アマゾンジャパンは、2016年12月5日、小型端末のボタンを押すだけで日用品を注文できる「アマゾンダッシュボタン」の販売を始めた。

 ダッシュボタンは横長(横6センチ×縦3センチ)の楕円形。右側にボタン、左側に商品のブランドロゴマークが印刷されている。

 例えば、冷蔵庫に貼り付けておき、ミネラルウォーターの備蓄がなくなれば、ボタンを押すだけで注文できる。実に簡単、これまでになかったサービスである。

 サービスの対象はアマゾンの有料会員「プライム会員」のみ。ダッシュボタンはアマゾンのサイトを通じて注文できる。ダッシュボタンの価格は500円だが、初回注文の商品代金から500円が差し引かれるので、実質タダ、というわけだ。気になる商品のラインナップは、12月5日の発表時点で40ブランド超。アマゾンのサイトに掲載されている。

 利用するにはスマホに加えて、自宅にWi-Fiネット環境が必要。ダッシュボタンを購入し、Wi-Fiにつなぐとともに、スマホに専用アプリをダウンロード。アプリで、欲しい商品の注文内容を設定する。注文の確認、変更、キャンセルはアプリを通じて行なうことができる。

 アマゾンジャパンによると、ダッシュボタンは、すでに米国、オーストリア、ベルギー、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、イギリスなどで販売されている。一足早く2015年に販売が開始された米国では、注文数が、前年比で5倍以上に伸びているという。

 ミネラルウォーターや洗剤、トイレットペーパー、コーヒーなど買い置きが切れそうになると、ボタン一つで商品が届くのは、とても便利。実店舗に足を運ぶ回数が減るなど、消費行動が大きく変わりそう。まさに流通革命だ。もっとも、普及すると「街中が配達のトラックばかりになりそう」との懸念も。
   

   

マンデー政経塾 / 板津久作   


板津久作(いたづ・きゅうさく)
月曜日「マンデー政経塾」担当。政治ジャーナリスト。永田町取材歴は20年。ただいま、糖質制限ダイエットに挑戦中。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る