素人目にも気になるダンスのムーブメントは、彼女が牽引しているといっていいだろう。振付師のMIKIKOこそ、現在のエンタメを語る上で欠かせない存在だ。海外での評価が高いメタルアイドルユニット・BABYMETAL(ベビーメタル)やリオデジャネイロオリンピック閉会式におけるダンスパフォーマンス、そしてドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』から一世を風靡した「恋ダンス」。これらはすべてひとりの振付師の仕事だ。

 MIKIKOの名を高らしめたのは、まずはPerfumeである。じつはPerfumeが人気アーティストになる前から振付を担当していた(それどころか、メンバーのアクターズスクール広島時代からの縁という)。これは象徴的でもある。Perfumeがバーチャルな世界に入り込んだかのようなライブパフォーマンスでブレイクを果たした過程と、MIKIKOの活躍がシンクロしている。最近のショー演出は、映像とダンスが融合した表現がトレンド。まさに現在のMIKIKOの得意なフィールドなのだ。今後、ますます活躍が期待されるところだろう。

 またMIKIKOは、2010年からダンサー兼振付師のTomomi Yoshimuraとともにダンスカンパニー・ELEVENPLAY(イレブンプレイ)を主宰している。星野源の『恋』のミュージックビデオで、キレキレに踊っている女性たちがそのメンバーである。
   

   

旬wordウォッチ / 結城靖高   


結城靖高(ゆうき・やすたか)
火曜・木曜「旬Wordウォッチ」担当。STUDIO BEANS代表。出版社勤務を経て独立。新語・流行語の紹介からトリビアネタまで幅広い執筆活動を行う。雑誌・書籍の編集もフィールドの一つ。クイズ・パズルプランナーとしては、様々なプロジェクトに企画段階から参加。テレビ番組やソーシャルゲームにも作品を提供している。『書けそうで書けない小学校の漢字』(永岡書店)など著書・編著多数。
ジャパンナレッジとは?
辞書・事典を中心にした知識源から「知りたいこと」にいち早く到達するためのデータベースです。日本語や歴史を深く掘り下げて知識を得られる辞典から、英語だけにとどまらない各外国語辞書や東洋文庫などの叢書まで、あらゆる項目の一括検索が可能です。