日本大百科全書(ニッポニカ)

実体振り子[百科マルチメディア]
左図は重心Gと回転軸Oとの距離h を示し、右図はh と相当単振り子の長さl との関係式h 2l hk 02=0を表すグラフである。異なるh の値、すなわちh 1(≦k 0)とh 2(≧k 0)に対して、同じl (≦2k 0)の値をとる。なおk 0は回転半径とよばれる量である

関連項目

実体振り子