日本大百科全書(ニッポニカ)

川原慶賀
かわはらけいが
[1786―?]

幕末の長崎の洋風画家。通称登与助(とよすけ)、字(あざな)は種美(しゅび)、号は慶賀、聴月楼(ちょうげつろう)主人といい、のち田口氏を称した。町家出身で、石崎融思(ゆうし)に絵を学び、出島のオランダ商館に出入りを許される絵師となった。1823年(文政6)ドイツ人医師シーボルトが来朝すると、多量の動植物、風景、風俗の写生を依頼された。それらは今日オランダのライデン国立民族博物館に所蔵され、なかにはシーボルト著『ニッポン』の挿絵となったものもある。28年のシーボルト事件に連座し、のち作品が国禁に触れ長崎から追放されたこともある。60年(万延1)75歳までは生存していたが、没年はさだかでない。
[成瀬不二雄]