日本大百科全書(ニッポニカ)

さお秤
さおばかり

「てこ」と「おもり」によって質量を計るはかりの総称。漢字表記は「竿秤」。狭い意味では目盛りざおが1本の秤をいい、上皿(うわざら)さお秤を含む。このうち、日本で古くから使われてきた棒状のさお秤を棒秤とよぶ。天秤(てんびん)に対する分類名称であるが、秤が多様化した今日では主として棒秤をさすようになった。棒状といってもさおの断面は円形に限らず、長方形断面のものもある。
 ヨーロッパでは、棒秤はローマ時代に発明されたため、いまでもローマ秤という。中国でさお秤が出現した時期は周の時代と推定される。中国および日本では、古くはさおに金属を使わず、木、角(つの)、骨などを用いた。江戸幕府はこの棒秤の製作、修理、販売および取締りを江戸と京都の秤座(はかりざ)に独占的に扱わせた。
[小泉袈裟勝]