1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 日本の史跡
  10. >
  11. 新沢権現堂古戦場
日本歴史地名大系

新沢権現堂古戦場
あらさわごんげんどうこせんじよう

[現]大内町新沢

新沢しんさわの八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが(大内村郷土誌)、いまは杉林となる。

天正一〇年庄内しようない(現山形県)の大宝寺義氏と安東愛季が由利に兵を進め激しく戦った。新沢権現堂はその時の合戦場の一つである。戦闘の詳細は記録がないが、愛季に加勢して戦功をたてた一部式部少輔宛軍忠状(秋田藩家蔵文書)が渡された。

天正拾年、新沢陣於権現堂敵夜責成候処、其方依働無比類、館堅固ニ持置、剰敵数多討捕候、祝着之余一筆如此候、後も弥走廻候者、勿論可加懇意候、仍如件、
  三月九日           愛季(黒印)
一部式部少輔殿

また、天正一一年正月と推定される大宝寺義氏書翰(秋田藩家蔵文書)に「早春四月荒沢之城及行、外構悉打破焼払而、実城斗ニ成候」ともあり、新沢合戦が相当激しいものであったことがわかる。

一部式部少輔は佐竹氏の陪臣系図(県立秋田図書館蔵)に「中津川氏臣ナリ、伝テ羽州秋田二部ノ邑半ヲ領ス、因テ一部氏ヲ称ス、天正十年新沢権現堂ノ館ニ於テ戦功アリ、秋田愛季感書ヲ授ク、天正十八年七月二十二日湊ニ於テ戦没」とあり、その後子孫は佐竹氏の重臣梅津政景の家臣となった。

新沢館主の小助川治部少輔は赤尾津左衛門とも号し、その子の赤尾津孫次郎は慶長初年まで当地に住んだが、慶長五年(一六〇〇)の関ヶ原合戦の際に「最上家に属し、会津表上杉景勝を押て功あり」とあり、同六年常陸国へ所替になったという(小助川氏系図)。宝永七年(一七一〇)の御巡見様御案内ニ付留書覚印牒(大内町文化財資料)には、「駒なかせ 麓 同所古館 大井孫次郎と申人居被申候由、北南に四拾間程 西東に拾五間程」とあり、小助川氏系図に赤尾津の本名は大井とあるので、赤尾津孫次郎と大井孫次郎は同一人物をさすと思われる。

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
新沢権現堂古戦場の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1
検索コンテンツ
1. あらさわごんげんどうこせんじょう【新沢権現堂古戦場】秋田県:由利郡/大内町/麓村
日本歴史地名大系
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川 ...
「新沢権現堂古戦場」の情報だけではなく、「新沢権現堂古戦場」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

新沢権現堂古戦場と同じ日本の史跡カテゴリの記事
大坂の陣(国史大辞典・世界大百科事典・日本国語大辞典)
関ヶ原の戦の戦勝により、政治の主導権を獲得し、かつ戦勝者として大名の支配を可能にした徳川氏にとっては、中央政権を樹立し、その支配権を正当化し確立することが今後の課題となった。そのため戦後一門・譜代大名の創出とその要衝配置、ならびに豊臣秀吉恩顧の大名をはじめとする外様大名
関ヶ原古戦場跡(日本歴史地名大系)
慶長五年(一六〇〇)九月一五日に行われた徳川家康の率いる東軍と石田三成の率いる西軍との合戦場跡。決戦は東西約四キロ、南北約二キロ、標高一三〇メートルの関ヶ原台地で展開され、この戦いに勝利したことで家康は事実上天下の支配者となり、慶長八年の征夷大将軍補任によって名目上からも全国統一の権威をもった
桶狭間古戦場伝説地(日本歴史地名大系)
[現]豊明市栄町 南舘名鉄本線中京競馬場前駅(名古屋市緑区)南方二〇〇メートルの、国道一号を横断した所にある。国指定史跡。この辺りは知多半島に続く丘陵地で谷間が多く、豊明市内には大狭間・小廻間の地名が多い。狭間(廻間)というのは「はさまった間」を意味するといわれ、国史跡指定地は谷あいにある。
小豆坂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]岡崎市羽根町 小豆坂 羽根地籍東方の丘陵地。松の木立に覆われた起伏の多い一帯が今川義元と織田信秀の軍が激しく戦った小豆坂古戦場である。「信長記」などによると、天文一一年(一五四二)八月、今川義元は駿遠三の兵を率いて、当時織田信秀の支配下にあった安祥城(現安城市)を攻撃し
新沢権現堂古戦場(日本歴史地名大系)
[現]大内町新沢 新沢の八幡神社の背後に館跡があり、権現堂ノ館・荒沢之城・新沢館・小助川館などとよばれ、元亀―天正(一五七〇―九二)の頃に矢島大井氏の一族小助川治部少輔が居館を構えていたという(「小助川氏系図」由利郡中世史考)。館の広さは東西一〇〇間、南北三〇間であったが
日本の史跡と同じカテゴリの記事をもっと見る


「新沢権現堂古戦場」は戦争に関連のある記事です。
その他の戦争に関連する記事
方広寺鐘銘事件(国史大辞典)
豊臣秀頼による方広寺大仏殿再興に際しひき起され、大坂冬の陣の原因の一つとなった事件。豊臣秀頼は、亡父秀吉追善供養のため、慶長七年(一六〇二)、方広寺大仏殿(東山大仏堂)の再建に着手したが、年末の失火で頓挫、あらためて片桐且元を奉行に七年後に事業を再開、同十五年六月
関ヶ原の戦い(日本大百科全書(ニッポニカ))
1600年(慶長5)9月、徳川家康の率いる東軍と、石田三成を中心とする西軍によって、美濃国関ヶ原(岐阜県不破郡関ヶ原町)で行われた「天下分け目」の戦い。 [岡本良一]三成挙兵 1598年(慶長3)豊臣秀吉が死ぬと、豊臣政権はたちまち内部分裂の兆しをみせ始めた。秀吉は生前から、家康の
島原の乱(島原・天草一揆)(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
江戸時代初期、松倉勝家領の肥前国島原と同国唐津寺沢堅高領の肥後国天草の領民が連帯し、少年益田(天草)四郎時貞を盟主に蜂起し、島原の原城にたてこもって幕府・諸藩兵と戦い、全員誅殺された大農民一揆。天草一揆ともいう。この一揆に対する
生田万の乱(国史大辞典・日本大百科全書)
天保八年(一八三七)六月一日の明け方、平田篤胤の元塾頭生田万らが桑名藩領柏崎陣屋(新潟県柏崎市)に乱入した事件。柏崎騒動ともいう。柏崎陣屋は桑名藩の越後領四郡六万石の総支配所で、大役所・預役所・刈羽会所の三役所があり、郡代以下五十数名で領政を担当していた。
大塩平八郎の乱(日本大百科全書(ニッポニカ))
江戸後期、大坂で大塩平八郎らが救民のため挙兵した反乱。1828年(文政11)の九州大洪水より、断続的に天災による諸国異作が続き、36年(天保7)は未曽有の大飢饉であった。この打ち続く凶作・飢饉により米価高騰し、大坂市中には飢餓による死者が続出する。
戦争に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る