東京の「クリスプ・サラダワークス」など専門店が増えていること、またコンビニのセブン-イレブンでも扱いが始まったことから、新顔の域を脱しつつある「チョップドサラダ」。野菜好きならおさえておきたいメニューだ。

 チョップドサラダの「チョップド(chopped)」とは、この場合「小さく(一口サイズに)切ること」を意味する。野菜やフルーツなどを同じサイズにカットすることで、スプーンでライスやシリアルのように食べるカジュアルさが生まれた。これまでのサラダの概念とはだいぶ異なる食感が楽しく、特に砕いたナッツを加えると、これだけで「食事した」という満足感が得られる。また、具材が小さいことはドレッシングがよく絡むということでもあり、テイストもよいのである。

 もともとはニューヨークで人気に火がついたスタイル。近年、現地のセレブの食事の嗜好も、健康面だけでなく味にこだわりだした模様。いままで食の後進国扱いされきてたアメリカから、グルメな話題がとみに増えた気がする。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る