1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. 植物
  8. >
  9. 草花木
  10. >
  11. シバザクラ
日本大百科全書(ニッポニカ)

シバザクラ
しばざくら/芝桜
[学]Phlox subulata L.

ハナシノブ科の多年草。アメリカ東部原産で、英名はモス・フロックス。茎は低く5~10センチメートル、地面をはうようにして広がり、よく枝を密生し、初めは軟毛をつけるが基部は木質化する。葉は常緑で堅く、披針(ひしん)形または針状で長さ約1センチメートル。3~5月、葉腋(ようえき)または枝先に桃紅色で径約2センチメートルの5弁花が、茎葉を覆い隠すように咲く。花弁は倒心臓形で深い欠刻がある。萼片(がくへん)は針形。白色花のリットル・ドット、濃桃色花のライラック・クイン、覆輪のニシキバなど多くの園芸品種がある。花壇、石垣、ロッケリー、グリーンベルトなどに植栽、観賞する。繁殖は株分け、挿木による。挿木の場合は10月に15センチメートルくらいの挿穂をつくり、基部の3分の1を土中に埋める。耐寒性は強い。
[猪股正夫]


シバザクラ[百科マルチメディア]
シバザクラ[百科マルチメディア]
径約2cmの花が茎葉を覆い隠すように咲く。桃紅色のほか、白色、濃桃色、淡紫色など多くの園芸品種がある (C)Seishohmaru
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
シバザクラの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 25
検索コンテンツ
1. シバザクラ画像
日本大百科全書
ハナシノブ科の多年草。アメリカ東部原産で、英名はモス・フロックス。茎は低く5~10センチメートル、地面をはうようにして広がり、よく枝を密生し、初めは軟毛をつける ...
2. シバザクラ[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
径約2cmの花が茎葉を覆い隠すように咲く。桃紅色のほか、白色、濃桃色、淡紫色など多くの園芸品種がある 〓Seishohmar ...
3. シバザクラ画像
世界大百科事典
ハナシノブ科の多年草。北アメリカ東部,南部原産。ハナツメクサともいう。細かく分枝し,地をはうように密生して茂り,半灌木状となる。葉は長さ1.0~1.5cmで針状 ...
4. しば‐ざくら【芝桜】画像
デジタル大辞泉
ハナシノブ科の多年草。高さ約10センチ。地をはうように密生し、葉は細長くかたい。春に淡桃・赤・白色などの花をつける。北アメリカの原産。モスフロックス。花爪草(は ...
5. しば‐ざくら【芝桜】
日本国語大辞典
〔名〕ハナシノブ科の多年草。フロックスの一種。北アメリカ原産で、花壇の縁取りなどに栽培される。茎は多数分枝してはい、地面をおおう。葉は対生、やや硬く線形ないし披 ...
6. シバザクラ : 図-シバザクラ画像
世界大百科事典
 ...
7. móss pínk
ランダムハウス英和
ハナツメクサ,シバザクラ,モスフロックス Phlox subulata:ピンクから紫色までの派手な花をつけるハナシノブ科の園芸植物;米国東部原産.[1856] ...
8. Phlox
ポケプロ独和
[男性名詞] 《—es/—e》 [女性名詞] 《—/—e》 [植物]フロックス(キキョウナデシコ,シバザクラなど).  ...
9. クサキョウチクトウ
世界大百科事典
北アメリカ原産のハナシノブ科の耐寒性多年草。オイランソウともいう。同属のシバザクラやフロックスとともに庶民的な草花として夏の庭を飾っているが,渡来は明治時代。茎 ...
10. グラウンド‐カバー【ground cover】
デジタル大辞泉
地面を覆うように生える匍匐(ほふく)性の植物。シバザクラやジャノヒゲなど。  ...
11. 滝上(町)画像
日本大百科全書
1923年(大正12)開通した国鉄渚滑線は1985年廃止され、バス輸送にかわった。滝上公園はシバザクラで有名。面積766.89平方キロメートル、人口3028(2 ...
12. ハナシノブ画像
世界大百科事典
科に近縁の合弁花植物で,世界に18属320種あり,日本には本属のみが産する。フロックス属のシバザクラ,クサキョウチクトウなどが観賞用に栽培される。森田 竜義 P ...
13. ハナシノブ科
日本大百科全書
寒帯に分布し、18属約320種知られる。日本にはハナシノブ属2種が野生するほか、フロックス属のシバザクラ、オイランソウなどが栽培される。山崎 敬 ...
14. はな‐つめくさ【花爪草】
デジタル大辞泉
シバザクラの別名。  ...
15. フロックス【(ラテン)Phlox】
デジタル大辞泉
称。二年草または多年草で、北アメリカを中心に約50種が知られ、日本ではクサキョウチクトウ・シバザクラなどが栽培される。《季 夏》  ...
16. フロックス画像
日本大百科全書
撫子)P. drummondii Hook.、ロック・ガーデンや庭植えなどに多く利用されるシバザクラ(英名モス・フロックス)P. subulata L.をはじめ ...
17. フロックス画像
世界大百科事典
に利用される。茎が直立するクサキョウチクトウや匍匐(ほふく)するシバザクラなど生活型に違いがある。クサキョウチクトウ,シバザクラなどの多年草は耐寒力が強く露地で ...
18. フロックス
日本国語大辞典
先は五裂して平開する。観賞用に栽培されるものが多い。キキョウナデシコ、クサキョウチクトウ、シバザクラなどがある。学名はPhlox *音引正解近代新用語辞典〔19 ...
19. フロックス[カタカナ語]
イミダス 2016
[phlox]【植物・園芸】ハナシノブ科クサキョウチクトウ属の植物.北アメリカ原産.キキョウナデシコ,シバザクラなどが栽培される.  ...
20. 松川湖[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
湛水(たんすい)面積0.31km2。周辺には自然公園や遊歩道、水遊び広場などが整備されている。ロウバイ、シバザクラの名所としても知られる。静岡県伊東市  ...
「シバザクラ」の情報だけではなく、「シバザクラ」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

シバザクラと同じ草花木カテゴリの記事
白露(日本国語大辞典)
(草木においた露が白く光って見えるところから)露。白く見える露。《季・秋》*万葉集〔8C後〕二〇・四三一二「秋草におく之良都由(シラツユ)のあかずのみあひ見るものを月をし待たむ〈大伴家持〉」*古今和歌集〔905〜914〕春上・二七「浅緑いとよりかけて白露を珠にもぬける春の柳か〈遍昭〉」
サクラ(桜)(日本大百科全書(ニッポニカ))
バラ科の落葉高木または低木で、おもに北半球の温帯と暖帯に分布する。サクラ属のうち、スモモ、モモ、ウメ、ニワウメ、ウワミズザクラなどの亜属を除いたサクラ亜属のものを一般にサクラと称し、花の美しいものが多く、日本の花の代表として外国にも知られている
紅葉(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般的には、植物の葉が秋に、落葉に先だって赤に変わることをいう。また、葉が黄色や黄褐色になることを黄葉(こうよう)というが、これらをあわせて「もみじ」という。この現象はかならずしも秋の落葉の時期にのみみられるものではなく、幼葉が一時的に赤色になり、葉の成長とともに消失する場合
シバザクラ(日本大百科全書(ニッポニカ))
ハナシノブ科の多年草。アメリカ東部原産で、英名はモス・フロックス。茎は低く5~10センチメートル、地面をはうようにして広がり、よく枝を密生し、初めは軟毛をつけるが基部は木質化する。葉は常緑で堅く、披針形または針状で長さ約1センチメートル。3~5月、葉腋または枝先に桃紅色で
くぬぎ 【櫟・橡・櫪・椚・椢】(日本国語大辞典)
ブナ科の落葉高木。本州、四国、九州の山野に生え植林もされる。幹は高さ一五メートル、径六〇センチメートルにもなる。樹皮は深く縦に裂け、若枝には褐色毛を密布する。葉は柄があり互生し長さ八〜一五センチメートルの長楕円形で、縁は芒(のぎ)状に鋭く切れ込む。
草花木と同じカテゴリの記事をもっと見る


「シバザクラ」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
はつ‐お[‥ほ] 【初穂・早穂・最花】(日本国語大辞典)
その年になって初めて実った稲の穂。*江帥集〔1111頃〕「きみがよのよろづのあきのはつほなるよしだのさとのいねをこそつけ」*色葉字類抄〔1177〜81〕「粃 ハツオ 早初 ハツオ 最花 同」*為家集〔1271〜75頃〕秋「風わたる野田のはつほの打なびきそよぐにつけて秋ぞ知る
択捉島(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
千島列島中、最大の島で国後島の北東、得撫島の南西に位置する。面積は三一三九平方キロ。寛永二十年(一六四三)オランダ船によって発見され、スターテン=ラントと名付けられた。わが国には本島東部の蝦夷を通じて古くから知られていたが、直接交渉を持ったのは享保十六年(一七三一)
国後島(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
千島列島最南端の島。松前藩には北海道本島の東端目梨蝦夷を通じて古くから知られていたが、直接関係を持ったのは享保十六年(一七三一)酋長が松前を訪れ、宝暦四年(一七五四)場所が置かれて以来のことである。寛政元年(一七八九)国後・目梨蝦夷の乱により支配が強化され
佐渡島(日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
新潟県に属する日本海にある島。遠流(おんる)の地、金山で古くから知られ、史跡が多く、景勝や郷土芸能に富む。米作が主。佐渡。*浮世草子・男色大鑑〔1687〕五・五「本国佐渡(サド)が嶋(シマ)へ帰り
奄美大島(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鹿児島県奄美諸島の北端に位置し、同諸島中最大の島。属島に加計呂麻島、与路島、請島などがある。本島の面積712.38平方キロメートル、島の最高点は湯湾岳の694メートル。本島と加計呂麻島はリアス式の海岸線を有し、極度に屈曲に富む。このような地形であるため、北部の笠利半島付近を
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る