日本大百科全書(ニッポニカ)

NaSSA
なっさ

抗うつ薬の一種で、ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬noradrenergic and specific serotonergic antidepressantの略称。ミルタザピンがこれに該当する。
 うつ病では脳内のノルアドレナリンやセロトニンなどのモノアミン性神経伝達物質の活性が低下しているとされる。そのため、これらの脳内での濃度を高め、抑うつ気分(落ち込み)や不安などのうつ症状を軽減させる目的で開発されたSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬)とともに、抗うつ薬としてうつ病の治療に用いられている。その作用機序はSSRIやSNRIとは異なり、ノルアドレナリンの放出を抑えるように働くα(アルファ)2受容体や、セロトニン放出を抑えるように働く5-HT2受容体、5-HT3受容体を阻害することによってノルアドレナリンやセロトニンの放出を促進し、抗うつ作用を発揮する。
 セロトニン5-HT2受容体を阻害することで性機能障害が、5-HT3受容体を阻害することで胃腸障害が出現するのを抑えられるが、眠気や体重増加といった副作用に注意する必要がある。
[編集部]