1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 群書類従
  10. >
  11. 屋代弘賢
日本大百科全書(ニッポニカ)
屋代弘賢
やしろひろかた
[1758―1841]

江戸後期の国学者。江戸・神田(かんだ)明神下の幕臣屋代佳房(よしふさ)の子。通称大郎(たろう)。号は輪池。塙保己一(はなわほきいち)の『群書類従』、柴野栗山(しばのりつざん)の『国鑑(くにかがみ)』の編集に協力したほか、幕命により『古今(ここん)要覧稿』を著し、また『寛政重修(かんせいちょうしゅう)諸家譜』などの編集にも従事した。該博な学識で知られる。ロシアへの幕府の返書を清書するなど、書家としても活躍した。天保(てんぽう)12年閏(うるう)正月18日没(嘉永(かえい)4年2月25日公儀に届出)。墓は東京都文京区白山(はくさん)の妙清寺に現存。多数の著作は、稿本のまま、国立国会図書館、静嘉堂(せいかどう)文庫、東洋文庫、国立公文書館、無窮会図書館などに伝わる。蔵書不忍(しのばず)文庫の多くは、死後、徳島藩阿波(あわ)国文庫に収められたが、1950年の火災により焼失した。
[梅谷文夫]


屋代弘賢と同じ群書類従カテゴリの記事
塙忠宝(国史大辞典)
一八〇七-六二。江戸時代末期の和学者。通称次郎、名は瑤、温故堂と号す。保己一の四男として文化四年(一八〇七)十二月八日江戸表六番町に生まれる。文政五年(一八二二)九月父のあとを継いで和学講談所御用掛となり、以後、不慮の死を遂げるまでの四十一年間にわたってその経営を統管し
塙保己一(国史大辞典)
一七四六-一八二一。江戸時代後期の国学者、平曲家。延享三年(一七四六)五月五日武蔵国児玉郡保木野村(埼玉県児玉郡児玉町)の農家荻野宇兵衛の長子として出生。荻野氏は参議小野篁七代の後孫武蔵守孝泰の末裔といい、母きよの生家は同国加美郡藤木戸村(同児玉郡上里町)名主斎藤氏。
屋代弘賢(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸後期の国学者。江戸・神田明神下の幕臣屋代佳房の子。通称大郎。号は輪池。塙保己一の『群書類従』、柴野栗山の『国鑑』の編集に協力したほか、幕命により『古今要覧稿』を著し、また『寛政重修諸家譜』などの編集にも従事した。該博な学識で知られる。ロシアへの幕府の返書を清書するなど


「屋代弘賢」は群書類従に関連のある記事です。
その他の群書類従に関連する記事
屋代弘賢(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸後期の国学者。江戸・神田明神下の幕臣屋代佳房の子。通称大郎。号は輪池。塙保己一の『群書類従』、柴野栗山の『国鑑』の編集に協力したほか、幕命により『古今要覧稿』を著し、また『寛政重修諸家譜』などの編集にも従事した。該博な学識で知られる。ロシアへの幕府の返書を清書するなど
塙保己一(国史大辞典)
一七四六-一八二一。江戸時代後期の国学者、平曲家。延享三年(一七四六)五月五日武蔵国児玉郡保木野村(埼玉県児玉郡児玉町)の農家荻野宇兵衛の長子として出生。荻野氏は参議小野篁七代の後孫武蔵守孝泰の末裔といい、母きよの生家は同国加美郡藤木戸村(同児玉郡上里町)名主斎藤氏。
塙忠宝(国史大辞典)
一八〇七-六二。江戸時代末期の和学者。通称次郎、名は瑤、温故堂と号す。保己一の四男として文化四年(一八〇七)十二月八日江戸表六番町に生まれる。文政五年(一八二二)九月父のあとを継いで和学講談所御用掛となり、以後、不慮の死を遂げるまでの四十一年間にわたってその経営を統管し
ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る
屋代弘賢の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 203
検索コンテンツ
1. 屋代弘賢画像
日本大百科全書
江戸後期の国学者。江戸・神田(かんだ)明神下の幕臣屋代佳房(よしふさ)の子。通称大郎(たろう)。号は輪池。塙保己一(はなわほきいち)の『群書類従』、柴野栗山(し ...
2. 屋代弘賢
世界大百科事典
1758-1841(宝暦8-天保12) 江戸中~後期の国学者。江戸の人。幕臣。通称太郎,号は輪池。幼年より書を学び幕府表右筆勘定格となる。考証・故実の学に精通し ...
3. やしろ‐ひろかた【屋代弘賢】
デジタル大辞泉
[1758〜1841]江戸後期の国学者。江戸の人。号、輪池。幕府の書役(かきやく)・右筆となり、塙保己一(はなわほきいち)を助けて「群書類従」編纂に参加。和漢の ...
4. やしろ‐ひろかた【屋代弘賢】
日本国語大辞典
江戸後期の国学者。江戸の人。通称太郎吉、のち大郎。号は輪池。幕府の書役となり柴野栗山に従い、のち右筆となる。和歌・故実の学にすぐれ、師の塙保己一を助けて「群書類 ...
5. やしろひろかた【屋代弘賢】画像
国史大辞典
[参考文献]清宮秀堅『古学小伝』、小杉榲邨「源弘賢翁の小伝」(『古今要覧稿』六所収)、森銑三「屋代弘賢」(『森銑三著作集』七所収) (山本 武夫)  ...
6. やしろ-ひろかた【屋代弘賢】
日本人名大辞典
1758−1841 江戸時代中期-後期の国学者。宝暦8年生まれ。幕臣。国学を塙保己一(はなわ-ほきいち),儒学を山本北山(ほくざん)にまなぶ。柴野栗山(しばの- ...
7. 屋代弘賢[文献目録]
日本人物文献目録
【逐次刊行物】:8件 『屋代弘賢』森銑三『弘采録から保己一と弘賢』丸山季夫『蔵書家の親交 新見正路と屋代弘賢』武田勝蔵『平田篤胤と屋代弘賢』河野省三『文学遺跡巡 ...
8. Yashiro Hirokata 【屋代弘賢】
Encyclopedia of Japan
1758−1841 Kokugaku (National Learning) scholar and calligrapher of the late Edo  ...
9. 屋代弘賢善書 (見出し語:屋代弘賢)
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 687ページ ...
10. 屋代弘賢藏書 (見出し語:屋代弘賢)
古事類苑
文學部 洋巻 第3巻 388ページ ...
11. 屋代弘賢蔵書印[図版]画像
国史大辞典
不忍文庫 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
12. あつかしやま【厚樫山】福島県:伊達郡/国見町
日本歴史地名大系
天保四年(一八三三)森山村の佐久間純重が剣道の師を顕彰するため、撰文を剣道の同志新田岩松道純に、揮亳を屋代弘賢に依頼して建てた知道軒戸賀崎翁の碑、嘉永三年(一八 ...
13. あわのくに【阿波国】徳島県
日本歴史地名大系
重喜に招かれて明和四年に儒員となり、藩政改革にも参画した。栗山の蔵書「万巻楼本」と栗山の学友屋代弘賢の収集した蔵書「不忍文庫」はともに徳島藩に寄贈され、膨大な大 ...
14. あわのくにぶんこ【阿波国文庫】画像
国史大辞典
徳島藩主蜂須賀家の文庫の名。その蔵書の主流は好学の藩主蜂須賀斉昌が、屋代弘賢との生前の約束により入手した不忍文庫旧蔵書で、柴野栗山旧蔵書も多かったが、維新の際 ...
15. いきみたま【生見玉】
国史大辞典
日限不〓定也」などともあった。その考証に屋代弘賢の『生見玉考』があり、それに「仮名記ニハ目出度事ノ御祝トハ、イキミ玉ノ心ナリト云ヘリ、生見玉ノ祝ノ事 ...
16. いしがき-ほうしん【石垣抱真】
日本人名大辞典
1791−1856 江戸時代後期の画家。寛政3年生まれ。江戸の人。絵を酒井抱一(ほういつ)に,書を屋代弘賢(やしろ-ひろかた)にまなぶ。花鳥画にすぐれた。安政3 ...
17. いせ-さだはる【伊勢貞春】
日本人名大辞典
寛政元年小姓組にはいる。8年幕命で「武器図説」を編集。家伝の故実の継承,貞丈の著作の刊行につとめた。門人に屋代弘賢(やしろ-ひろかた)ら。文化9年12月24日死 ...
18. いまざいけちょう【今在家町】三重県:伊勢市/宇治地区
日本歴史地名大系
豊宮崎文庫と併せて所蔵図書のすべてが神宮文庫に移され現在に至っている。本居宣長の「林崎ふみくらの詞」(屋代弘賢書)、柴野栗山の「林崎文庫記」(浅野長祚書)の石碑 ...
19. いわさきかんえん【岩崎灌園】画像
国史大辞典
『草木育種』二巻(刊)、『本草穿要』十三巻、『救荒本草通解』八巻、『綱救外編』十五巻など、数種がある。また屋代弘賢の『古今要覧稿』を分担執筆した。→本草図譜(ほ ...
20. うらさきむら【浦崎村】広島県:尾道市
日本歴史地名大系
また海老城跡は天正年中(一五七三―九二)伊予より来たという海老名氏任の居城と記す。江戸時代後期、屋代弘賢の発問に答えた当村の風俗問状答が伝存し、年中行事の詳細が ...
21. 栄花物語 334ページ
日本古典文学全集
ここの文脈は解しにくい。道長自身が正気を失っていると思うほど、できることをすべて行ったの意か。『詳解』は「屋代弘賢本」によって「御心地にも、まことに苦しうおぼさ ...
22. 江戸近郊道しるべ 416ページ
東洋文庫
敷の称のあったことなどの話」を村尾圭介(村尾元融の一族の遺族)から伺ったと書いておられ、別に屋代弘賢の日記中に正靖の名の出ていること、また村尾元融の日記の嘉永二 ...
23. え‐ぶくろ[ゑ:]【餌袋】画像
日本国語大辞典
袋は籠にて作り、口にはきぬなどつけてしたるもの、又籠を用ひず、きぬ布などにても作ることありと屋代弘賢いへり」とある。胃。胃袋。《えぶくろ》薩摩†137 山梨県北 ...
24. えんせきじっしゅ【燕石十種】
国史大辞典
(鹿野武左衛門)・絵そらごと(石野広通)・なら柴(原武太夫)・吉野伝(湯浅経邦)・道成寺考(屋代弘賢編)・新吉原町定書・芝居町江御触書 〔続燕石十種〕 1〔初輯 ...
25. おおわき-はるみね【大脇春嶺】
日本人名大辞典
)に師事し,和学講談所の副塾頭となる。のち越後(えちご)(新潟県)に帰郷して私塾をひらいた。屋代弘賢(ひろかた)にまなんで書をよくした。天保(てんぽう)5年12 ...
26. おかちかたまんねんき【御徒方万年記】
国史大辞典
の番所に勤務した。江戸時代初期には土木建築関係の労務にも服したが、後期には天文方・林大学頭・屋代弘賢らが主宰した幕府官撰書の編集手伝として書記的職務に出役したこ ...
27. おせち料理(御節料理)
世界大百科事典
じゆう)の物をいうことが多くなった。組重は重詰料理のことである。文化年間(1804-18)に屋代弘賢が全国各地に質問状を出して民俗を問い合わせた《諸国風俗問状》 ...
28. おのざわ-へいざえもん【小野沢平左衛門】
日本人名大辞典
江戸時代後期の名主。寛政3年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)渋川の人。江戸にでて,国学・漢詩・書を屋代弘賢(ひろかた)にまなぶ。帰郷して私塾をひらき子弟におし ...
29. おんちそうしょ【温知叢書】
国史大辞典
)・洞房語園異本考異(徒流)・賤のをた巻(森山孝盛)・とはすかたり(中井甃庵) 7道成寺考(屋代弘賢)・本朝世事談綺正誤(山崎美成)・浪花の風(久須美祐雋)・窓 ...
30. かがやま-しょうさん【加賀山蕭山】
日本人名大辞典
書家。宝暦元年12月1日生まれ。長崎で清(しん)(中国)の人から王羲之の筆法をまなび,江戸で屋代弘賢に師事する。のち郷里の陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県) ...
31. 家訓集 25ページ
東洋文庫
(30) 藤原光国。藤原資実の四男。なお、底本はこの奥書の後に「右以屋代弘賢本書写、得一本校 合了」と記している。屋代弘賢(一七五八~一八四一)は江戸後期の考証 ...
32. かさのもりじんじゃ【笠森神社】大阪府:高槻市/真上村地図
日本歴史地名大系
奉斎したのに始まるとする説もある。文和元年(一三五二)二月一〇日の摂津国真上虎才丸所領保証契約状写(屋代弘賢採訪集古文書)に「摂津国上郡真上村真上虎才丸殿御知行 ...
33. かせいぶんか【化政文化】
国史大辞典
考証学では狩谷〓斎の『本朝度量権衡攷』、屋代弘賢の『古今要覧稿』、あるいは司馬江漢・亜欧堂田善らの蘭学や洋風画、高橋景保らの蛮書和解御用新設 ...
34. 片岡寛光
世界大百科事典
が,神田佐久間町の名主片岡家の養子となった。晩年の村田春海に入門し,その才を現す。本間游清,屋代弘賢,高田与清らと交友。また,《江戸名所図会》の著者斎藤幸孝・幸 ...
35. かたおか-ひろみつ【片岡寛光】
日本人名大辞典
江戸時代後期の国学者。江戸神田の名主。村田春海に入門し,本間游清とともに門下の双璧とうたわれる。屋代弘賢,小山田与清(ともきよ)らと「沙石(しゃせき)集」を校訂 ...
36. 甲子夜話 3 306ページ
東洋文庫
暫し聴て立去ぬ。如レ此く偶然のことは、何に喩ふべきも無く興あることにぞと。これ斯人の長所。〔昊) 屋代弘賢云。名和伯耆守長年の子孫、今は美濃元巣郡十五条村に在て ...
37. 甲子夜話 4 191ページ
東洋文庫
もふかく染てけり      御幸の山の木々の下くさ           鱒冷泉民轟為則この後、屋代弘賢より消息の序でに、  ゆめに修学院にまうで、おもひつずけけ ...
38. 甲子夜話 5 361ページ
東洋文庫
右等分水にてねり用。又きぬに画くには葛粉を糊にねり、白麹明礬を入、すり合せ用るも吉。〔昊〕 或日屋代弘賢のもとに両軸を借りたるとき、その中に一紙を巻込あり。即摸 ...
39. 甲子夜話 6 355ページ
東洋文庫
思ふに漂海は東洋なり。東洋に石柱あることは未だ聞ざる所なり。蓋し又海気のしからしむる所欺。〔吾 屋代弘賢が、仮名遣の心得を小記して樫宇に示せし連、樫又予に示す。 ...
40. 甲子夜話 6 433ページ
東洋文庫
平戸藩の援助によるものであった。和歌は北村季文、連歌は坂昌成に付いたが、一方で博覧多識の国学者高田与清、屋代弘賢に、事を問うことが多い。戯作も読んで、今に多く遺 ...
41. 甲子夜話三篇 3 177ページ
東洋文庫
役御座候処、永出勤御差留被二仰渡一候。扱々気之 毒御事に候。右一帖、日光宮坊官岸本法眼所レ持之本、筆者屋代弘賢書レ之  享和三丁亥年九月(二橋亭御屏風画賛和歌  ...
42. 甲子夜話三篇 3 193ページ
東洋文庫
寅(天保元年庚寅)二月。又『諸門跡譜』に、妙法院御門跡尭然法親王、寛文元年閏八月寂、六十歳。屋代弘賢日。尭然法親王は、後陽成帝第六の皇子にして、座主三ケ度の宮な ...
43. 甲子夜話続篇 3 174ページ
東洋文庫
ひろげと舞はれしかば、地も見て謡を是につけたりし。其神速にして実意に応たること、一坐戚感歎せりとぞ〔以上二話は屋代弘賢が伝聞と云〕。又或人云。当侯は力量も有られ ...
44. 甲子夜話続篇 5 57ページ
東洋文庫
右一冊者或人以二所持本一令二書写一華享保十五戌年十月  奉議郎金吾校尉〔ε〕 過し文政十一年七月、屋代弘賢〔七+一歳〕上梓せし紙片、皆古執政の詩寄なり。今絃に再 ...
45. 甲子夜話続篇 6 68ページ
東洋文庫
されば従四位上侍従なり。小山田与清、享保八年法楽の寄を引て日。高家、長沢壱岐守藤資親なりと。屋代弘賢日。資親は高家日野氏かと。日長両氏、共に代々資の字を名とす) ...
46. 甲子夜話続篇 8 111ページ
東洋文庫
然れば古蹟の地なれば、この古札も伝りし者ならん。〔二〇〕過ぬる三月二日、水戸殿封国に下向あり。其折のことにて、屋代弘賢和歌を上る。水戸殿答歌を為し給ふ。或日樫宇 ...
47. かみやまち【紙屋町】徳島県:徳島市/徳島城下
日本歴史地名大系
毎年五月五日の端午の節句に清玄坊を弔い祀る風習が伝わっている。このことは文化年間(一八〇四―一八)幕府の右筆屋代弘賢が幕命で「古今要覧」を編纂するにあたり、諸国 ...
48. かめありむら【亀有村】東京都:葛飾区地図
日本歴史地名大系
恵という老人の指示で屋敷内に井戸を掘ったところ水が湧き出たため、文化一〇年(一八一三)国学者屋代弘賢が揮毫した玄恵井之碑がある。また中川拡幅を手掛けた幕府勘定吟 ...
49. 狩谷〓
日本大百科全書
名類聚抄』とも。1827序成立)など、校勘(本文研究)の分野でとくに優れた業績を残す。また、屋代弘賢(やしろひろかた)らと求古楼展観(貴重書を持ち寄って調査・検 ...
50. かりやえきさい【狩谷〓斎】画像
国史大辞典
六国史・律令格式や古記録を手写校読し、清水浜臣ら同学と会読校合し、国学がその学問の基調であった。二十歳ごろ、屋代弘賢の指導を受けて、その筆蹟も寛政―文化年間(一 ...
「屋代弘賢」の情報だけではなく、「屋代弘賢」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る