アメリカで大ブームとなった玩具で、日本でもじわじわとブームが巻き起こっているという。

 手のひらに収まる大きさで、中央が丸く、そこから放射線状に3枚ないし2枚の突起があって、中央部を指で挟み、突起部を弾くと滑らかに勢いよく回転する仕組みとなっている。

 『日本ハンドスピナークラブ』の言によると、遊び方は「勢いよく回して、どのハンドスピナーが一番長く回転するかを競い合う」「ハンドスピナーを一度回しては止め、回しては止め……の作業を繰り返し、無意識状態へと到る」の2つがスタンダードらしいが、指や膝の上に乗せたり、回したまま右手から左手へと移動させたり……と、器用な遊び方をする子どもも多いと聞く。

 さっそく筆者も購入して試してみたが、勢いよく弾けば下手すりゃ5分以上も回転し続け、それをずーっと眺めていると頭がボーッとしてきて、徐々にさまざまな思考・雑念が一時停止していくのが自覚できる。個人的主観であえて言うなら「パチンコ」と効果は似ているのかもしれないけれど、唯一決定的に違うのは、パチンコの場合、台を“回して”大当たりを引けなければ「ヤバイ…」とストレスが、より増していく点にある。

 あと、「禁煙にも良い」との噂もあるが、たしかに煙草一本を我慢してハンドスピナーを弾けば、一日5本くらいは喫煙量が減った……ような気もする。しかし、コレだけで完全禁煙を目指すのは、さすがに虫が良すぎ……なのではなかろうか。
   

   

ゴメスの日曜俗語館 / 山田ゴメス   


山田ゴメス(やまだ・ごめす)
日曜日「ゴメスの日曜俗語館」を担当。大阪府生まれ。エロからファッション、学年誌、音楽&美術評論、漫画原作まで、記名・無記名を問わず幅広く精通するマルチライター。『現代用語の基礎知識』2005年版では「おとなの現代用語」項目、2007年版では「生活スタイル事典」項目一部を担当。現在「日刊SPA!」「All About」の連載やバラエティ番組『解決!ナイナイアンサー」(日本テレビ)の相談員で活躍。著書に『「若い人と話が合わない」と思ったら読む本』(日本実業出版社)など。趣味は草野球と阪神タイガース。
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る