日本大百科全書(ニッポニカ)

ほうき

ちりやごみを掃く道具。箒は種類が多く、素材もシュロ、ホウキギ、シダ、モウソウチク、鳥の羽などがあるが、使用場所によって座敷箒、自在箒、外箒、小箒(手箒)に分けられる。座敷箒にはホウキグサをとじた草箒と、シュロ皮を用いた棕櫚(しゅろ)箒とがあり、腰が強くて畳に適している草箒は、「東京箒」ともいって関東地方で好まれている。また棕櫚箒は、当たりが柔らかく、細かいほこりまで吸い取るため化学床にも適し、おもに関西方面で多く使用されている。首が左右へ自由に曲がる自在箒は、きめの細かい階段や家具のすきま掃除などに適し、外箒には玄関やたたきを掃くため、短柄(たんえ)のシダ箒がおもに使われる。また落ち葉をかき集めたりする庭掃き用には竹箒や熊手(くまで)が使われ、ホウキグサを用いた小箒は一名「荒神(こうじん)箒」とよばれているが、これはソファーやカーテンなどのほこり取りや、狭い場所の掃除などに向いている。
[阿部絢子]
『古事記』に「箒持(ははきもち)」ということばがみえるように、古くは「ははき」といった。正倉院には、養蚕儀礼用ではあるが、「子日目利箒(ねのひのめのとぎぼうき)」という奈良時代の箒が残っている。これはキク科のコウヤボウキの茎を束ねて根元を革紐(ひも)で結んだもので、ガラスの小玉の飾りがついており、柄はついていない。また、民俗的な伝承が多く、妊婦の腹を箒でなでたり、産室にこれを立てておくと安産になるといった出産に関する信仰が古くからある。これは古くは産室にカニをはわせる習慣があり、そのために箒を使ったことからきており、カニの脱殻作用を霊肉の更新と結び付けた古代人の信仰によるものといわれる。このほか長居の客を帰すのに箒を逆さに立てるとか、箒をまたぐと罰があたるなどというのもある。また箒とともに塵取(ちりとり)も古くからある。板製、紙製などがあるが、形がほとんど変化していない点は箒と共通している。
[小泉和子]