日本大百科全書(ニッポニカ)

早期がん
そうきがん

局所に限局し、治療によって高い確率で治癒が期待できるがん。早期がんの範囲は臓器によりそれぞれ異なるが、たとえば胃がんの場合、粘膜および粘膜下層にとどまるがんをさし、この場合の5年生存率は90%を超える。リンパ節やその他の部位への転移があっても早期がんに分類されるがんもある。一方、早期がんの範囲を超えて広がったがんは、進行がんとよぶ。
[渡邊清高]