1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 歴史文化
  8. >
  9. 昔の暮らし
  10. >
  11. 商番屋
日本国語大辞典

あきない‐ばんや[あきなひ:]【商番屋】

解説・用例

〔名〕

江戸時代、江戸市中で、町内の夜番その他の雑務に従う番人(番太、番太郎という)の住んだ番小屋。ぞうり、はな紙、ろうそく、駄菓子、焼き芋などを内職に売った。

*市中取締類集‐天保一三年〔1842〕正月南町奉行同心上申書「近来、町々商ひ番屋に而、娘子供義琴を調へ、又は三味線等絃居候向き有之」


ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
商番屋の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 29
検索コンテンツ
1. あきない‐ばんや[あきなひ:]【商番屋】
日本国語大辞典
〔名〕江戸時代、江戸市中で、町内の夜番その他の雑務に従う番人(番太、番太郎という)の住んだ番小屋。ぞうり、はな紙、ろうそく、駄菓子、焼き芋などを内職に売った。* ...
2. あきないばんや【商番屋】
国史大辞典
江戸時代における都市各町内の自警施設である木戸番屋の俗称。木戸のかたわらに設けられた番小屋のうちには、駄菓子・銭緡(ぜにさし)・草鞋(わらじ)・焼芋などを売っ ...
3. 商番屋(あきないばんや)
古事類苑
政治部 洋巻 第3巻 1372ページ ...
4. 商番屋
古事類苑
政治部 洋巻 第3巻 1368ページ ...
5. あかさかしんまちごちようめ【赤坂新町五丁目】東京都:港区/旧赤坂区地区地図
日本歴史地名大系
前に〓屋が多くいたからという。商番屋がある。赤坂田町五丁目大下水へ落ちる下水に架かる板橋は駒止橋という。古く橋際で馬が進まずいなな ...
6. あかさかしんまちさんちようめ【赤坂新町三丁目】東京都:港区/旧赤坂区地区地図
日本歴史地名大系
総坪数二千六六七坪余。家数一二七、うち家守一四・地借四九・店借五四・明店一〇。自身番屋は二丁目と寄合、商番屋がある。上納地の常浚屋敷(地守清兵衛)は両側町屋片側 ...
7. あかさかひとつぎちよう【赤坂一ッ木町】東京都:港区/旧赤坂区地区地図
日本歴史地名大系
文政一〇年(一八二七)の家数一一〇、うち家持一八・家主一八・地借一八・店借五六。自身番屋は町内西側、商番屋は浄土寺横町北側にある。上納地が二ヵ所あり、一所は三一 ...
8. あさくさみよしちよう【浅草三好町】東京都:台東区/旧浅草区地区地図
日本歴史地名大系
すべて武家方拝領町屋敷。文政八年(一八二五)の家数六三。当町入口の御蔵土手側には間口三間・奥行二間の商番屋二ヵ所があった。同番屋は当町名主利右衛門が地所拝借を願 ...
9. あざぶさかしたちよう【麻布坂下町】東京都:港区/旧麻布区地区地図
日本歴史地名大系
ち他住居一五)・地借一九・店借一四四(数値は史料どおり)。自身番屋は家並沽券地のうちにあり、商番屋もある。下水は町内の北にあり幅一間余、石橋が架かり長さ九尺・幅 ...
10. いせざきちよう【伊勢崎町】東京都:江東区/旧深川区地区地図
日本歴史地名大系
うち家守一一・地借一七・店借一三〇。河岸地は仙台堀に沿って二ヵ所置かれており、町内東端付近には海辺橋の橋台商番屋が宝暦五年(一七五五)から置かれている。明治二年 ...
11. いちがやたまちいつちようめ【市谷田町一丁目】東京都:新宿区/旧牛込区地区地図
日本歴史地名大系
明暦二年(一六五六)に、上二丁目との境にあった床番屋は寛延三年(一七五〇)に、左内坂通堀端の商番屋は元禄一五年(一七〇二)に設置を許可されている。町の中央部から ...
12. いちがやたまちさんちようめ【市谷田町三丁目】東京都:新宿区/旧牛込区地区地図
日本歴史地名大系
つては箱番屋(九尺四方)が設けられていた。しかし風雨の際番人が雨露をしのげないとして、新規に商番屋を設置することを願い、文化一三年(一八一六)に町奉行所から許可 ...
13. いちがやたまちよんちようめ【市谷田町四丁目】東京都:新宿区/旧牛込区地区地図
日本歴史地名大系
銀七二〇匁を納めていた。町中央部の床番屋(二間九尺)は文化三年(一八〇六)の修復、同五年には商番屋(九尺四方)を町の中ほどから東方に移動。当町は里俗に牛小屋とも ...
14. きど【木戸】画像
国史大辞典
番屋で駄菓子・ろうそく・わらじなどを並べて小商いをすることが認められており、このため、木戸番屋を俗に商番屋とも称した。番屋には規格があり、梁間六尺・桁行九尺・軒 ...
15. こいしかわかなすぎすいどうちよう【小石川金杉水道町】東京都:文京区/旧小石川区地区地図
日本歴史地名大系
、町は南北に長さ延べ八五間、東西幅は五二間余(ただし往来道幅は除く)。間口三間半・奥行二間の商番屋が一軒あり、文化一〇年(一八一三)には高さ三丈の火の見櫓が建て ...
16. こいしかわでんづういんまえおもてまち【小石川伝通院前表町】東京都:文京区/旧小石川区地区地図
日本歴史地名大系
両側町・片側町入交じりがあり、安永三年小間附町鑑では小間数は田舎間で一二八間余。間口五間・奥行二間半の商番屋一軒、間口二間半・奥行二間の床番屋二軒があり、床番屋 ...
17. こいしかわはくさんまえまち【小石川白山前町】東京都:文京区/旧小石川区地区地図
日本歴史地名大系
んでいる場所を除いた東寄りの地の間数で、西寄りの地の間数は不同である。また二間と二間余の地に商番屋があり、この地は割余りの無年貢地である(御府内備考)。安永三年 ...
18. こまごめせんだぎはやしちよう【駒込千駄木林町】東京都:文京区/旧本郷区地区地図
日本歴史地名大系
供給した。御林を伐り尽したので、延享三年(一七四六)開拓して寛永寺寺中の東漸院持・寒松院持とし、商番屋等を取立て、百姓の宅地を設け御林跡と称した(沿革図書)。起 ...
19. しばみなみしんもんぜんいつちようめだいち【芝南新門前一丁目代地】東京都:港区/旧麻布区地区地図
日本歴史地名大系
て毎月一貫二〇〇文ずつ、両町から増上寺へ差出す。町方支配年次不明。火除地は明地になっている。商番屋は新堀川を隔て西角に文化六年設置。北岸部分は東西表・裏幅とも田 ...
20. 増訂 武江年表 2 223ページ
東洋文庫
新井梅照院焼亡(薬師如来安置の出 なり)。O同二十五日、本所林町火事。○下旬より 市中道路に在る所の木戸商番屋自身番屋と唱へし、 坊間の遙所も取払はせらる(御堀 ...
21. 番太郎
世界大百科事典
木戸番は番小屋に住み込み,そこで草履,わらじ,ほうき,鼻紙,ろうそく,駄菓子などを売っていたため,商番屋(あきないばんや)とも呼ばれた。この副業はわりに収入があ ...
22. ほんじよおのえちよう【本所尾上町】東京都:墨田区/旧本所区地区地図
日本歴史地名大系
拝領町屋は御納戸方御呉服師橋本甚太郎をはじめ御材木蔵手代六名・御釜師大西五郎左衛門らの五ヵ所。中ほどに商番屋があった。竪川通の物揚場(長さ三間余)は元禄九年まで ...
23. ほんじよとくえもんちよういつちようめ【本所徳右衛門町一丁目】東京都:墨田区/旧本所区地区地図
日本歴史地名大系
文化二年(一八〇五)もとの橋杭のある橋に架替えられた。橋台などの造作は当町が負担し、橋際に橋番屋・商番屋が置かれた(御府内備考)。文政七年(一八二四)の江戸買物 ...
24. ほんじよはちろべえやしき【本所八郎兵衛屋敷】東京都:墨田区/旧本所区地区地図
日本歴史地名大系
鑑)。町内間数は南北の表間口一〇間、裏幅五間余、東西の裏行は東方一三間余・西方一六間。北角に商番屋があった。南方深川八幡旅所門前(現江東区)との境にあった川のう ...
25. ほんじよはやしちようさんちようめ【本所林町三丁目】東京都:墨田区/旧本所区地区地図
日本歴史地名大系
領町屋敷三ヵ所があった。竪川通河岸地は間口七〇間余・河岸行八間で上納金を負担した。河岸地には商番屋・自身番屋・床番屋が置かれていた。名主役は元禄元年の移転以来元 ...
26. ほんじよまついちようにちようめ【本所松井町二丁目】東京都:墨田区/旧本所区地区地図
日本歴史地名大系
橋際に自身番屋・床番屋が置かれた。なお六間堀の同橋南方に架かる山城橋際には文化一四年(一八一七)に商番屋が置かれた(御府内備考)。文政七年(一八二四)の江戸買物 ...
27. ほんじよまつぐろやしき【本所松黒屋敷】東京都:墨田区/旧本所区地区地図
日本歴史地名大系
南北は二〇間。竪川通河岸地は間口七六間・河岸行八間、拝領地先にあるので上納金はない。河岸地内にある商番屋・自身番屋は元禄六年の拝領時に設置され、文政一一年(一八 ...
28. ほんじよまつざかちようにちようめ【本所松坂町二丁目】東京都:墨田区/旧本所区地区地図
日本歴史地名大系
芝亀塚町代地四六一坪余、芝田町五丁目代地一四六坪余は宝永元年に代地を与えられて移転してきた。商番屋一ヵ所があった(御府内備考)。なお安永三年小間附町鑑では氷川社 ...
29. みなみほんじよもとまち【南本所元町】東京都:墨田区/旧本所区地区地図
日本歴史地名大系
架かる。町内床並に自身番屋、一之橋際に橋番屋・床番屋、町内東方角・回向院門前・北方高札場際に商番屋があった(御府内備考)。文政一一年(一八二八)の家数一九二(文 ...
「商番屋」の情報だけではなく、「商番屋」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

商番屋と同じ昔の暮らしカテゴリの記事
沙汰(日本国語大辞典)
焼いた薩摩芋。《季・冬》*評判記・秘伝書〔1655頃〕下ほんの事「やきぐり、やきいもは、いきくさくなる也」*俳諧・骨書〔1787〕上「朝の月狩の竹鑓手束弓〈青蘿〉 来かかるものが焼芋を喰ふ〈樗良〉」
商番屋(日本国語大辞典)
焼いた薩摩芋。《季・冬》*評判記・秘伝書〔1655頃〕下ほんの事「やきぐり、やきいもは、いきくさくなる也」*俳諧・骨書〔1787〕上「朝の月狩の竹鑓手束弓〈青蘿〉 来かかるものが焼芋を喰ふ〈樗良〉」
ちゃく‐なん【嫡男】(日本国語大辞典)
正妻の生んだ最初の男子。嫡出の長男。嫡子。*今昔物語集〔1120頃か〕二〇・三三「此の一の衣をば我が嫡男也汝に与ふ」*吾妻鏡‐治承四年〔1180〕八月一〇日「秀義以〓嫡男佐々木太郎定綱〓〈略〉申〓送武衛〓」
湯屋(日本大百科全書(ニッポニカ))
もと寺院には浴堂というものがあり、そのほかに大衆用の潔斎浴場として別に設けた建物があって、これを大湯屋と称した。沐浴には、湯気で身体を蒸す蒸し風呂形式と、温湯に身体を浸す行水形式があった。寺院では僧尼の潔斎のため、釜湯を別の湯槽に入れて行水することも早くから行われたが
長屋(日本大百科全書(ニッポニカ))
一棟の建物を数戸の家にくぎった形式で、長家とも書く。中世の町家に多くみられるが、規格化されたのは戦国時代、山城の麓に建てられた根小屋に始まる。雑兵の休泊所で、一単位の間口九尺(約2.7メートル)、奥行二間(約3.6メートル)という最小の居住空間の連続である。
昔の暮らしと同じカテゴリの記事をもっと見る


「商番屋」は日本の歴史に関連のある記事です。
その他の日本の歴史に関連する記事
元禄文化(日本大百科全書(ニッポニカ))
元禄(1688~1704)前後の上方中心の町人文化。広義には、17世紀後半から18世紀前半の長い時代文化を含むので、町人文化だけにはとどまらない。しかし幕藩制社会の確立の時代にあたるため、小市民社会の形成と封建的武家支配との間に緊張関係があって、封建的な武家文化との対抗のなかで
寛永文化(国史大辞典)
後水尾・明正天皇の寛永年間(一六二四―四四)を中心とした近世初頭の文化をさし、桃山文化の残映と元禄文化への過渡的役割を果たした。ふつう元和偃武ののち、明暦―寛文のころまでを含めて考えられる。江戸幕府の封建的体制の強化される時にあたって、京都の宮廷と上層町衆を中心として
化政文化(日本大百科全書(ニッポニカ))
文化・文政(1804~1830)ころの江戸中心の町人文化。大江戸文化ともいう。しかし広義には、18世紀後半から19世紀前半の長い時代文化のことをさすので、その様式も広範囲にわたり、その内容も複雑多岐になる。その中心は小市民的な合理主義や美的情緒であるが、幕藩制社会の弛緩の時代に
竪穴住居(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
地面を円形や方形に数十センチメートル掘りくぼめて、垂直に近い壁や平らな土間の床をつくり、その上に屋根を架した半地下式の住居である。おもに考古学的調査で発見され、日本では旧石器時代から中世まで使われた主要な住居様式の一つである。一般的には、一辺あるいは径が数メートルで
貝塚(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
貝類の繁殖に適した海岸・湖岸近くに居住した人々が、食料として貝を多量に捕食し、食したあとの貝殻を、他の不用品とともに一定の場所に投棄したため、貝殻が層をなして堆積して今日まで残存したものを一般に貝塚と呼んでいる。縄文時代の貝塚を発掘すると貝層中から埋葬人骨
日本の歴史に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る