1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 政治
  8. >
  9. 国際
  10. >
  11. キューバ革命
改訂新版・世界大百科事典
キューバ革命
キューバかくめい

フィデル・カストロの指導のもとにキューバで行われた,ラテン・アメリカにおける最初の社会主義革命。

反乱の開始

〈すべてはモンカダから始まった〉といわれるように,キューバ革命は,1953年7月26日,カストロが率いる反乱グループが東部オリエンテ州のサンチアゴ・デ・クーバ郊外にあるモンカダ兵営を襲撃することによって始まった。襲撃の狙いは,兵営を占拠して武器を奪取し,ラジオ放送を通じて前年3月にクーデタで政権に就いたF.バティスタを打倒するよう全国民に呼びかけることであった。しかしこの襲撃は失敗に帰し,多くの者が殺されたり,捕らえられたりした。指導者のカストロは当時,人民党と呼ばれる改良主義的な政党に属しており,反乱に参加した百数十人の青年たちの多くも,キューバの中産階級に属していた。キューバでは1945年以来真正党が政権に就いており,この政府は,1940年に制定された,大土地所有の制限や農民の保護,労働者の地位保障,工業化などを定めた進歩的な憲法を実施するものとして期待されていたが,実際にこの政府のもとで行われたのは組織労働者の状態の若干の改善や,道路や住宅の建設といった程度にすぎず,農村の貧困は放置され,政府内には汚職や腐敗がはびこっていた。このような状態に不満をもった真正党内の分子が清潔な改良主義の政治を目ざして結成したのが人民党であった。このようにキューバ革命のイデオロギー上の出発点はマルクス=レーニン主義ではなく,民族主義的な改良主義であった。

 ところで,襲撃に失敗し捕らえられたカストロは裁判にかけられ,ここで有名な〈歴史は私に無罪を宣告するであろう〉という自己弁論を行ったのである。カストロらはやがて恩赦により出獄し,56年に反バティスタ闘争の準備のためメキシコに渡り,そこで既存の改良主義政党とは絶縁した独自の組織である〈7月26日運動〉を結成した。メキシコでE.ゲバラ(愛称チェ・ゲバラ)を同志として受け入れたカストロらはゲリラ戦の訓練を積んだのち,56年11月グランマ号で再び武力でバティスタを打倒すべくキューバに向かった。

ゲリラ戦による権力奪取

キューバに上陸した彼らはバティスタ軍に迎撃され,かろうじて生き残った30人の同志はオリエンテ州のマエストラ山脈中に逃げ込み,そこで新たにゲリラ戦による反バティスタ闘争を開始した。反乱軍は農民の支持を受け,しだいに勢力を強めてゆく一方で,都市部での組織の強化に努めた。キューバの広範な社会階層が反バティスタ勢力として結集してゆくにつれ,バティスタもこれらの勢力に厳しい弾圧を加えた。そのため彼はますます孤立してゆき,58年3月にはアメリカ合衆国政府もバティスタ政権に対する武器援助を停止した。同年4月,〈7月26日運動〉はバティスタ政権に決定的打撃を与えるため,キューバ全土でのゼネストを呼びかけたが,これは準備不足などの理由で失敗した。4月ストの失敗で勢いづいた政府側は約1万2000の軍隊でマエストラ山脈に大攻勢をしかけたが,政府軍の中から寝返りが続出したことや,当時の政府軍が対ゲリラ戦向きに訓練されていなかったことなどから,結局この大攻勢は失敗に終わった。カストロらは反撃に転じてキューバ中部に軍事的に進出し,総勢約3000人に達した反乱軍はしだいにハバナ包囲網を縮めていった。59年1月1日,完全に孤立したバティスタ政権はついに崩壊し,代わって革命政権が樹立された。

革命の進展

革命政権は59年5月に第1次農業改革法を実施し,キューバ社会の構造改革に着手した。農業改革法の実施を契機に革命政権内の穏健派が革命から脱落するとともに,アメリカ政府との関係も悪化し始めた。アメリカの莫大な権益が存在していたキューバで国内の構造改革を行えば,それがアメリカとの対立に発展することは不可避であった。60年2月,キューバとソ連との間に貿易援助協定が締結されたのが革命にとっての一つの転機となった。それにより,アメリカ政府はキューバ糖の輸入を停止するなど革命政権に対する敵視をますます強め,一方,キューバ側も同年8月には在キューバのアメリカ系企業を国有化するなど,両国の関係は悪化の一途をたどり,61年1月,両国政府はついに国交を断絶した。同年4月,アメリカ政府に支援された反革命軍がキューバのヒロン海岸に侵攻したが,キューバ軍はそれを撃退し,その侵攻直前にカストロ首相はキューバの社会主義革命を宣言した。

 一方,キューバは1960年9月に第一ハバナ宣言,62年2月に第二ハバナ宣言を発表し,ラテン・アメリカにおける〈アメリカ帝国主義〉との闘争を積極的に呼びかけて,ラテン・アメリカにおける新しい革命運動の中心となった。ソ連を中心とする社会主義諸国との関係もますます強めてゆき,62年10月のいわゆる〈キューバ危機〉事件でキューバ・ソ連関係は一時冷却したが,その後まもなく関係は修復された。60年代の半ば,西半球のなかで孤立を深めていたキューバは,国内的には社会主義と共産主義との並行的建設,対外的にはラテン・アメリカにおける武力革命への積極的支援という急進的な路線をとったが,この路線も結局行き詰まり,70年代に入るや,国内的には経済建設と革命の制度化を,対外的にはソ連・東ヨーロッパ社会主義諸国との一体化を目ざした,より現実的な路線をとるようになった。
→キューバ
[加茂 雄三]

[索引語]
カストロ,F. モンカダ兵営 バティスタ,F. 人民党(キューバ) 真正党 7月26日運動 ゲバラ,E.C. グランマ号 マエストラ山脈 ヒロン海岸 ハバナ宣言

キューバ革命と同じ国際カテゴリの記事
国際標準化機構(iso)(改訂新版・世界大百科事典)
略称をISO(イソまたはアイエスオーと読む)といい,国際規格を制定・普及するための機関であるが,非政府機関である。この機関の前身は,1926年に創設された万国規格統一協会(ISA)である。ISAは,42年に第2次大戦のためその機能を停止するまで
ニウエ(日本大百科全書(ニッポニカ))
ニュージーランドの北東2400キロメートル、トンガの東480キロメートル、サモアの南東560キロメートルにあるポリネシアの単島国家。グリニジ時より11時間遅い。国土面積260平方キロメートル、ほぼ楕円形の島の周回道路は67キロメートルで、隆起サンゴ礁島としては世界でもっとも大きな島の一つに数えられる
環太平洋経済連携協定(TPP)[国際貿易](イミダス 2016)
2006年にAPEC参加国であるニュージーランド、シンガポール、チリ、ブルネイの4カ国(P4 ; Pacific 4)が発効させた、貿易自由化を目指す経済枠組み。環太平洋戦略的経済連携協定ともよばれる。物品貿易については、原則として全品目について即時または段階的に関税を撤廃する。
環太平洋経済連携協定(TPP)[食料資源](イミダス 2016)
2006年に、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランド間で締結された自由貿易協定を広く環太平洋地域全体に適用させようとする自由貿易協定の一種。13年7月に日本が交渉に参加し、12カ国で協議が進められている。TPPでは、第一に、例外なき関税撤廃・非関税障壁の撤廃による自由貿易の促進が
環太平洋経済連携協定(TPP)[オセアニア](イミダス 2016)
TPPは、例外品目を認めず、完全な関税撤廃を目指すとともに、人の自由移動を求めている。従来の2国間の自由貿易協定(FTA)や経済連携協定(EPA)のように、例外品目や金融や情報通信、行政サービス等への参入障壁を設けることができない自由化度の高い協定であり、影響範囲も大きい。


「キューバ革命」はキューバ革命に関連のある記事です。
その他のキューバ革命に関連する記事
キューバ革命(改訂新版・世界大百科事典)
フィデル・カストロの指導のもとにキューバで行われた,ラテン・アメリカにおける最初の社会主義革命。反乱の開始〈すべてはモンカダから始まった〉といわれるように,キューバ革命は,1953年7月26日,カストロが率いる反乱グループが東部オリエンテ州のサンチアゴ・デ・クーバ郊外にあるモンカダ兵営を襲撃
カストロ(日本大百科全書(ニッポニカ))
革命キューバの最高指導者で、ラテンアメリカが生んだもっとも傑出した革命家、政治家の一人。オリエンテ州北部のビランの近郊で生まれる。父親はスペインのガリシアからの移民で、砂糖と木材で成功した比較的富裕な砂糖農園主。幼少から恵まれた環境で育ち、イエズス会派の学校で初等・中等教育を受けたのち
ゲバラ(改訂新版・世界大百科事典)
ラテン・アメリカが生んだ傑出した革命家の一人で,その理論と実践はラテン・アメリカのみならず世界中に大きな影響を及ぼした。アルゼンチンのロサリオ市で中流家庭に生まれ,1945年,ブエノス・アイレス大学の医学部に入学,53年に学位を得た。子どものときから喘息の発作に苦しめられ,それは死ぬまで続いた。
ジャパンナレッジは約2万冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る
キューバ革命の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 98
検索コンテンツ
1. キューバ革命
日本大百科全書
カリブ海の小島キューバで起こった革命。ゲリラ戦による武装闘争で独裁政権を打倒したのち、ラテンアメリカで最初の社会主義革命へと発展した。既存の共産党の指導によらず ...
2. キューバ革命
世界大百科事典
おける最初の社会主義革命。 反乱の開始 〈すべてはモンカダから始まった〉といわれるように,キューバ革命は,1953年7月26日,カストロが率いる反乱グループが東 ...
3. キューバ‐かくめい【キューバ革命】
デジタル大辞泉
1950年代後半、カストロらの指導の下に行われたキューバの社会主義革命。1956年、バティスタ独裁政権に対するゲリラ活動を開始。1959年に新政権を樹立して農業 ...
4. castrismo
ポケプロ西和
[男性名詞]カストロ主義:カストロとキューバ革命に基づく共産主義. ...
5. Gue・va・ra音声
ランダムハウス英和
(1928-67):アルゼンチン生まれのキューバの革命家・政治指導者;Castro と共にキューバ革命を指揮したが,ボリビアで戦死した. ...
6. Mar・tí音声
ランダムハウス英和
[Sp. xosé],マルティ(1853-95):キューバの愛国者・詩人;キューバ革命党を組織,祖国に上陸したがスペイン軍に殺された;Versos sencil ...
7. アメリカ・キューバ国交正常化交渉[イミダス編 国際情勢]
イミダス 2016
キューバのラウル・カストロ国家評議会議長も同日、アメリカと国交回復で合意したと発表した。1959年のキューバ革命によって誕生したフィデル・カストロ政権が、翌年ア ...
8. アメリカ・キューバ首脳会談[イミダス編 国際情勢]
イミダス 2016
議が開かれたパナマで行われた。1959年チェ・ゲバラとフィデル・カストロが親米政権を倒したキューバ革命により61年に両国は国交を断絶。その後キューバは社会主義国 ...
9. アメリカ史画像
日本大百科全書
民間の対外投資活動によるドル流出といった諸要素が重なった結果、「ドル危機」が生ずるに至った。 さらに、キューバ革命の成功や、ベトナムなどにおける民族解放勢力の進 ...
10. アメリカ・スペイン戦争
日本大百科全書
カリブ海戦線では、キューバのサンティアゴ攻略が主目標とされ6月末アメリカ陸軍1万6000がキューバ革命軍の援助のもとに上陸、海軍も、サンティアゴ港脱出を図ったス ...
11. アロンソ(Alicia Alonso)
日本大百科全書
キューバの女性舞踊家。ハバナ生まれ。ニューヨークで舞踊教育を受け、アメリカン・バレエ・シアターなどに在籍。キューバ革命(1959)後キューバ国立バレエ団のプリマ ...
12. インターポール 155ページ
文庫クセジュ
ICPOのもとでラテン・アメリカおよび東南アジアに連絡官を置くことを決めた(ラテン・アメリカはキューバ革命の影響によって米国の覇権が脅かされている地域であり、東 ...
13. NGOと人道支援活動 54ページ
文庫クセジュ
難民キャンプは武装勢力にとって戦略的に重要なものとなった。  このアプローチは、一九五九年のキューバ革命からチェ・ゲバラの死までの、一九六〇年代におけるゲリラ運 ...
14. エフトゥシェンコ エヴゲーニー・アレクサンドロヴィチ
世界文学大事典
Сталина(62)などによく表れている。同時に鋭敏な市民性,国際性なども彼の詩の身上であり,とりわけキューバ革命には大きな関心を示し,数回にわたってキューバ ...
15. エルサルバドル
世界大百科事典
政策が実施され,住宅・学校の拡充,レンパ水力発電所の建設などが行われた。 60年10月に,キューバ革命の影響を受けて,大衆的な基盤を持ったクーデタが起こり,レム ...
16. 沖縄(県)画像
日本大百科全書
こと、主食である米を安価なアメリカのカリフォルニア米の輸入によって供給できたこと、さらにはキューバ革命による国際糖価の急上昇があったこと、などを背景に進行したも ...
17. オルテガ大統領/サンディニスタ民族解放戦線(FSLN)(ニカラグア)[中南米]
現代用語の基礎知識 2016
サンディニスタ民族解放戦線は、反米ゲリラ闘士で1934年に暗殺されたアウグスト・サンディノに由来。キューバ革命の影響を受け61年に結成された。指導者ダニエル・オ ...
18. 革命
日本大百科全書
11)、中国革命(1949、建国)、トルコ革命(1922)、スペイン共和革命(1931)、キューバ革命(1961、社会主義宣言)、イラン革命(1979)、東欧革 ...
19. 「カサ・デ・ラス・アメリカス」
世界文学大事典
隔月刊で,当初はアイデ・サンタマリアが主筆を務め,65年から詩人フェルナンデス=レタマルに引き継がれる。キューバ革命(1959)直後に誕生し,革命がもたらした新 ...
20. カストロ【Castro】
デジタル大辞泉
(Fidel 〜)[1926〜 ]キューバの政治家。キューバ革命を指導、ゲリラ戦によって1959年にバティスタ政権を倒し、首相に就任。米国の介入に対抗して ...
21. カブレラ リディア
世界文学大事典
es y el folklore del pueblo de Cuba(54)などがある。キューバ革命後は亡命してマイアミに住む。 ...
22. カリブ海画像
世界大百科事典
地域としての課題 このような合衆国によるヘゲモニーを打破する最初の動きとなったのが1959年のキューバ革命であり,それは独裁者の打倒,反米民族主義の闘い,社会主 ...
23. カルデナス
日本大百科全書
高揚させた。1940年に大統領を退任したのちも革命精神を失わず、改革のシンボル的存在となり続け、キューバ革命に対しても深い同情を示した。加茂雄三 ...
24. カルペンティエル(Alejo Carpentier)
世界大百科事典
々と惨めな末路をたどった《方法再説》(1974),第1次大戦,スペイン内戦,メキシコ革命,キューバ革命という歴史的事件と絡めて一族の波乱の運命を語った《春の祭典 ...
25. カルペンティエル アレーホ
世界文学大事典
得た。翌年,ラジオ局開設の協力要請を受けてベネズエラの首都カラカスに赴いたが,結局59年のキューバ革命までこの地にとどまることになる。この自主亡命の期間に『この ...
26. カルペンティエール
日本大百科全書
短編集『時との戦い』(1956)は、45年から4年間を過ごしたベネズエラのカラカスで書かれたものである。キューバ革命成功(1959)と同時に帰国し、政府の文化機 ...
27. ガルシア=マルケス ガブリエル
世界文学大事典
で極めて興味深い。 かねてから社会主義に強い関心を抱いていたガルシア=マルケスは,59年のキューバ革命の成功によるカストロ政権の成立を見て,その通信社プレンサ・ ...
28. キューバ【Cuba】画像地図
デジタル大辞泉
もとスペインの植民地で、1898年の米西戦争ののち米軍政下を経て1902年独立。1959年のキューバ革命を経て、1961年に社会主義国家を宣言した。人口1148 ...
29. キューバ画像
日本大百科全書
幅広い民衆による抵抗運動の支援を受けて1959年1月1日にバチスタ独裁政権打倒に成功した(キューバ革命)。新政権は1961年に社会主義宣言を採択した。その後のキ ...
30. キューバ
世界大百科事典
キューバ人はその後J.マルティの指導のもとで再び独立の準備を進めた。マルティは1892年にキューバ革命党を結成し,〈10年戦争〉の英雄であるゴメスMáximo  ...
31. キューバ侵攻事件
日本大百科全書
に上陸し、ニカラグアから飛来した降下部隊もこれに加わった。総数約1500人の侵攻軍に対してキューバ革命軍は迅速に対応し、20日までにすべての侵攻軍を撃退して、1 ...
32. キューバ内務省[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
革命広場近くに建つ内務省ビル。キューバ革命の指導者チェ・ゲバラの巨大な肖像が有名である。キューバ ハバナ 〓Ken Mukai ...
33. キューバブーム[新語流行語]
イミダス 2016
ダンスや料理などでもキューバ人気が高まった背景には、チェ・ゲバラ没後30年(1997年)、キューバ革命40周年(99年)などの話題性があったともいわれる。  ...
34. クレーン(Stephen Crane)
日本大百科全書
したり、ギリシア・トルコ戦争、アメリカ・スペイン戦争の従軍記者となって戦場に赴く。とくに97年キューバ革命の取材に出かけようとしてフロリダ沖で船が難破し、九死に ...
35. グアンタナモ
日本大百科全書
発達した。グアンタナモ湾には、1901年のプラット修正条項に基づきアメリカ海軍基地があり、キューバ革命後、キューバ政府は租借料の受取を拒否し返還を要求している。 ...
36. グアンタナモ基地(収容所)(キューバ)[中南米]
現代用語の基礎知識 2016
03年独立したキューバと条約を結び、カリブ海の要所に米海軍基地を建設。34年の条約改定後もキューバ革命後も租借し続けている。アメリカ政府は租借料を払っているが、 ...
37. グアンタナモ収容所[アメリカ/カナダ]
イミダス 2016
建設された。アメリカは34年にキューバと結んだ互恵通商条約を盾に永久租借権を主張、59年のキューバ革命後も保持している。 [細野徳治]2014 03 ...
38. ゲバラ【Ernesto Che Guevara】
デジタル大辞泉
[1928〜1967]ラテンアメリカの革命家。アルゼンチン生まれ。キューバ革命に参加し、カストロ政権の要職を歴任。その後ボリビアの革命運動に加わり、政府軍に殺さ ...
39. ゲバラ
日本大百科全書
はじめとする多数の論文や著作の発表により、また世界各地で開かれた国際会議への精力的な出席を通じて、キューバ革命をラテンアメリカ革命の前衛として位置づけるとともに ...
40. ゲバラ(Ernesto Che Guevara)
世界大百科事典
銀行総裁(1959),工業相(1961)としてキューバの社会主義経済建設を指導し,その間にキューバ革命の方法を理論化した《ゲリラ戦争》(1961)を発表,それは ...
41. ゲバラ
日本国語大辞典
エルネスト(チェ)─Che は愛称)アルゼンチン生まれの革命家。亡命中のメキシコでカストロらと会いキューバ革命に参加。一九六五年からボリビアの武装ゲリラ闘争を指 ...
42. ゲリラ
世界大百科事典
抗日戦から中国革命へと勝利を導いた毛沢東理論は,第2次大戦後,アルジェリア戦争,ベトナム戦争,キューバ革命などに大きな影響を与え,以後の第三世界における解放運動 ...
43. サルサ[ポピュラー・ミュージック]
イミダス 2016
代までキューバ系のマンボ、チャチャチャ、ソンなどのラテン音楽がさかんだった。しかし59年のキューバ革命でアメリカとキューバの国交が断絶すると、プエルトリコ系住民 ...
44. サンチアゴ・デ・クーバ
世界大百科事典
際は戦場となり,休戦協定も同市内で調印された。同市郊外には1953年にカストロらが襲撃してキューバ革命の発端となった有名な元モンカダ兵営がある。史跡や歴史関係の ...
45. サンチアゴ‐デ‐クーバ
日本国語大辞典
都で、キューバ共和国南東部の港湾都市。アメリカ‐スペイン戦争の激戦地。また、カストロによるキューバ革命の発端の地として知られる。 ...
46. サンティアゴ・デ・キューバの町並み[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
キューバ島南東部にあるサンティアゴ・デ・キューバ州の州都。1953年のキューバ革命発端の地として知られている。町にはスペイン、フランス風の建物が残る。キューバ  ...
47. サンティアゴ‐デ‐キューバ【Santiago de Cuba】画像地図
デジタル大辞泉
が建設。1898年の米西戦争では大規模な海戦が行われた。1953年にカストロが兵営を襲撃、キューバ革命の発端となった。  ...
48. サンティアゴ・デ・キューバ画像
日本大百科全書
また、1953年フィデル・カストロが率いる武装した青年たちがこの地のモンカダ兵営を襲撃し、キューバ革命の発端となった。現在は、マンガン、銅などの鉱産物やコーヒー ...
49. サンディニスタ運動
世界大百科事典
指導者はカルロス・フォンセカ・アマドール(1976年殺害)であった。FSLNの成立には,1959年のキューバ革命が大きく影響しており,武装闘争を通じてのニカラグ ...
50. 資本主義の全般的危機
日本大百科全書
おける81か国共産党・労働者党国際会議において採択された「声明」(モスクワ声明)は、(1)キューバ革命やベトナム人民の勝利などに示されるように社会主義体制が一段 ...
「キューバ革命」の情報だけではなく、「キューバ革命」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジについてもっと詳しく見る