日本大百科全書(ニッポニカ)

国立精神・神経医療研究センター
こくりつせいしんしんけいいりょうけんきゅうせんたー

精神・神経疾患などの医療に関する研究等を行う、厚生労働省所管の国立研究開発法人(独立行政法人)。英語名はNational Center of Neurology and Psychiatry、略称はNCNP。「高度専門医療に関する研究等を行う国立研究開発法人に関する法律」(平成20年法律第93号)に基づく、医療に関する六つのナショナルセンター(国立高度専門医療研究センター)の一つである。国立武蔵(むさし)療養所、同神経センター、国立精神衛生研究所が1986年(昭和61)10月に統合して国立精神・神経センターとなり、2010年(平成22)4月、独立行政法人に移行するとともに国立精神・神経医療研究センターと改称。さらに2015年4月、国立研究開発法人に移行した。所在地は東京都小平(こだいら)市小川東町4-1-1。
 NCNPの基本理念は「精神疾患、神経疾患、筋疾患、および発達障害の克服を目ざした研究開発を行い、その成果をもとに高度先駆的医療を提供するとともに、全国への普及を図る」としている。その組織は、六つの研究機関と病院で構成されている。(1)神経研究所では、精神・神経疾患、筋疾患、発達障害などの難病を対象とする。(2)精神保健研究所では、精神医学、心理学、保健学などの多様な側面から精神衛生に関する諸問題の臨床研究、基盤研究を行う。2016年公布・施行の改正自殺対策基本法に基づいて開設された自殺総合対策推進センターや、自然災害の健康被害にかかわる災害時こころの情報支援センターなどを下部組織にもつ。(3)トランスレーショナル・メディカルセンターでは、研究で得られた成果を病院において臨床に応用するための体制の整備を行う。(4)認知行動療法センターでは、不安障害や抑うつ系疾患の治療に用いられる認知療法・認知行動療法の研究を行う。(5)脳病態統合イメージングセンターでは、精神疾患と神経疾患の統合的臨床研究を行う。(6)メディカル・ゲノムセンターでは、「遺伝子・ゲノム情報」と「バイオリソース」を臨床情報と結び付けて保存・活用し、新しい診断法、治療法、予防法を開発し、それを臨床応用する。一方、病院においては、病気の原因解明や高度の専門医療を行うとともに、NCNPの特徴である研究成果の医療への応用に努めている。
[編集部]