日本大百科全書(ニッポニカ)

無錫
むしゃく/ウーシー

中国、江蘇(こうそ)省の南部、太湖(たいこ)北岸にある地級市。5市轄区を管轄し、江陰(こういん)、宜興(ぎこう)の2県級市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口480万9000(2015)。市は、滬寧(こねい)城際鉄道(上海(シャンハイ)―南京(ナンキン))と大運河に沿い、ここから錫澄(しゃくちょう)道路と錫澄運河が分岐する。前漢代に無錫県が置かれ、新の時代に有錫県と改められたが、後漢(ごかん)代に無錫県に復し、以後歴代これに倣った。1949年に市が分離設置された。
 無錫の名は、かつて錫(すず)を産していたが、漢代には取り尽くしたことにちなむという。大運河の開通後は、水路が縦横無尽に走る太湖平原の農産物の集散地として発達し、さらに明(みん)代より綿紡績、製糸などの手工業も盛んとなった。清(しん)代には米の集散地として長沙(ちょうさ)、九江(きゅうこう)、蕪湖(ぶこ)とともに中国の四大米市の一つに数えられ、また江南地方随一の生糸の取引地となった。清末から民族資本により近代的な綿紡績工業が急速に発展し、中華人民共和国成立後は綿織物、絹織物、毛織物などの繊維工業をはじめ、機械、電子、時計、冶金などの工業が発達し、省第二の工業都市となった。2015年時点で、1人当りの域内総生産(GDP)は省内2位である。
 また太湖地区の内陸水運の中心でもある。網の目のように発達したクリークのうち、直河が城内を貫流し、これに沿って商業地区が展開し、工業地帯は城外の北西部に延びている。1992年無錫ハイテク産業開発区を設置して早くから外資の誘致を推進。日本からもソニーやシャープ、東芝といった電機メーカーのほか、住友商事などが進出している。2004年には同区内に蘇南碩放(そなんせきほう)国際空港が開港した。
 頭渚(げんとうしょ)公園、蠡園(れいえん)、錫恵(しゃくけい)公園、梅園などの名所・旧跡がある。
[林 和生・編集部]

世界遺産の登録

2014年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「中国大運河」の構成資産として、無錫運河が世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。
[編集部]