日本大百科全書(ニッポニカ)

洛陽
らくよう/ルオヤン

中国、河南(かなん)省北西部の地級市。山(こうざん)山脈の北(ほくぼう)山や熊耳(ゆうじ)山脈に囲まれ、黄河(こうが)の支流洛河(南洛河)の河谷盆地にある。市街行政区は老城(ろうじょう)、西工(せいこう)などの6市轄区に分かれ、ほかに孟津(もうしん)、新安(しんあん)など8県を管轄下に置き、偃師(えんし)市の管轄代行を行う(2016年時点)。人口696万2000(2014)。
 1948年、洛陽県の市街部に市制が敷かれ、洛陽市が成立。市街は、東部の金(きん)代以来の旧市街地である「老城」と、中華人民共和国成立後に発展した西部の新市街部からなる。70余万平方メートルの広さをもつ中国有数の洛陽(東方紅)トラクター工場をはじめ、軸受、鉱山機械、ガラス、綿紡織などの近代工業が発達している。市外の農村部では小麦、トウモロコシ、大豆、ワタを産出する。とくにワタは揚子江(ようすこう)デルタや江漢平原に次いで高い単位当りの生産高を誇っている。洛陽東駅では隴海(ろうかい)線と焦柳線(焦作(しょうさく)―柳州(りゅうしゅう))が交差するほか、市内を鄭西旅客専用線(鄭州(ていしゅう)―西安(せいあん))が通り、省内の各都市と城際(都市間)鉄道で結ばれるなど、河南省西部の交通の拠点ともなっている。
 北京(ペキン)、西安、開封(かいほう)などとともに中国六大古都の一つで、市内には竜門石窟(せっくつ)や中国仏教の発祥地と伝えられる白馬寺、三国時代の英傑関羽(かんう)の墓のある関林、各時代の故城などの古跡が数多く残っている。
[駒井正一][編集部]

歴史

中国古代史の主要な舞台となった中原(ちゅうげん)と関中平原とを結ぶ交通の要衝に位置し、西周時代の洛邑(らくゆう)以来、政治や文化の一中心として栄えた。洛陽の地は、南は洛河に臨み、北は山を控えた小平野で、山の北には黄河本流が西から東へ流れている。
 初めてここを国都としたのは東周で、その後、後漢(ごかん)、魏(ぎ)、西晋(せいしん)もここに都を定めた。北魏もまた大同(だいどう)から都をこの地に移し、さらに隋(ずい)・唐時代には西都長安に対する東都として繁栄した。このあと、五代十国の後唐(こうとう)や後の中華民国も一時洛陽を都としたので、九朝の都とよばれている。
 東周洛陽城は、現市街地西方の一角に位置し、漢魏洛陽城は東郊に、それぞれ遺跡を残している。57年、倭(わ)の奴国(なこく)王は後漢に使者を送り、光武帝から印綬(いんじゅ)を賜ったという記録が『後漢書(ごかんじょ)』に記載されているが、倭の使者が皇帝に謁見したのはこの漢魏洛陽城であり、古代日中交流史にとって重要な遺跡である。
 北魏は493年に都を洛陽に移したが、この北魏洛陽城は前代の都城を四周に広げ、東西約9キロメートル、南北約7キロメートルの規模とした。ここには11万人が住み、仏寺は1367を数えたと記録されているが、北魏末には兵火に焼かれ壊滅した。隋・唐時代には、ふたたび漢魏洛陽城の西方の地に大規模な都城を建設し、江南や華北の物資がここに集積され、大いに栄えた。先年発掘された含嘉倉(がんかそう)は、唐の地下穀倉群であり、400余基に上る巨大な穴倉(あなぐら)が発見されている。
 洛陽は、中国古代文化の中心地でもあり、漢代には史家の班固(はんこ)、紙の発明者蔡倫(さいりん)、名医華佗(かだ)などが活躍し、唐代には李白(りはく)、杜甫(とほ)、白居易(白楽天)がここで多くの名詩を残した。洛陽には、中国最古の仏寺といわれる白馬寺や、南郊には北魏に始まる竜門石窟があり、仏教の一中心地でもあった。後唐以後、洛陽は一地方都市として衰微の一途をたどったが、中華人民共和国の建国によって再生し、近代都市として発展しつつある。
[田辺昭三]

世界遺産の登録

竜門石窟が2000年に世界遺産の文化遺産(世界文化遺産)に登録されたほか、2014年には後漢北魏洛陽城、隋唐洛陽城定鼎門(ていていもん)が「シルクロード:長安―天山(てんざん)回廊の交易路網」の構成資産として、また含嘉倉遺跡、回洛倉(かいらくそう)遺跡が「中国大運河」の構成資産として、世界文化遺産に登録されている。
[編集部]