京都タワーは、玄関口であるJR京都駅の正面にそびえ、市内を一望できる展望タワーである。建物には観光客を対象としたホテル、飲食店、土産物店などが雑居しており、新京極のように賑やかに、いろいろな土産物が所狭しと並んでいる。しかも地下には大浴場があり、旅の終わりに一風呂浴びてから帰ることができる。

 初めて見たとき、白と朱色の二色使いで、すぅと無駄のない円筒型の姿は、「和蝋燭(わろうそく)のイメージでつくられた」と教えられ、古都らしく感じたものである。実際、この説を信じている人が多いのだが、建築家の本当の意図は後から知った。設計は国重要文化財の萬代橋(ばんだいばし、新潟市)、そして日本武道館(千代田区)などを手がけ、モダン建築で知られる山田守。彼はタワー周辺の瓦屋根を波に見立て、灯台が町へ光を注ぐイメージで設計したという。確かに、灯台のようにも見える。

 郵便局舎の跡地を利用し、タワーが建造されたのは1963(昭和38)年のことだ。131メートルという高さは、建築当時の京都市の人口が131万人だったからという理由である。世界2位の東京スカイツリー(墨田区)が634メートルもある現代では、高層建築というに憚られるが、京都の高さ基準は、日本一高い木造建築の東寺五重塔の55メートルなのである。長い間この高さを「高層」の基準としてきたので、京都タワーからの眺望は、開放感があって楽しいものだ。

 建築時には、高さや美観に関する反対意見が相当すごかったそうで、京都タワーの記念誌によれば、反対派に「卑俗な観光塔」と呼ばれていたという。しかし、建造から半世紀を過ぎたいま、評判はすこぶるよい。これも歴史遺産的な地位を獲得したといえ、ランドマークとしても不可欠なものになっている。京都は大文字山(東)、愛宕山(西)、京都タワー(南)、比叡山(北)を見分けられれば、道迷いしてもGPSなしでも問題はない。

 

   

京都の暮らしことば / 池仁太   


池仁太(いけ・じんた)
土曜日「京都の暮らしことば」担当。1967年福島県生まれ。ファッション誌編集者、新聞記者を経てフリーに。雑誌『サライ』『エスクァイア』などに執筆。現在は京都在住。民俗的な暮らしや継承技術の取材に力を入れている。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。