日本大百科全書(ニッポニカ)

中村芝翫
なかむらしかん

歌舞伎(かぶき)俳優。
[服部幸雄]

初世

3世中村歌右衛門(うたえもん)の俳名ならびに芸名。
[服部幸雄]

2世

4世歌右衛門の前名。
[服部幸雄]

3世

(1810―1847)2世中村東蔵(とうぞう)の子。屋号加賀屋。3世歌右衛門の養子となり、1836年(天保7)1月、2世中村鶴助(つるすけ)から3世芝翫を襲名した。和実(わじつ)を得意とした立役(たちやく)で、所作(しょさ)にも優れていた。
[服部幸雄]

4世

(1830―1899)大坂生まれ。屋号成駒(なりこま)屋。4世歌右衛門の養子となって江戸に下り、1860年(万延1)7月、4世芝翫を襲名した。以後、守田座の座頭(ざがしら)となり、9世市川団十郎、5世尾上(おのえ)菊五郎の先輩俳優として活躍したが、古風で大まかな芸風だったため歌舞伎近代化の波にのれず、晩年は二流劇場に出演することが多かった。時代物を得意として、立役、実悪(じつあく)、女方(おんながた)を兼ね、所作事にも優れていた。
[服部幸雄]

5世

5世歌右衛門の前名。
[服部幸雄]

6世

6世歌右衛門の前名。
[服部幸雄]

7世

(1928―2011)5世中村福助の長男。4世児太郎(こたろう)、7世福助を経て、1967年(昭和42)4月7世芝翫を継いだ。古風な容姿と、時代物の格調の高い演技に定評がある。1989年(平成1)紫綬褒章(しじゅほうしょう)受章、日本芸術院会員となり、1996年重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受ける。2006年文化功労者。長男が9世中村福助(1960― )、次男が3世中村橋之助(1965― )である。
[服部幸雄]