昭和期の織物の町・西陣では、年末年始が気になり始める頃は、いつも山積みの注文に大わらわになっていたそうだ。そんなとき、邪魔をするようにしゃしゃり出てくる人が、いつの時代にも必ずいるもの。仕事場に顔を出しては、そのたびに作業を遮るそのような人物を、西陣の職人は「ゴキントウに、よー気張りますなぁ」、なんて皮肉をいいながら出迎えていたそうである。

 「ゴキントウ」は「御金当」と書く。「その場で受け渡しをする金」を意味する「当金(とうきん)」の倒語で、西陣ことばで「ゴキントウサン」といえば、「再々来る人」のことをさしている。この意味に準じ「ゴキントサンニ」というと、「律儀に」とか、「丁寧に」といった意味に変化する。例えば、進物のお返しをいただいたときなどの丁寧な使い方として、「お返しくれはって、ゴキントサンニ、ほんまおーきに」といった風に用いられる。

 西陣の職人ことばには、面白いものがたくさんある。例えば、衣類のことは「キルイ」、晴れ着のことを「イッチョーラ」という。真偽は定かでないが、「一張羅」ということばの語源は、西陣で織っていた「羅(ら)」の織物に由来するとか。また、仕事の内容を表す呼称も多様で、織物を織る職人さんのことは「オリヤ」や「ソラヒキヤ(高機(たかはた)という織機を使う職人の場合)」という。賃金の低い織り職人は「ヒボヒキオリテ」、若い女性などの織子さんは「オヘコ」と呼ばれていた。この「オヘコ」は、織りが下手という蔑称としても使われていたようだ。

 西陣だけでなく、京都の職人ことばは面白く、染めの友禅、陶磁器の京焼など、地域ごとに数多くのことばがある。機会を改めて、他の職人ことばにも触れてみたい。


西陣の町家。玄関前の土間「中坪」にあたる所で見上げる。


   

京都の暮らしことば / 池仁太   


池仁太(いけ・じんた)
土曜日「京都の暮らしことば」担当。1967年福島県生まれ。ファッション誌編集者、新聞記者を経てフリーに。雑誌『サライ』『エスクァイア』などに執筆。現在は京都在住。民俗的な暮らしや継承技術の取材に力を入れている。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。