バラエティ番組『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)で取り上げられ、昨今ちょっとした話題になっている心理学用語。「ドラマの恥ずかしいシーンや、他人のミスを目の当たりにしたとき、あたかも自分の失敗のように感じてしまう感情」のことを指す。

 番組内のアンケート調査だと「10人に1人の割合でこの感情を経験したことがある」という結果が出たようだが、「え? もっといるでしょ!」と、思わずツッコミを入れてしまった御仁も少なくないのではなかろうか?

 話題になっているだけに、ネット上でも個人によるさまざまな“恥ずかしくなってしまったエピソード”が書き込まれており、筆者の“代表例”は「両親とたまたま一緒『11PM』(深夜のテレビ番組)を観てしまったとき」だったりするのだが、ダチョウ倶楽部だとか『ますだおかだ』の岡田圭右(けいすけ)だとか、この共感性羞恥を確信犯的かつ戦略的に“芸風”として組み込み、しぶとく生き残っているお笑い芸人も実在する。

 「イタい」「サムい」……といった、もはやスタンダードとなった日常用語の核となる感情でもあり、筆者の見立てではおそらく「10人に9人」くらいの高確率で共有できる感情だと推測するので、飲みの席や合コンなどで会話に詰まった際は“旬なテーマ”として、おたがいの実体験談を語り合ってみるのも、ここ数か月ほどは「アリ」なのかもしれない。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る