村田沙耶香(むらた・さやか)の芥川賞受賞作『コンビニ人間』。近年は芥川賞が必ずしも売れ行きに直結しないが、本作は累計発行部数が50万部に至る堂々のベストセラーだ。もとより売れ行きは上々だったが、11月以降、さらに人気が加速した。そのブースター的役割を果たしたのが、トークバラエティ番組『アメトーーク!』(テレビ朝日系)である。11月10日に放送された「読書芸人」という企画の第三弾で、お笑い芸人たちがオススメの本を愛情を持って紹介したのだ。

 その影響力はすごい。番組中で取り上げられた平野啓一郎『マネチの終わりに』、尾崎世界観『祐介』、木下古栗(きのした・ふるくり)『グローバライズ』などが軒並み売れた。しかも、実際に読んでみるとたしかにおもしろかったとの評価が多いようだ。自身も作家であるピースの又吉直樹のみならず、出演者たちみんなの目利きぶりがうかがえる。

 これまでの放送がもたらした効果から、本のプロたる書店員たちも「読書芸人」に注目している。紹介された本は平積み(目立つように表紙を上にして重ねる)され、お墨付きのように芸人の名前が手書きポップにおどっている。番組では「本」だけでなく「書店の中を歩く楽しみ」も伝え、その意味でも不振にあえぐ出版業界にはありがたい存在である。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。