも。

 もちろん、インスタ女子のすべてが「無理をしていそう」というわけではない。インスタにアップするからこそ、おしゃれに旅行にイベントに、行動的になれるという側面もあろう。何にせよ、アクティブなのはいいことだ。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。