1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 古事記
  10. >
  11. 本居宣長
日本大百科全書(ニッポニカ)
本居宣長
もとおりのりなが
[1730―1801]

江戸時代中期の国学者、神道(しんとう)学者。鈴迺屋(すずのや)と号する。享保(きょうほう)15年5月7日に生まれる。伊勢(いせ)国松坂の木綿問屋小津定利(おづさだとし)(1695―1740)の二男。母はお勝(1705―1768)、幼名は富之助。父の死後、1748年(寛延1)19歳で同国山田の紙商今井田家の養子となったが、21歳で不縁となって実家に出戻り、翌1751年(宝暦1)兄の死によって小津家の家督を相続した。若くから和歌を習い四書五経を読み、商売には不向きであったうえ家運も傾いたので、翌23歳の暮れ、医師となるため京都に遊学した。そのころ姓を本居に改めている。
 宣長はまず朱子学者堀景山塾に入って儒書を読み、堀元厚(ほりげんこう)(1686―1754)について李朱(りしゅ)医学の基本図書を学び、元厚の死後李朱医学の大家武川幸順(たけかわこうじゅん)(1725―1780)のもとで臨床医術を修めて、1755年26歳で医師の免許を得、名を宣長、医師名を春庵と号して診療にも従った。
 宣長は当時京都に興隆してきた医学の新風古医方(こいほう)にひかれ、古医方の大家香川修庵(かがわしゅうあん)(1683―1755。後藤艮山(ごとうこんざん)、伊藤仁斎(いとうじんさい)の門人)に私淑して、1756年には李朱医学を非難して古医方に従った医学論を友人への書簡のなかで述べている。古医方というのは、陰陽五行説によって病因と治療の方を考える形而上(けいじじょう)学的な李朱医学に反対して、親試実験によって病症と薬剤、鍼灸(しんきゅう)の間に経験的法則をみいだそうとする実証的な医学であった。しかも宣長はそのころ荘子に傾倒して、〔1〕今後は「私有自楽」の境地に「人情の解放」を求めて和歌文学に耽(ふけ)る旨を宣言し、同時に〔2〕人事自然の現象に「然(し)かあらしめる原因」を探し求める因果論的思考を排して「自然の神道」を唱えている。
 1757年28歳のとき京都遊学から故郷松坂に帰って古医方をとる町医者となったが、その前後に国文研究の最初の論稿『排蘆小船(あしわけおぶね)』を著し、1758年には「安波礼(あはれ)弁」をつくり、『源氏物語』の講義を始め、1763年には『紫文(しぶん)要領』『石上私淑言(いそのかみのささめごと)』(宣長の国文研究の主著)を著した。これらの書物のなかで宣長は、すべての物・事は「神のみしわざ」である、その「物・事の心」と「その心を知っておこす感動」が「もののあはれ」を生み出す、「もののあはれ」を知ることが文学の創作と鑑賞の根拠であると説いている。
 宣長は、1763年に松坂に立ち寄った賀茂真淵(かもまぶち)に対面してその門に入り、国文学の研究から神話・神道の研究に移っていった。早くも翌1764年には『古事記』の講義を始めて、1778年(安永7)には神代巻上巻の注釈を終わり、その間1771年(明和8)に神道論『直毘霊(なおびのみたま)』の初稿(『直霊(なおび)』)を著した。
 宣長は『古事記』神代巻の伝の述作にあたっても、神代では神は人であり、神と神わざは人々が見聞触知しえた経験的事実であると考え、『古事記』の神話を実証的に研究した。また宣長は『古事記』研究と同じ方法で1782年(天明2)には『真暦考』『天文図説』を著し、1777~1779年に書かれた『鈴屋(すずのや)答問録』のなかで「神道医学」の草分けともなる医学論を語っている。宣長は、神々の行為も自然の現象も、罹病(りびょう)・治癒も、すべての現象の「然(しか)る所以(ゆえん)」は神慮にある、しかし神慮を問うことは不遜(ふそん)である、すべては「神のみしわざ」で人智(じんち)の及ばぬ「あやしき」ものである、と説いた(荻生徂徠(おぎゅうそらい)の影響)。しかしすべての理を否定するわけではない、理には見聞触知しうる「事にあらわなる(howの理)」と「事にあらわならぬ(whyの理)」があり、陰陽五行の理などは後者で「こちたき漢心(からごころ)」の所産である、と厳しく排撃した(真淵の影響)。宣長はこうした経験的実証主義と神信仰を結合した神秘的不可知論をとって市川匡麻呂(いちかわたずまろ)(鶴鳴)、藤貞幹(とうていかん)(藤井貞幹(ふじいさだもと))、上田秋成(うえだあきなり)と論争して『葛花(くずばな)』(1780成立)『鉗狂人(けんきょうじん)』(1785成立)『呵刈葭(かかいか)』(1790ころ成立)を著し、論争の間に『玉鉾(たまほこ)百首』『玉くしげ』(ともに1787)を書いている。そのころ彼は医業に精励し、1783年(天明3)には自ら広告文を書いて薬を製造販売し、医業からの年収も生涯中もっとも多額となっている。宣長にとって、医業は単に生計を支える手段ではなく、彼の学問を特色づける経験的実証主義の思想的エネルギー源であった。
 1787年(58歳)、宣長は松坂を飛地(とびち)とする本藩(紀州藩)に針医格で召し出され、藩主徳川治貞(とくがわはるさだ)(1728―1789)に『秘本玉くしげ』を上呈して、神話・神道の研究では一君万民の皇国主義を説きながら、現実の政治体制は神のみしわざである、被治者はひたすら神のみしわざ、現実には治者の法度(はっと)に随順すべしと説いた。水戸藩の儒者会沢正志斎(あいざわせいしさい)は臣道あって君道なしと批判している。
 こうした国文、神話、神道の研究の間に宣長は『詞(ことば)の玉緒(たまのお)』など国語学の研究成果を次々に発表している。国語学方面は実子春庭(はるにわ)、歌文学は養子大平(おおひら)、神道論は没後の門人平田篤胤(ひらたあつたね)に受け継がれ、後世に大きな影響を与えた。
 宣長は1793年(寛政5)64歳で随筆『玉勝間(たまかつま)』を起稿、1796年に『源氏物語玉の小櫛(おぐし)』、1798年には『古事記伝』44巻の執筆を終わって、翌1799年70歳で『古訓古事記』をつくり、初学者のために『初山踏(ういやまぶみ)』を書いた。また自分の過去を回想して『家のむかし物語』(1798成立)を著している。ついで1800年『遺言書』をしたため、翌享和(きょうわ)元年9月29日に72歳で病没した。遺骨は松阪市内の檀那(だんな)寺の樹敬寺墓地と、郊外の山室山に埋葬された。
[石田一良]


本居宣長と同じ古事記カテゴリの記事
古事記(日本大百科全書(ニッポニカ))
現存最古の歴史書。序文および上・中・下の3巻よりなる。[黛 弘道]書名神代から推古(すいこ)天皇に至るまでの古事を記録したところから『古事記』と命名されたのであろうが、これを「こじき」と読んだか、「ふることぶみ」と訓(よ)んだかについてはいまだ定説はない
本居宣長(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸時代中期の国学者、神道学者。鈴迺屋と号する。享保15年5月7日に生まれる。伊勢国松坂の木綿問屋小津定利(1695―1740)の二男。母はお勝(1705―1768)、幼名は富之助。父の死後、1748年(寛延1)19歳で同国山田の紙商今井田家の養子となったが、21歳で不縁となって実家に出戻り、翌1751年(宝暦1)
天照大神(改訂新版・世界大百科事典)
記紀神話に登場する太陽神的性格の女神。天照大御神,大日孁貴,天照大日孁尊などとも呼ばれる。皇室祖神として伊勢神宮にまつられている。記紀では,その誕生譚,素戔嗚尊との誓約生み,天の岩屋戸,国譲り神話などの諸神話に登場する。〈皇祖神〉アマテラス《古事記》によればこの神は
太安麻呂(改訂新版・世界大百科事典)
奈良初期の官人。《古事記》の編纂者。姓は朝臣。安万侶とも記す。壬申の乱に天武天皇側で活躍した武将多品治の子という伝えもある。《続日本紀》によれば,704年(慶雲1)従五位下,711年(和銅4)正五位上,715年(霊亀1)従四位下に叙せられ,翌年氏長となった。没したときには民部卿であった。
国譲り神話(改訂新版・世界大百科事典)
大国主神が葦原中国を天照大神に献上した次第を語る神話。諸々の異伝があるが,《古事記》によると,葦原中津国平定のために高天原からは,はじめに天菩比神(天穂日命)が遣わされるが,オオクニヌシと親しみ3年たっても復命しない。次に天若日子(天稚彦)が遣わされるが,オオクニヌシの娘下照比売と結婚して


「本居宣長」は古事記に関連のある記事です。
その他の古事記に関連する記事
国譲り神話(改訂新版・世界大百科事典)
大国主神が葦原中国を天照大神に献上した次第を語る神話。諸々の異伝があるが,《古事記》によると,葦原中津国平定のために高天原からは,はじめに天菩比神(天穂日命)が遣わされるが,オオクニヌシと親しみ3年たっても復命しない。次に天若日子(天稚彦)が遣わされるが,オオクニヌシの娘下照比売と結婚して
太安麻呂(改訂新版・世界大百科事典)
奈良初期の官人。《古事記》の編纂者。姓は朝臣。安万侶とも記す。壬申の乱に天武天皇側で活躍した武将多品治の子という伝えもある。《続日本紀》によれば,704年(慶雲1)従五位下,711年(和銅4)正五位上,715年(霊亀1)従四位下に叙せられ,翌年氏長となった。没したときには民部卿であった。
天照大神(改訂新版・世界大百科事典)
記紀神話に登場する太陽神的性格の女神。天照大御神,大日孁貴,天照大日孁尊などとも呼ばれる。皇室祖神として伊勢神宮にまつられている。記紀では,その誕生譚,素戔嗚尊との誓約生み,天の岩屋戸,国譲り神話などの諸神話に登場する。〈皇祖神〉アマテラス《古事記》によればこの神は
本居宣長(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸時代中期の国学者、神道学者。鈴迺屋と号する。享保15年5月7日に生まれる。伊勢国松坂の木綿問屋小津定利(1695―1740)の二男。母はお勝(1705―1768)、幼名は富之助。父の死後、1748年(寛延1)19歳で同国山田の紙商今井田家の養子となったが、21歳で不縁となって実家に出戻り、翌1751年(宝暦1)
ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る
本居宣長の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1438
検索コンテンツ
1. 本居宣長(国学者、神道学者)画像
日本大百科全書
江戸時代中期の国学者、神道(しんとう)学者。鈴迺屋(すずのや)と号する。享保(きょうほう)15年5月7日に生まれる。伊勢(いせ)国松坂の木綿問屋小津定利(おづさ ...
2. 本居宣長(小林秀雄の評伝)
日本大百科全書
古代のことばを求めている点で、歴史と人間と言語の一致の追求でもあったといえる。なお、その後に刊行された『本居宣長補記』(1982・新潮社)は宣長の「真暦考」など ...
3. 本居宣長
世界大百科事典
1730-1801(享保15-享和1) 江戸中期の国学者。伊勢国松坂に生まれる。旧姓は小津氏,のち先祖の姓に復し本居を称する。幼名を富之助というが,何度か改名し ...
4. もとおり‐のりなが【本居宣長】
デジタル大辞泉
〓[1730〜1801]江戸中期の国学者。国学の四大人の一人。伊勢の人。号、舜庵(春庵)・鈴屋(すずのや)。京都に出て医学を ...
5. もとおり‐のりなが【本居宣長】
日本国語大辞典
江戸中期の国学者、語学者。伊勢国(三重県)松坂の人。通称、彌四郎。号は鈴屋(すずのや)。京に出て、堀景山に漢学を学び、堀元厚について医学を修業したが、契沖の書に ...
6. もとおりのりなが【本居宣長】
全文全訳古語辞典
[人名]⇒もとをりのりなが(本居宣長)  ...
7. もとおりのりなが【本居宣長】画像
国史大辞典
分割して継承された。『(増補)本居宣長全集』全十巻(『(増補)本居全集』一―一〇、吉川弘文館)、『本居宣長全集』全二十巻別巻三(筑摩書房)がある。なお、宣長の稿 ...
8. もとおり-のりなが【本居宣長】
日本人名大辞典
1730−1801 江戸時代中期-後期の国学者。享保(きょうほう)15年5月7日生まれ。伊勢(いせ)(三重県)松坂の木綿商小津定利の子。本居は先祖の姓。母勝のす ...
9. 本居宣長[文献目録]
日本人物文献目録
』三上於兎吉『本居宣長』-『本居宣長』小田切秀雄『本居宣長』栢原昌三『本居宣長』黄葉子『本居宣長 1‐11(継続中)』小林秀雄『本居宣長』子安宣邦『本居宣長』デ ...
10. もとをりのりなが【本居宣長】
全文全訳古語辞典
[人名]江戸後期の国学者。一七三〇年(享保十五)~一八〇一年(享和元)。伊勢松坂(=三重県松阪市)の人。初め、京都に出て、儒学・医学を学んだが、契沖の書物を読ん ...
11. Motoori Norinaga 【本居宣長】
Encyclopedia of Japan
1730−1801 Classical scholar of the Edo period (1600−1868) who was largely respon ...
12. 本居宣長おを所屬之辨 (見出し語:本居宣長)
古事類苑
文學部 洋巻 第1巻 91ページ ...
13. 本居宣長和學 (見出し語:本居宣長)
古事類苑
文學部 洋巻 第2巻 665ページ ...
14. 本居宣長神道説 (見出し語:本居宣長)
古事類苑
神祇部 洋巻 第2巻 1442ページ ...
15. 近世随想集
日本古典文学全集
3年ごろ)、和学者・戸田茂睡(もすい)の江戸名所巡り『紫の一本(ひともと)』(1682年)、本居宣長の和歌論の処女作『排蘆小船(あしわけおぶね)』(1757年ご ...
16. もとおりのりながきゅうたく【本居宣長旧宅】三重県:松阪市/松坂城下/殿町
日本歴史地名大系
[現]松阪市殿町 もと魚町にあり、明治四二年(一九〇九)一〇月以降は鈴屋遺跡保存会によって松坂城跡隠居丸に移転され、現在に至っている。国指定特別史跡。宣長の生家 ...
17. 本居宣長旧宅(鈴屋)[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
江戸時代の国学者本居宣長(もとおりのりなが)が12歳から72歳で没するまで起居した家。2階の書斎を、床の間に鈴をかけてその音色を楽しんだところから「鈴屋(すずの ...
18. 本居宣長蔵書印[図版]画像
国史大辞典
鈴屋之印 須受能屋蔵書 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
19. 本居宣長の母[文献目録]
日本人物文献目録
【書誌】:0件 【図書】:1件 【逐次刊行物】:1件 『本居宣長の母』上田万年『本居宣長の母』佐佐木信綱 ...
20. あいなめのまつり【相嘗祭】
国史大辞典
ある)の意であろうとする説(『倭訓栞』)もあるが、一般には天皇と相伴に新饗し奉る故の名とする本居宣長の説(『玉勝間』)がよしとされている。しかしそれも後世的説明 ...
21. あお‐うま[あを:]【青馬・白馬】
日本国語大辞典
(2)一〇世紀中頃より漢字文献において「青馬」から「白馬」へと文字表記が統一される理由については、本居宣長、伴信友は馬自体が白馬に換えられたからであるというが、 ...
22. あおやぎ-たねのぶ【青柳種信】
日本人名大辞典
江戸時代後期の国学者。明和3年2月20日生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。加藤千蔭(ちかげ),本居宣長(もとおり-のりなが)らにまなぶ。文化9年伊能忠敬(ただた ...
23. あおやまとうげ【青山峠】三重県:名賀郡/青山町/伊勢地村
日本歴史地名大系
伊勢側には伊勢茶屋があり、伊賀茶屋の向い側に青山大師とよばれる霊場がある。明和九年(一七七二)吉野旅行をした本居宣長は「菅笠日記」に「かいとをはなれて、阿保の山 ...
24. あからめ さす
日本国語大辞典
(「さす」は、語源、語義未詳。本居宣長は「為(す)」というのに同じで、「目をさす」は「物を見やること也」という。また、「映(さ)す」と当てる説もある)にわかに、 ...
25. 県居派
日本大百科全書
万葉調の作歌が県居派の特色である。和歌では後世、古今主義の桂園(けいえん)派と相対して、二大潮流をなした。本居宣長(もとおりのりなが)、揖取魚彦(かとりなひこ) ...
26. あがたい‐は[あがたゐ:]【県居派】
日本国語大辞典
〔名〕(県居は賀茂真淵の号)賀茂真淵門下の歌人や国学者。田安宗武、楫取魚彦(かとりなひこ)、加藤千蔭、村田春海、本居宣長、加藤宇万伎(うまき)、荒木田久老(ひさ ...
27. あがたいは【県居派】
国史大辞典
ここにとどまり、この歌風が江戸を中心に大いにふるった。これを江戸派と呼ぶが、真淵とは別の歌風を興した本居宣長の鈴屋派とともに、真淵晩年の「ますらをぶり」を基調と ...
28. 秋田(市)画像
日本大百科全書
。同じく国史跡として平田篤胤(あつたね)墓がある。平田篤胤は江戸時代末期を代表する国学者で、本居宣長(もとおりのりなが)の古道説を継承し、復古神道の鼓吹に尽力し ...
29. あきつしま【秋津洲】奈良県:御所市
日本歴史地名大系
という地名説話を載せる。同書雄略天皇四年八月二〇日条にも、蜻蛉に付会した説話がみえる。これについて、本居宣長の「国号考」は次のように述べている。秋津嶋は、古事記 ...
30. あ‐ぎょう[:ギャウ]【あ行】
日本国語大辞典
通じて五十音図は一般にあ行を「あ・い・う・え・を」のように書いたが、江戸時代に入り、富士谷成章、本居宣長らによって「お」「を」の位置が正された。ア ...
31. あこうむら【赤桶村】三重県:飯南郡/飯高町
日本歴史地名大系
寛永一八年(一六四一)検地帳(徳川林政史蔵)に「赤桶村」と記されている。寛政六年(一七九四)和歌山に向かう本居宣長は「紀見のめぐみ」で「閼伽桶といふ里の名を聞て ...
32. あざ‐な【字】
日本国語大辞典
も、皆正しく定まれる名としもなくて、よびならへるをいへり」(1)本居宣長の「随筆・玉勝間‐二」に「古へより、正しき名の外によぶ名を、字(アザナ)といへること多し ...
33. 『排蘆小船』
日本史年表
1757年〈宝暦7 丁丑〉 この頃 本居宣長 『排蘆小船』 成るか。  ...
34. 排蘆小船
世界大百科事典
本居宣長の歌論書。成立年は不詳だが,宣長の京都遊学時代(22~26歳)に成ったかとされる。歌論の処女作である。問答体で和歌に関する諸問題を論じているが,歌の本質 ...
35. あしわけおぶね【排蘆小船】
国史大辞典
注目すべきものである。『日本歌学大系』七、『本居宣長全集』二に所収。→本居宣長(もとおりのりなが) [参考文献]大久保正『排蘆小船』解題(『本居宣長全集』二)、 ...
36. 排蘆小船(近世随想集) 255ページ
日本古典文学全集
浄瑠璃などにも見える。宣長は、「ことわりや」の歌同様、謡曲、浄瑠璃などを通して知っていたと思われるが、のち『本居宣長随筆』五に『古今著聞集』より抄出する。平安前 ...
37. 排蘆小船(近世随想集) 264ページ
日本古典文学全集
切紙、抄物などによって、師から弟子へ授受する。宣長は「伝受」と「伝授」の両様の表記を用いる。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「伝授の名目は東の野州に始まり、 ...
38. 排蘆小船(近世随想集) 268ページ
日本古典文学全集
伝授されて以来、御所伝授となる。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「是より代々天子の事となり、古今伝授、近代に至ては事々しき重典のやうになれり」。本居宣長記念 ...
39. 排蘆小船(近世随想集) 269ページ
日本古典文学全集
見はべると云と同じ。…みな人に対してさきを敬ふ詞也」。ただし、ここの用例は唐突。口述で伝え教えること。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「契沖師の説に、…古よ ...
40. 排蘆小船(近世随想集) 274ページ
日本古典文学全集
この説は堀景山のものであるが、ここでは自説のように述べており、距離が保たれていないことを注意すべきである。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「さて和歌の歌の字 ...
41. 排蘆小船(近世随想集) 293ページ
日本古典文学全集
→二四五ページ注一。ここは、一方に儒学を意識しているため、あえて倭歌、和歌の語を用いている。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「欲といへば悪き事のやうにのみ心 ...
42. 排蘆小船(近世随想集) 299ページ
日本古典文学全集
観れば、少陵(杜甫)の詩博く世故に渉れども、夫婦に出る者常に少くして、風人の義或は缺く」。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「さて人情の事を論ぜば、即ち礼記に ...
43. 排蘆小船(近世随想集) 301ページ
日本古典文学全集
しるよりいで、物の心をしるは、世の有さまをしり、人の情に通ずるよりいづる也」。世間。世の中。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「夫婦は人倫之始也ともの玉ひて、 ...
44. 排蘆小船(近世随想集) 302ページ
日本古典文学全集
自然と詞の美しきに随うて、意も深く 〔三五〕 〔三六〕  堀景山の所説で、宣長は多少批判的であった。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「和歌は我朝の大道也。す ...
45. 排蘆小船(近世随想集) 314ページ
日本古典文学全集
詩にはいつはらぬ心のまことをいひづればこそ、いみじき物にして孔子も六経の一つには備へ給へれ」。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「詩と云ものは恥かしきものにて ...
46. 排蘆小船(近世随想集) 318ページ
日本古典文学全集
この中に古今雅俗のけぢめはあれども、ことごとく歌にあらずといふことなし」。また佐佐木信綱著『増訂賀茂真淵と本居宣長』宣長伝補遺に紹介される堀景山、寛延二年七月稿 ...
47. 排蘆小船(近世随想集) 339ページ
日本古典文学全集
固なり。しかれども詩の用、もと作者の本意に在らずして、読む者の感ずるところいかんというに在り」。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「詩三百篇の内には、邪念より ...
48. 排蘆小船(近世随想集) 356ページ
日本古典文学全集
神代口訣に日無の義也といへり」。いったん衰えたことが、再び盛んになること。決して。さらさら。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「その上公家ならでは歌はよまれぬ ...
49. 排蘆小船(近世随想集) 358ページ
日本古典文学全集
後半は「伝授」。事実でないことを、本当のように作り立てること。判断力がある。見分ける力がある。『本居宣長随筆』二、景山先生不尽言曰「古今伝授の事、世上に流布せる ...
50. 排蘆小船(近世随想集) 366ページ
日本古典文学全集
同五日掾大伴宿祢池主の守家持に答ふる詩一首、題詞「山柿の歌泉は此に比ぶれば蔑きが如し」など。『本居宣長随筆』三「此方の上代に、道と云詞はただ道路の意ばかりにして ...
「本居宣長」の情報だけではなく、「本居宣長」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る