1.見出し語

1-1 見出し語の配列

見出し語の配列は,人名・地名・略語・記号なども含めて,すべてドイツ語の Abc 順に従っている.

1-1-1  ドイツ語特有の文字は ä, ö, ü, ß は,それぞれ a, o, u, ss の次とし,例えば,fal・lenfäl・len, Mas・seMa・ße の順になっている.

☆ ただし,検索結果の一覧ではこの順にならない場合もある.

1-1-2  同じつづりの語では,かしら文字の小文字のものを前とし,例えば,armArm の順になっている.
かしら文字も同じ語は,肩番号1 2で区分してある:
1-1-3  コンマで並べられた見出し語は,正書法の揺れなどによる,同義のものである:

丸括弧( )で添えられた見出し語は,比較的希形とされているもので,検索上の支障がない限り,Abc 順が多少破られていることがある:

見出し語の中で括弧 [ ] で囲んだ部分は,それが欠けた形もありうることを示し,例えば,Hel・le•gat[t] の場合は,Hellegat, Hellegatt の両形がある.
1-1-4  大番号 I II III による「中見出し」は,品詞転用などによるもので,検索上の支障がない限り,上記の配列規準が多少破られていることがある:
Abend [áːbənt]1 I [男性名詞] -s/-e ... II abend [副詞]...
fol・gen [f〓ən]1 I [自動詞]... II fol・gend [現在分詞] [形容詞]...
[別見出し] を添えられたものは,Abc 順による別の個所に,独立の見出し語として配置されている:

☆ クリックするとその見出し語に遷移する.
矢印→で検索すべき「親見出し」を示すこともある:

Al・te → alt II ―― alt IIに「中見出し」がある.

1-2  見出し語の語形

見出し語の語形は,主として Duden の正書法辞典によっている.

1-2-1  形容詞変化の名詞(形容詞・分詞の名詞的用法)は,弱変化単数1格の形で掲げた:→ 4-2-2
1-2-2  数詞・代名詞は,形容詞の場合に準じて,なるべく格語尾を省いた形で掲げた:

acht1 [axt] I ((基数))... II ((序数))...

1-2-3  外国語による慣用句の類は,2語以上からなるものも,そのままの形で見出し語とした:
1-2-4  部分省略符「..」を前または後に添えた見出し語は,それぞれ後つづり・前つづりの類を示す:

☆ この種のものは,便宜上すべて小文字を用いた.

1-2-5  大きな分綴点 を入れた複合語は,その前半が共通の複合語が続くことを示している:

1-2-6  見出し語に用いたハイフン - は,正書法上で認められるものである:

Ich-Laut

1-2-7  見出し語の頭の印は,古語・古形または希語・希形・希用であることを表す:

1-3  見出し語の分綴できる個所

見出し語の分綴できる個所は,分綴点・で示した.
大きな分綴点 は,語構成上の区切りと一致する個所であるが,ふつう1個所だけにとどめた:

1-3-1  正字法上のハイフン(→1-2-6),複合動詞の分離線(→ 5-1-2 )も,本来は大きな分綴点に相当する.
1-3-2  語形変化に伴う分綴個所の変動がありうる.
ジャパンナレッジとは

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。
日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。

ジャパンナレッジ Personal についてもっと詳しく見る

百科
日本語
歴史
英語
ヨーロッパ言語
東アジア言語
用語・情報
人名・文化・宗教
科学
記事・コラム
叢書
JKBooks