1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 風土記
  10. >
  11. 風土記
改訂新版・世界大百科事典

風土記
ふどき

奈良の地に壮大な都城(平城京)が造営され,大化改新後の地方制度も整備された元明天皇時代に,諸国の国司・郡司を総動員して作成させた郷土誌的文書をいう。中国の制度文物の移植に熱心な時代だから,中国で多く作られた地誌類に範をとったものであろうが,とくに南北中国を統一した隋代に《諸郡物産土俗記》151巻があったということ(《隋書》経籍志)は,もっとも注意さるべきであろう。

 《続日本紀》和銅6年(713)5月2日条に〈畿内七道諸国は,郡郷の名は好き字を著け,その郡内に生ずるところの銀銅,彩色,草木,禽獣,魚虫等の物は具(つぶさ)にその品目を録し,及び土地の沃塉(よくせき),山川原野の名号の所由(いわれ),また古老相伝の旧聞異事は,史籍に載せて言上せよ〉とある。この命令を大きく分ければ,前半は物産関係条項,後半は土俗関係条項となるが,これを風土記撰進のことであるとしたのは,平安時代の天台の学僧阿闍梨皇円述作の《扶桑略記》(1094ころ)である。彼がどんな資料によったかは不明だが,現在からみても妥当である。ただ発令の当初から風土記という書名がつけられていたかどうかは定かでない。むしろ下命された各条項を一括して上級官司(太政官または民部省)に奉答するという形で,当時の法律用語では解(げ)とよばれる報告書として上申された公文書であるとするのが穏当であろう。すなわち現存の《常陸国(ひたちのくに)風土記》の冒頭に〈常陸国司解(げ)し申す,古老相伝の旧聞の事〉と書かれているのがその適例である。

 これらの報告文書は,和銅(708-715)当時の日本の総国数を62国とすれば60巻を越す大集成となり,そのころ編修されていた《日本書紀》を縦糸とすれば,これは横糸となるはずのものであった。この時期のもので比較的まとまった形で現存しているのは常陸と播磨(はりま)の2国分だけだが,いずれも715年(霊亀1)以前の姿を伝え,下命後4~5年で成立したものと見ることができる。この文書は2通か3通作られ,それぞれ地元の国庁と中央の官庁に保存されていたが,これに風土記の名称が与えられるようになったのは,中国の風土記に魅せられた平安時代の学者文人たちによるものであり,平安初期から鎌倉時代にかけ定着したようである。貞観(859-877)ころ成立の《令集解》仮寧(けによう)令には,風土と郷土を同一視した例も見えている。だが風土記とよばれるものには和銅度のもののほかに,20年後の733年(天平5)に成った《出雲国(いずものくに)風土記》もあるが,これは節度使が編修主体となったもので,軍事的要素が加味されて実用性の強い地誌としてあらわれている。〈和銅風土記〉とはやや異質のものだが,この期のもの(豊後(ぶんご)・肥前(ひぜん)の風土記など)を含めて〈古風土記〉とよんでいる。記紀には見ることのできない地方民衆の風俗や民間伝承が豊富に盛られている点できわめて貴重な古典である。しかし,現在残っているのは以下に記す5国分だけであり,それ以外の国のものは,今では,平安末から鎌倉末にかけて輩出した古典注釈家その他の著書に部分的に引用された文章を通じて知りうるのみである。それらの引用された文章は〈風土記逸文〉とよばれているが,山城国の賀茂伝説,丹後国の浦島子(浦島太郎)伝説など,逸文にみえる貴重な伝承は少なくない。

《常陸国風土記》

713年の風土記撰進の官令に答えて国司から中央官庁に提出された報告書の形式をとっており,とくに古老相伝の語りごとに重きをおいて書いたものであることを冒頭で述べている。事実,物語性に富む説話や歌謡が多いことでは現存風土記中抜群である。倭武天皇(やまとたけるのすめらみこと)の巡幸伝説をはじめ,祖神巡幸譚,嬥歌(かがい)や歌垣をめぐる恋愛伝説,巨人伝説,白鳥伝説,夜刀神(やとのかみ)伝承など,東国の民間伝承の宝庫の観がある。しかもその文章は当時の文人たちに愛用された四六〓驪(べんれい)体とよばれる華麗な漢文を用い,神仙思想で装われていて,一種の文学的世界を形づくっている。成立は713年からほど遠からぬところにあり,718年(養老2)を下らぬであろうとするのが普通である。この時期の国司には阿部狛朝臣秋麻呂,石川朝臣難波麻呂,藤原宇合がいるが,そのいずれを撰者と見るかは確定しえない。ただ現伝本は鎌倉時代末期に省略の手が加えられ,白壁,河内の2郡をまったく欠き,省略がないのは総記と行方(なめかた)郡の分だけである。

《播磨国風土記》

713年の風土記撰進の官命に応じて中央官庁に提出された文書(解)で,官命に指定された条項にもっとも忠実に答えようとしており,山川原野・里名の由来はあまねく採集し,土壌の品質についても上ノ中,中ノ下,下ノ中などと分類していちいち注記しているのは注意すべきである。土地の生産性の高低はそこに生活する人たちの生産性を規定せずにはおかないし,播磨には鉄の生産地や土器や石材の生産地が存在することと関係して考えさせるものがあるからである。ことに帰化人の移動についての記事も多く,文章も平明な漢文でつづられ,民衆の伝承を素直に写している点では希有なものといってよい。天皇としては景行の巡幸伝説が多く,神には天日槍(あめのひぼこ)や大汝(おおなむち)命,少日子根(すくなひこね)命が活躍することも注意される。成立は和銅6年に近い時期で,国司としては守(かみ)に巨勢朝臣邑治,その部下に百済の帰化人の子楽浪河内がいる。両者の合作と見てよかろう。ただ本書は巻首部と明石郡の部を欠失し,赤穂郡の分がないのは惜しまれる。

《出雲国風土記》

略して《出雲風土記》ともいう。現存する奈良時代成立の風土記のなかでは首尾完備した唯一の完本として有名である。巻末には〈天平五年二月三十日勘造〉と明記され,その責任者国造出雲臣広島以下諸郡司の署名がある。本書の成立については江戸時代から,和銅の風土記撰進の官命によるものとする説と,天平の再撰とする説とがあったが,現在では,地方軍政の整備のために732年(天平4)8月に諸道に設置された節度使(せつどし)の派遣と関係づけてとらえる説が有力であり,これを〈和銅風土記〉に対して〈天平風土記〉とよぶことがある。出雲では天平4年に山陰道節度使となった民部卿多治比真人県守が作成に関与したと見られる。本書は国内のすべての通路や山の高さや川幅が歩をもって厳密に計測され,烽(とぶひ)や関や戍(まもり),軍団などの軍事施設が列挙され,軍用地図の記録化といった観がある。なお本書の巻首には出雲の版図の成立を神話的に語った国引き神話があって,古代文学の原型的なものとして注目されるが,その一面では本草学や測量術の高度な知識で記載されていることも注意してよい。

《豊後国風土記》

〈とよくにのみちのしりのふどき〉ともよむ。成立については定かではないが,732年に藤原宇合が西海道節度使となったとき,大宰府管下の諸国に風土記の撰進を命じたものを,大宰府官人が抄録して1冊の本にまとめたものと見られる。本書には《日本書紀》の文章と近似するものが多いが,これは抄録の過程で官人たちによって《書紀》に依拠して構文されたからであるらしい。

《肥前国風土記》

〈ひのくにのみちのくちのふどき〉ともよむ。本書は《豊後国風土記》と同様の過程をとって編纂されたものと考えられ,抄録であることも記載形式も近似している。両者とも景行天皇の西征伝説を中心において,土蜘蛛(つちぐも)や熊襲(くまそ)の討伐を語ることが多く,《日本書紀》の文章を借用したものがある点も同様である。この点で早くから偽書とする説もあったが,在地伝承もあるから単純に偽書とすべきではない。なお両書を含めて西海道風土記,九州風土記などとよばれることもある。
[吉野 裕]

[索引語]
扶桑略記 和銅風土記 古風土記 風土記逸文 倭武天皇 天日槍 大汝(おおなむち)命 少日子根(すくなひこね)命 出雲国風土記 天平風土記 豊後国風土記 肥前国風土記 西海道風土記
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

風土記と同じ風土記カテゴリの記事
風土記(改訂新版・世界大百科事典)
奈良の地に壮大な都城(平城京)が造営され,大化改新後の地方制度も整備された元明天皇時代に,諸国の国司・郡司を総動員して作成させた郷土誌的文書をいう。中国の制度文物の移植に熱心な時代だから,中国で多く作られた地誌類に範をとったものであろうが,とくに南北中国を統一した隋代に《諸郡物産土俗記》
常陸国風土記(国史大辞典)
和銅六年(七一三)五月の詔制に応じて撰進されたとみられる常陸国の地誌。巻頭に「常陸国司解 申古老相伝旧聞事」とあって、常陸国司から「解」の形式で提出された文書であることが知られる。はじめに常陸国全般にかかる総括的な記事が置かれ、ついで新治・筑波・信太・茨城・行方
出雲国風土記(国史大辞典)
和銅六年(七一三)五月二日、元明天皇によって風土記撰進の詔が出され、諸国から奏進された解文の一つとされる。巻首の総記から巻末の署名まで完全に存する唯一の風土記。一巻。天平五年(七三三)二月三十日の年紀を帯び、勘造者は出雲国秋鹿郡の神宅臣金太理、責任者は出雲国造で
風土記と同じカテゴリの記事をもっと見る


「風土記」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
文鏡秘府論(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の詩文作法・評論書。6巻。弘法大師空海の撰。820年以前の成立。中国の六朝・隋・唐時代に書かれた音韻書などから抜粋し斟酌してつくったもので,詩文の創作に関する重要な規則を八韻,四声,対句,文体,詩文の病などに分けて論じ
懐風藻(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
漢詩集。1巻。撰者については、淡海三船説、葛井広成説、石上宅嗣説などがあるが未詳。751年(天平勝宝3)成る(序文による)。近江朝以降、奈良朝中期の天平ごろまでの約八十数年間のわが国の詩人64人の漢詩120首を、ほぼ時代順・作者別に配列して一巻にまとめている。
歌経標式(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良時代の歌学書。藤原浜成(はまなり)著。序、跋(ばつ)によれば、772年(宝亀3)5月勅命により成立。偽作説もあったが、真作と認めうる。最古の歌学書で、とくに歌病(かへい)論は平安時代以降、変化しつつも大きな影響を残した。序によれば書名は『歌式(かしき)』。
日本霊異記(新編 日本古典文学全集)
日本国現報善悪霊異記 上巻 序 諾楽の右京の薬師寺の沙門景戒録す。そもそも、仏教や儒教が、わが国に伝わり、広くひろまるに至った時期を尋ねてみると、およそ二度あった。二度とも百済の国から海を越えて渡って来たのである。大和の軽島の豊明の宮に天下をお治めになられた応神天皇の
井原西鶴集1(新編 日本古典文学全集)
けした所が恋のはじまり。桜もすぐ散ってしまって嘆きの種だし、月も限りがあって山の端にはいってしまう。そんなはかない眺めよりもと、限りのない、女色・男色の二道に打ち込んで、夢介と替名を呼ばれる太尽は、その名も月の入佐山という歌名所のある但馬国生野銀山のあたりから、
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
風土記の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 21223
検索コンテンツ
1. 風土記(ふうどき)
古事類苑
地部 洋巻 第1巻 104ページ ...
2. 風土記
日本大百科全書
(乙)とが有名である。(甲)の風土記としては『出雲(いずも)国風土記』『常陸(ひたち)国風土記』『播磨(はりま)国風土記』『肥前国風土記』『豊後(ぶんご)国風土 ...
3. 風土記
世界大百科事典
含めて西海道風土記,九州風土記などとよばれることもある。吉野 裕 扶桑略記 和銅風土記 古風土記 風土記逸文 倭武天皇 天日槍 大汝(おおなむち)命 少日子根( ...
4. ふど‐き【風土記】
デジタル大辞泉
豊後(ぶんご)の5か国のもの。上代の地理・文化を知るうえで貴重。後世のものと区別するため、古風土記ともいわれる。  ...
5. ふど‐き【風土記】
日本国語大辞典
、伝説、風俗などを記した地誌。*随筆・西遊記(新日本古典文学大系所収)〔1795〕序「国々の風土記といへるも大かたほころびたれば、其由もまたしられず」*羽鳥千尋 ...
6. ふどき【風土記】
全文全訳古語辞典
[書名]奈良前期の地誌。七一三年(和銅六)の元明天皇の詔によって諸国から献じられたもので、現存するのは、出雲(=島根県東部)播磨(=兵庫県南西部)常陸(=茨城県 ...
7. ふどき【風土記】
国史大辞典
ている。→出雲国風土記(いずものくにふどき),→播磨国風土記(はりまのくにふどき),→肥前国風土記(ひぜんのくにふどき),→常陸国風土記(ひたちのくにふどき), ...
8. 風土記
日本史年表
713年〈和銅6 癸丑〉 5・2 諸国の郡郷名に好字をあてさせ、 風土記 の撰進を命じる(続紀)。  ...
9. 風土記
東洋文庫
王土のすベてを一望のもとに見渡して祝福しようと撰進された『風土記』は,王者の儀礼である国見の伝統のなかで受けつがれ,開花した。生活共同体の神話と結びついた民衆生 ...
10. 風土記
日本古典文学全集
風土記とは、土地の名前の由来や、その土地に伝わる伝承、神々や天皇のエピソード、特産品など、その国の状況や成り立ちがわかるような報告をするよう中央政府が地方に命じ ...
11. ふうど‐き【風土記】
デジタル大辞泉
⇒ふどき(風土記)  ...
12. ふうど‐き【風土記】
日本国語大辞典
〔名〕〓ふどき(風土記) ...
13. 風土記の丘
日本大百科全書
っている。これらは遺跡の所在する都道府県が設けて、それぞれの教育委員会が管理にあたっている。風土記の丘事業は1966年(昭和41)に始められたが、60年代後半か ...
14. 風土記の丘
世界大百科事典
1996年までに,西都原(さいとばる)風土記の丘(宮崎県西都市),さきたま風土記の丘(埼玉県行田市),紀伊風土記の丘(和歌山市),近江風土記の丘(滋賀県近江八幡 ...
15. ふどきのおか【風土記の丘】画像
国史大辞典
国庫補助事業として保存活用的要因をこめ、やや積極的な保存策をとるようになり今日に至っている。「風土記の丘」は第三段階の考えをさらに進め、昭和四十一年度より、その ...
16. 風土記の丘一覧[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
17. 風土記御用書出(安永風土記)[文献解題]岩手県
日本歴史地名大系
解説 領内の村々の様子を把握するため、仙台藩が村ないし知行所単位に書上げさせたもの。各村の「風土記御用書出」をはじめ、その付属文書としての「代数有之御百姓書出 ...
18. 風土記御用書出(安永風土記)[文献解題]宮城県
日本歴史地名大系
解説 領内の村々の様子を把握するため、仙台藩が村ないし知行所単位に書上げさせたもの。各村の「風土記御用書出」をはじめ、その付属文書としての「代数有之御百姓書出 ...
19. 『会津風土記』
日本史年表
1675年〈延宝3 乙卯④〉 12・8 保科正経、父正之の 『会津風土記』 などを献上(実紀)。  ...
20. 『出雲国風土記』
日本史年表
733年〈天平5 癸酉③〉 2・30 『出雲国風土記』 成る(巻末署名)。  ...
21. 出雲国風土記
日本大百科全書
地誌。1巻。現存する五風土記のうち唯一の完本。733年(天平5)2月成立。出雲国9郡の地理、産物、伝説、神話などを郡ごとに記す。編集部 ...
22. 出雲国風土記
世界大百科事典
風土記 ...
23. いずものくにふどき【出雲国風土記】
デジタル大辞泉
和銅6年(713)の詔により撰進された風土記の一つで、天平5年(733)成立。出雲地方の地勢・地名・物産・伝説などを記す。現存風土記中唯一の完本。出雲風土記。  ...
24. いずものくにふどき【出雲国風土記】
全文全訳古語辞典
[書名]⇒いづものくにふどき(出雲国風土記)  ...
25. いずものくにふどき【出雲国風土記】
国史大辞典
[参考文献]内山真竜『出雲風土記解』、後藤蔵四郎『出雲国風土記考証』、加藤義成『出雲国風土記参究』、水野祐『出雲国風土記論攷』、田中卓『出雲国風土記の研究』(『 ...
26. いずもふどき[いづもフドキ]【出雲風土記】
日本国語大辞典
官命に応じて出雲国九郡の地理、産物、古伝承などを各郡ごとに記す。現存する五つの風土記のうち唯一の完本。出雲国風土記(いずものくにのふどき)。→古風土記(こふどき ...
27. 出雲風土記(いずもふどき)
古事類苑
地部 洋巻 第1巻 106ページ ...
28. いづものくにふどき【出雲国風土記】
全文全訳古語辞典
[作品名]和銅六年(七一三)の詔によって作られた風土記の一つ。一巻。天平五年(七三三)成立。出雲国九郡の地理・産物を記し、出雲系神話も多く収められている。現存す ...
29. 近江國風土記(おうみのくにのふどき)
古事類苑
神祇部 洋巻 第1巻 1583ページ ...
30. かずさふどき【上総風土記】
デジタル大辞泉
村上元三の小説。昭和15年(1940)発表。同年、第12回直木賞受賞。  ...
31. 『紀伊続風土記』
日本史年表
1839年〈天保10 己亥〉 この年 仁井田好古ら編 『紀伊続風土記』 成る。  ...
32. 紀伊続風土記
日本大百科全書
幕末の紀伊藩の地誌。本編97巻、付録は古文書と神社が17巻、高野山(こうやさん)60巻、総分方21巻、聖方からなる。1806年(文化3)に幕府の命を受け、紀伊藩 ...
33. 紀伊続風土記
世界大百科事典
本もある。また高野山の部のみは,新版が《続真言宗全書》に収められて公刊中。小山 靖憲 紀伊続風土記 ...
34. きいぞくふどき【紀伊続風土記】
デジタル大辞泉
紀伊国の地誌。文化3年(1806)、江戸幕府の命により、紀州藩が藩内学者に編ませたもの。儒学者、仁井田好古を主任とし、仁井田長群・本居内遠・加納諸平などが編纂( ...
35. きいぞくふどき【紀伊続風土記】
国史大辞典
。近世農村史料を採訪にゆくと、今日も『紀伊続風土記』編纂に関係したものをしばしば発見する。内容は巻一・二・三からなる提綱から始まり、総論・古風土記逸文・国造・国 ...
36. 吉備路風土記の丘県立自然公園画像
日本大百科全書
岡山県南部、岡山市北区、総社(そうじゃ)市にまたがる自然公園。面積8.9平方キロメートル。旧山陽道に沿い、吉備地方の文化財が群集している。吉備史跡県立自然公園の ...
37. こ‐ふどき【古風土記】
デジタル大辞泉
和銅6年(713)の元明天皇の詔によって編集された諸国の風土記。後世のものと区別していう語。→風土記  ...
38. こ‐ふどき【古風土記】
日本国語大辞典
命によって撰進せられた諸国の風土記を、後世所撰のものと区別していう語。現存するものは、「出雲風土記」、「播磨風土記」、「常陸風土記」、「豊後風土記」、「肥前風土 ...
39. さんていこふどきいつぶん【纂訂古風土記逸文】
日本国語大辞典
栗田寛編。明治三一年(一八九八)刊。風土記の逸文一八三条を集録、各国別に分類し諸書によって校訂した書。付録として伴信友の著「前後風土記概論」、平租衡の「弁日本総 ...
40. 『新編会津風土記』
日本史年表
1809年〈文化6 己巳〉 4・16 会津藩主松平容衆、 『新編会津風土記』 を幕府に献上(続実紀)。  ...
41. 新編会津風土記
日本大百科全書
江戸時代の代表的な地誌。会津藩祖保科正之(ほしなまさゆき)の『会津風土記』を改訂増補したもの。1803年(享和3)から編纂(へんさん)が始められ、09年(文化6 ...
42. 新編会津風土記
世界大百科事典
主松平容衆の09年(文化6)の序がある。120巻。寛文年間に保科正之の命により撰ばれた《会津風土記》を改訂増補したもの。界域・山川・寺社・戸数等が記され,またそ ...
43. しんぺんあいづふどき【新編会津風土記】
国史大辞典
端郷・道路・社寺・古跡などについて風土記の草稿をまとめ提出した。これに山崎闇斎が手を加え、序文をつけて完成したのが『会津風土記』であるが、『新編会津風土記』とは ...
44. 『新編相模国風土記稿』
日本史年表
1841年〈天保12 辛丑①〉 この年 間宮士信・松崎純庸ら27人編 『新編相模国風土記稿』 脱稿。  ...
45. 新編相模国風土記稿
日本大百科全書
1830年(天保1)『新編武蔵国(むさしのくに)風土記稿』編纂の事業が終わると、引き続いて本稿の編纂を開始し、1841年に完成した。編纂の主旨も、その体裁も『新 ...
46. 新編相模国風土記稿
世界大百科事典
1841年(天保12)成立。昌平黌地理局総裁林述斎編。全126巻。相模国の総国図説から建置沿革,山川,名所,産物,芸文と各郡村里に分かれている。文書や記録も収録 ...
47. しんぺんさがみのくにふどきこう【新編相模国風土記稿】
国史大辞典
網羅した地誌。百二十六巻。『新編武蔵風土記稿』を完成した天保元年(一八三〇)に着手し、同十二年に脱稿した。編集に携わったのは間宮士信・松崎純庸・三島政行ら二十七 ...
48. 新編武蔵国風土記稿
日本大百科全書
江戸幕府編纂(へんさん)の武蔵国の地誌。新編風土記編纂の資料とする目的で編まれたためにこの書名となった。大学頭(だいがくのかみ)林述斎を総裁として間宮庄五郎士信 ...
49. 『新編武蔵風土記稿』
日本史年表
1826年〈文政9 丙戌〉 この年 間宮士信ら 『新編武蔵風土記稿』 成る。  ...
50. 新編武蔵風土記稿
世界大百科事典
1828年(文政11)成立。昌平黌地理局総裁林述斎編。全265巻。武蔵国の総国図説から建置沿革,山川,名所,産物,芸文と各郡村里に分かれている。文書や記録も収録 ...
「風土記」の情報だけではなく、「風土記」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る