最近、寿司のネタだけを食してシャリ(=酢飯の部分)を残すケースが、とくに回転寿司店で激増しており、しかも食べ残されたシャリのみが山積みされた奇妙な光景をわざわざSNSなどに投稿する輩も実在し、その賛否がネット上で話題になっている。

 おもな理由は、やはりダイエット。「だったら、スーパーで刺身を買って食えばいいだろ」「握りじゃなくて、つまみ(お造り)で注文すればいいだろ」……と、おもわずツッコミを入れたくなるが、「いろんな種類の“お刺身(=ネタ)”をちょっとずつ食べたい」「回転寿司特有のワクワク感と割安感を味わいたい」……など、シャリスルー側にもそれなりの言いぶんはあるようだ。

 一度、筆者も某回転寿司屋で、偶然となりに座ったギャル2人組が、鬼デコネイルされた手で器用にネタをめくりながら、一枚の皿にシャリをお城の石垣のごとく重ね上げているさまを目の当たりにしたことがあるのだけれど、単純に汚くて、コッチの食欲までもが減退してしまった。

 「ちゃんとお金払ってるんだから、なにしようと勝手でしょ!」って理屈はわからなくもないし、この種のヒトたちに今さら「食べ物を粗末にするのはやめましょう」だとか「お寿司を握ってくれている職人さんに失礼でしょ」なんて説教をたれる気もない。が、外観の醜悪さという意味で「シャリ食べ残し」は、禁煙店での喫煙と同じくらい「他のお客さまに迷惑」な行為に該当すると思うのだが、いかがだろう?

 あと、関西人の筆者としては「お店から出された料理」や「バイキングで自分の皿に盛った料理」を食べ残したら負け……といった、謎のポリシーもあったりする。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る