髪質はそれほどまでに重要ということなのか。シャンプーはネット上で評価が語られやすい商品だ。抜け毛が減るというウワサが立つと、そのシャンプーはおどろくほどの注目を浴びる。ほかにも、ノンシリコンとシリコンをめぐっての論争も記憶に新しい。こちら、諸説入り乱れるなかで決着らしい決着はまだついていない。

 最近では、「植物学者」を意味する名前が付いた、シャンプーなどのヘアケアブランド「ボタニスト(BOTANIST)」がヒットしている。いわゆるノンシリコンシャンプーにあたるが、そこは強く打ち出していない。90%以上の植物由来成分がウリで、髪の毛にも環境にも優しいという。その非常にシンプルなラベルデザイン(他のシャンプーは目立つようにとカラーを多用したデザインが多く、逆に埋没することがなかった)は、いまやドラッグストアの一角で強い存在感を放っている。

 インスタグラムなどを通して、複数の芸能人が紹介したことがブレイクのきっかけになった。メーカーのI-ne(イーネ)はいまや業界の注目株だ。もとより、植物由来をうたったシャンプーは多い。その中でボタニストは一歩抜けだした感がある。イメージ戦略のうまさが光る商品といえる。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る