日本大百科全書(ニッポニカ)

本願寺
ほんがんじ

浄土真宗本願寺派(通称西本願寺)本山、真宗大谷(おおたに)派(通称東本願寺)本山。
[清水 乞]

歴史

1262年(弘長2)親鸞(しんらん)は弟尋有(じんゆう)の善法坊にて死去、東山の西麓(せいろく)にあった延仁寺において荼毘(だび)に付され、東山大谷の地に葬られた。1272年(文永9)門弟の総意によって親鸞の娘覚信尼(かくしんに)が、再嫁した小野宮(おののみや)禅念の私有地吉水の北に改葬し、ここに六角形の草堂を建てて木彫の影像を安置した。これが大谷本廟(ほんびょう)(現在の知恩院山門の北、崇泰院の裏庭あたり)で、本願寺の起源である。のちに大谷本廟は1603年(慶長8)知恩院拡張のため東山五條(ごじょう)坂に移される。覚信尼は禅念の死後、1277年(建治3)廟堂の土地を寄進し門弟の共有とし、その管理役(留守職(るすしき))となった。留守職は長子覚恵(かくえ)に譲られたが、覚恵の異父弟唯善(ゆいぜん)と争いを生じる。1309年(延慶2)青蓮院(しょうれんいん)の決裁によって唯善は敗れ、翌年覚恵の長子覚如(かくにょ)が第3代留守職となる。唯善は廟堂を破壊して関東に逃れたが、廟堂は1311年(応長1)復興された。翌12年(正和1)廟堂に「専修寺」の額を掲げるが、叡山(えいざん)の反対により撤去される(この額は高田専修寺に移る)。
 本願寺の名称は、その後まもなく用いられたようで、1321年(元亨1)の文書にその名がみえ、1333年(元弘3・正慶2)には本願寺と久遠寺(くおんじ)が護良(もりよし、あるいは、もりなが)親王の祈願所とされている。1336年(延元1・建武3)廟堂は足利尊氏(あしかがたかうじ)の兵火により焼失、38年、古い堂舎を移築する。ここに廟堂は六角堂から一般の寺院建築となり、形式上も寺院となる(一説に移築を唯善による破壊のときとする)。1357年(正平12・延文2)第4世門主善如(ぜんにょ)のとき、後光厳(ごこうごん)天皇の勅願寺となるが、第8世門主蓮如(れんにょ)までの本願寺は漸興期にあったといわれる。
 1465年(寛正6)蓮如の時代、本願寺の活況は叡山の反感を買い、堂舎が破壊され、ここに東山大谷の本願寺は終わる。
 蓮如は近江(おうみ)国(滋賀県)三井寺(みいでら)の南別所近松に小堂を建てて御真影を安置したが、応仁(おうにん)の乱により北陸に移る。越前(えちぜん)国(福井県)吉崎(よしざき)を中心に活躍したが専修寺門徒により焼かれ、小浜(おばま)―河内(かわち)出口と転じ、1478年(文明10)京都山科(やましな)に本願寺の再興を企てる。寺地は山科西宗寺の浄乗(じょうじょう)が寄進し、堺(さかい)より信証院を移築し、5年後に完成した。1532年(天文1)本願寺の勢力を危惧(きぐ)した細川晴元(はるもと)は六角定頼(さだより)と組み、日蓮宗徒を抱き込み、堂宇を焼く。このとき、大坂にいた第10世証如(しょうにょ)は1533年大坂御坊を本願寺とする。これが石山本願寺である。証如の子顕如は織田信長と戦い(石山合戦)、1580年(天正8)顕如は紀州(和歌山県)鷺ノ森(さぎのもり)に退いたが、1591年(天正19)豊臣(とよとみ)秀吉の援助により京都六条堀川に移る。しかし第12代相続にあたり1602年(慶長7)顕如の長男教如は徳川家康より京都烏丸(からすま)に寺地を与えられて本願寺を別立し、ここに西本願寺と東本願寺に分裂した。
[清水 乞]

西本願寺

京都市下京(しもぎょう)区堀川通花屋町下ル。浄土真宗本願寺派本山。龍谷(りゅうこく)山と号する。覚信尼の開基。1272年開創。正しくは本願寺と称し、東本願寺に対して西本願寺、「お西」と通称する。第11世門主顕如は豊臣秀吉の援助によって1591年六条堀川に本願寺を移築し、翌年には阿弥陀(あみだ)堂をはじめ諸堂が建造される。この年顕如が没し、秀吉は長男の教如に第12世門主を継ぐことを勧めたが、石山合戦のとき、父と対立した教如は弟の准如(じゅんにょ)にその職を譲り隠居する。1602年准如が正式に第12世門主を継ぎ、西本願寺は再出発する。1617年(元和3)浴室から出火、御影堂、阿弥陀堂など諸堂宇を焼失。1630年より秀吉の聚楽第(じゅらくだい)から飛雲閣(国宝)が移築され、伏見(ふしみ)城から書院、唐門(からもん)(ともに国宝)、能舞台(国重要文化財)が移転されたという。また1636年(寛永13)には御影堂が再建、1760年(宝暦10)には阿弥陀堂が再建され、伽藍(がらん)は整備された。他方、1639年一信徒の寄進によって学寮がつくられ宗学の中心となる。この学寮はのちに学林とよばれ、学頭職、能化(のうけ)職が置かれた。1797年(寛政9)第6代能化の功存(こうそん)、第7代能化の智洞(ちとう)らが異安心(いあんじん)を唱え、宗学が混乱したため能化職は廃止され、1824年(文政7)勧学職を置くことになった。
 明治時代には率先して学術研究に力を注ぎ、第22世鏡如(きょうにょ)(大谷光瑞(こうずい))は1902年(明治35)より1914年(大正3)にかけて西域(せいいき)探検隊を組織して現地調査を行った。また宗内の教育体制の確立も早く、1875年学林を廃止して、大・中・小教校を設置、1900年には大学以下2種の学校を置いた。現在宗立の学校は大学9校(短大、中・高校併設を含む)に及ぶ。西本願寺は火災にあうことが少なく、国宝、国重要文化財指定のものが多い。また寺宝として親鸞聖人像、『三十六人家集』(以上、国宝)、『慕帰絵詞(ぼきえことば)』『伏見(ふしみ)天皇宸翰(しんかん)御歌集』(以上、国重文)など名宝が多い。1994年(平成6)、本願寺(西本願寺)は世界遺産の文化遺産として登録された(世界文化遺産。京都の文化財は清水寺など17社寺・城が一括登録されている)。
[清水 乞]

東本願寺

京都市下京区烏丸通七条上ル。真宗大谷派本山。正しくは本願寺という。西本願寺に対して東本願寺、あるいは大谷本願寺、「お東」と通称する。教如の開基。1272年開創。顕如の長男教如は1602年徳川家康より与えられた現在の地に大師堂(古くは祖師堂という。本願寺派の御影堂)をはじめ伽藍を建立。大師堂の完成は1604年で、ここに上州厩橋(うまやばし)妙安寺より親鸞自刻と伝えられる木彫親鸞像が安置された。教如は1614年死亡し、宣如が後を継ぐが、生涯を裏方として終わった。1619年の「本願寺内敷地御寄附状」に現在地寄付のことが記されているので、宣如の代に東本願寺に幕府から公認されたことになる。1639年家康は渉成園(しょうせいえん)(枳殻(きこく)邸)の土地を寄進。1652年(承応1)より58年(万治1)にかけて大師堂の改築、65年九州観世音寺(かんぜおんじ)の講堂を渉成園に移し学寮とした。67年第15世常如は本堂の改築を行っているが、その後、天明(てんめい)(1781~89)、文政(ぶんせい)(1818~30)、安政(あんせい)(1854~60)とたび重なる火災により堂宇を焼失し、現在の本堂と大師堂は1895年(明治28)の再建。そのほか勅使門、宮御殿、書院などの建築物も明治時代のものである。西本願寺と同様、宗学の顕揚に努め、学寮に講師職を置き(1715)、明治時代には梵(ぼん)文書の翻訳などに力を注ぎ、仏教学研究に先駆的役割を果たした。1875年(明治8)大・中・小教校を設けて宗門子弟の教育を行った。これが現在の大谷大学など宗立学校の前身である。寺宝に親鸞自筆『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』(国宝)、親鸞聖人画像(安城御影)、本願寺聖人伝絵(ともに国重文)などがある。
[清水 乞]