1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 日本の史跡
  10. >
  11. 小豆坂古戦場
日本歴史地名大系

小豆坂古戦場
あずきさかこせんじよう

[現]岡崎市羽根町 小豆坂

羽根はね地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」「朝野旧聞〓藁」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥あんしよう(現安城市)を攻撃し、兵をすすめて尾張への進攻をめざした。これに対して織田信秀は弟信康・信光らと矢作川を渡って上和田かみわだに陣をしいて今川の軍を迎え討った。両軍は討って出て小豆坂で死闘を繰返した。結果は今川氏は織田氏に尾張進出を阻止されて駿河に帰った。また「松平記」「武家事紀」などによると、同一七年三月、今川・織田の両軍は再び小豆坂で激突し、戦況は一進一退、雌雄を決することができず、両者の対決はのちの桶狭間おけはざまの合戦にまで持込まれることになった。

小豆坂付近には今川の軍が引揚げるにあたって槍を洗ったという槍洗やりあらい池をはじめとして足軽あしがる塚・かぶと谷などの戦跡が多く伝えられている。また、切通の丘の上に小豆坂古戦場の石碑が立っている。永禄六年(一五六三)一〇月、三河一向一揆が起こるや、針崎はりさきの一揆は岡崎城を攻めるために翌年正月、小豆坂に進出し、この地で一揆とこれを阻止せんとする大久保一党および家康の軍が衝突、戦闘が行われた。家康自ら一揆と槍を交えたと伝えられている。

菅江真澄は「筆のまにまに」に、「この麝香つか絵女房山に並て小豆坂あり、千人塚あり。みな軍記にある戦場なり。七月十六日の夜は、そのあたりの人々亡霊まつるとて手ごとに巨松まつ振りかざしあまたうちむれのぼる也。千人塚は千人の頭埋ミし処といふ。此塚は大樹寺にもありて不断念仏堂あり。三年に一度回向あれば、その仏舎を千日寺といふ」と記している。

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
小豆坂古戦場の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 2
検索コンテンツ
1. あずきさかこせんじょう【小豆坂古戦場】愛知県:岡崎市/羽根村
日本歴史地名大系
羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」「朝野旧聞〓藁」などによると ...
2. 小豆坂
日本大百科全書
1542年(天文11)と1548年の2回の戦いでも勝敗が決しなかった。「槍立松(やりたてまつ)」の石碑や「小豆坂古戦場」の碑などがある。伊藤郷平 ...
「小豆坂古戦場」の情報だけではなく、「小豆坂古戦場」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

小豆坂古戦場と同じ日本の史跡カテゴリの記事
大坂の陣(国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典)
関ヶ原の戦の戦勝により、政治の主導権を獲得し、かつ戦勝者として大名の支配を可能にした徳川氏にとっては、中央政権を樹立し、その支配権を正当化し確立することが今後の課題となった。そのため戦後一門・譜代大名の創出とその要衝配置、ならびに豊臣秀吉恩顧の大名をはじめとする外様大名
関ヶ原古戦場跡(日本歴史地名大系)
慶長五年(一六〇〇)九月一五日に行われた徳川家康の率いる東軍と石田三成の率いる西軍との合戦場跡。決戦は東西約四キロ、南北約二キロ、標高一三〇メートルの関ヶ原台地で展開され、この戦いに勝利したことで家康は事実上天下の支配者となり、慶長八年の征夷大将軍補任によって名目上からも全国統一の権威をもった
桶狭間古戦場伝説地(日本歴史地名大系)
[現]豊明市栄町 南舘名鉄本線中京競馬場前駅(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間が多く、豊明市内には大狭間・小廻間の地名が多い。狭間(廻間)というのは「はさまった間」を意味するといわれ、国史跡指定地は谷あいにある。
小豆坂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]岡崎市羽根町 小豆坂 羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥城(現安城市)を攻撃し
新沢権現堂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが
日本の史跡と同じカテゴリの記事をもっと見る


「小豆坂古戦場」は戦争に関連のある記事です。
その他の戦争に関連する記事
粟ノ巣古戦場跡(日本歴史地名大系)
[現]二本松市沖 天正一三年(一五八五)一〇月に畠山氏と伊達氏の戦いがあり、畠山義継と伊達輝宗がともに死亡した所。塩松を支配下に置いた伊達政宗と講和するため畠山義継は小浜上館(現岩代町)で輝宗に対面するが、流言にまどわされて輝宗を捕らえ二本松に帰る途上であった。
新沢権現堂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが
小豆坂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]岡崎市羽根町 小豆坂 羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥城(現安城市)を攻撃し
第二次世界大戦(日本大百科全書(ニッポニカ))
第二次世界大戦とは、一般には、1939年9月の英独戦争に始まり、1941年6月の独ソ戦争、同年12月の太平洋戦争を経て、1945年5月ドイツの、同年8月日本の降伏で終わる戦争をいう。この戦争に先だつ第一次世界大戦は、ヨーロッパを舞台とし、1914年8月、ヨーロッパ諸国がイギリス・フランス・ロシアの
第一次世界大戦(日本大百科全書(ニッポニカ))
第一次世界大戦(以下、大戦と略記する)は、1914年から1918年まで、計25か国が参加してヨーロッパを主戦場として戦われた戦争である。主要な強国のほとんどすべてを巻き込んでおよそ4年半の長期間に及び、しかも複雑多岐にわたる問題を当初からはらんで行われた戦争の性格を考えて、本項では、以下の構成をとった。
戦争に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る