日本大百科全書(ニッポニカ)

三浦朱門
みうらしゅもん
[1926―2017]

作家。東京に生まれる。東京大学文学部言語学科を卒業後、日本大学講師となる。中国古代に材をとった『冥府(めいふ)山水図』(1955)によって認められる。以後『礁湖』(1957)、大学内部のあり方を描いた『セルロイドの塔』(1960)や『神話』(1966)などで地歩を固め、新しい家庭のあり方をイメージした『箱庭』(1967)によって新潮文学賞を受賞。また大学紛争への批判をも込めて描いた『教えの庭』(1969)、『竹馬の友』(1969)などを刊行。ほかに『道の半ばに』(1969)、『鴉(からす)』(1971)、戦後知識人のあり方を描いた『武蔵野(むさしの)インディアン』(1982)、『望郷』(1987)、『ささやかな不仕合わせ』(1987)など。1985年(昭和60)から翌年まで文化庁長官を務め、1987年芸術院恩賜賞受賞。同年芸術院会員。1999年(平成11)文化功労者。夫人は作家の曽野綾子(そのあやこ)。
[金子昌夫]