1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 遺跡
  8. >
  9. 寺・神社・教会
  10. >
  11. 大浦天主堂
国史大辞典
大浦天主堂
おおうらてんしゅどう
長崎市南山手町にある日本最初のカトリック教会堂。文久三年(一八六三)長崎に渡来したプティジャンB.T.PetitjeanはフューレL.T.Furetと協力、安政五箇国条約により在日フランス人のための聖堂建築に着手し、慶応元年正月二十四日(一八六五年二月十九日)竣工した。聖堂は中国風に天主堂と称され、慶長元年十二月(一五九七年二月)日本最初の大殉教をとげた二十六聖人に奉献された。中央と左右に塔を有する木造ゴシック風建築であったが、明治八年(一八七五)ポワリエJ.B.Poirierの設計により大改造が行われ、塔は中央の一基のみとなり外壁を煉瓦造り、石灰塗りに改め、現状となった。ステンド=グラスは昭和二十年(一九四五)原爆のため破壊したが、現在は補修されている。昭和八年現存する洋風建造物最古のものとして国宝に指定され、同二十八年改めて指定を受けた。壁画に「二十六聖人殉教図」、元和六年(一六二〇)長崎西坂で殉教の「五十五福者殉教図」があるほか、重要文化財キリシタン版『珠冠のまぬある』などを保管する。また右側小祭壇の聖母子像は、慶応元年二月二十日(陽暦三月十七日)浦上の隠れキリシタンらがフランス寺見物と称して訪ね来り、「サンタマリヤの御像は」と尋ねたことから、旧キリシタンの発見・復活を導いた記念物として著名。玄関正面の聖母像はその信徒発見を記念して同三年フランスからとり寄せたものである。
[参考文献]
片岡弥吉『長崎の殉教者』(『角川選書』三三)、桐敷真次郎『大浦天主堂』
(海老沢 有道)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

大浦天主堂と同じ寺・神社・教会カテゴリの記事
興福寺(国史大辞典)
奈良市登大路町にある法相宗大本山。南都七大寺の一つ。寺伝では「こうぶくじ」という。縁起によると、天智天皇八年(六六九)藤原鎌足の死去に際し、妻の鏡女王が鎌足の念持仏の釈迦丈六像などを祀る伽藍をその山階(山科)邸に設けたのに始まり(山階寺)、その子不比等によって藤原京の厩坂に移遷(厩坂寺)
東大寺(国史大辞典)
奈良市雑司町にある華厳宗の総本山。大華厳寺・金光明四天王護国寺・総国分寺などの別称がある。南都七大寺・十三大寺・十五大寺の一つ。東大寺の寺号は平城京の東方にある大寺を意味し、『正倉院文書』の天平二十年(七四八)五月の「東大寺写経所解案」に初見するが
法隆寺(日本大百科全書(ニッポニカ))
奈良県生駒(いこま)郡斑鳩(いかるが)町にある聖徳(しょうとく)宗総本山。斑鳩寺(鵤寺、伊可留我寺とも書く)、法隆学問寺などの異称がある。南都七大寺の一つ。草創の由来は、金堂の薬師如来坐像(やくしにょらいざぞう)光背銘によると、用明(ようめい)天皇が病気平癒を念じ
龍潭寺(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。県道引佐―舘山寺(かんざんじ)線の西側の小丘陵上に位置する。臨済宗妙心寺派。山号は万松山、本尊は行基作と伝える虚空蔵菩薩。元文六年(一七四一)に気賀(けが)関所(現細江町)に差出した御要害村寺院縁寿録(山本家文書)によると、天平五年(七三三)に行基が地蔵寺を開創、のち自浄(じじよう)院と改号した
渭伊神社(日本歴史地名大系)
[現]引佐町井伊谷。井伊谷(いいのや)の北西端に鎮座する。社域西側を神宮寺(じんぐうじ)川が半円を描いて流れ、杉・檜・楠の古木が社叢をなす。祭神は品陀和気命・息気長足姫命・玉依姫命。旧郷社。「延喜式」神名帳にみえる引佐郡六座のうちの「渭伊(イイノ)神社」に比定される。
寺・神社・教会と同じカテゴリの記事をもっと見る


「大浦天主堂」は世界遺産に関連のある記事です。
その他の世界遺産に関連する記事
沖ノ島(改訂新版・世界大百科事典)
高知県南西部,宿毛湾口に浮かぶ島。面積10.5km2。全島花コウ岩よりなり,アコウ,ビロウなどの亜熱帯植物が繁茂する。海岸は海食崖が広く,海食洞もみられ,足摺宇和海国立公園に属する。周囲の海域は好漁場をなし漁業が中心で,集落は急傾斜地に階段状に立地する。
沖ノ島祭祀遺跡(日本歴史地名大系)
[現]大島村沖之島 沖ノ島の南部に宗像大社三宮のうち沖津宮がある。沖津宮背後の谷部に山頂などから崩落してきた巨岩が多数あり、そこを中心に祭祀遺跡が形成されている。四世紀後半から九世紀代までの約四〇〇年にわたり国家的な祭祀が行われた。
新原・奴山古墳群(日本歴史地名大系)
[現]津屋崎町勝浦・奴山 津屋崎町のほぼ中央部に位置し、標高一〇―三〇メートル、長さ一キロの細長い台地上に分布する古墳時代中期―終末期の古墳群。昭和五一年に一―四号墳、同五五年に五―六号墳の発掘調査が実施され、同六〇年から四ヵ年で前方後円墳五・方墳一・円墳四四が確認された。
宗像大社(日本大百科全書(ニッポニカ))
記紀神話で、天照大神と素戔嗚尊との誓約の条に出現した3女神。湍津姫は中津宮(福岡県宗像市神湊の沖約7キロメートルの大島)、市杵嶋姫(狭依姫)は辺津宮(宗像市田島)に、田心姫(多紀理毘売、奥津島姫)は沖津宮(大島の沖約48キロメートルの沖島)にそれぞれ鎮座する。
宗像神(日本大百科全書(ニッポニカ))
記紀神話で、天照大神と素戔嗚尊との誓約の条に出現した3女神。湍津姫は中津宮(福岡県宗像市神湊の沖約7キロメートルの大島)、市杵嶋姫(狭依姫)は辺津宮(宗像市田島)に、田心姫(多紀理毘売、奥津島姫)は沖津宮(大島の沖約48キロメートルの沖島)にそれぞれ鎮座する。
世界遺産に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
大浦天主堂の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 85
検索コンテンツ
1. 大浦天主堂画像
日本大百科全書
月、浦上(うらかみ)村民の一団が大浦天主堂にプチジャン司教を訪ね、カトリックの信者であることを告白した。これが「信徒発見」とよばれる歴史的事件である。大浦天主堂 ...
2. 大浦天主堂[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
国宝 長崎県長崎市 〓一般社団法人長崎県観光連盟 ...
3. 大浦天主堂
世界大百科事典
長崎市南山手町にあるカトリック教会堂。1597年(慶長2)の長崎における殉教者に奉献され,〈二十六聖殉教者堂〉と命名されている。現存する日本最古の洋風建造物で, ...
4. おおうら‐てんしゅどう【大浦天主堂】画像地図
デジタル大辞泉
長崎市南山手町にあるゴシック風のカトリック教会堂。日本現存最古の洋風建築で、二十六聖人殉教記念聖堂として元治元年(1864)完成。明治初期に改築。国宝。  ...
5. おおうら‐てんしゅどう[おほうらテンシュダウ]【大浦天主堂】
日本国語大辞典
長崎市南山手町にある日本最古のカトリック教会堂。元治元年(一八六四)、フランス人宣教師フューレとプチジャンが建設。ゴシック様式で木造。明治八年(一八七五)外壁を ...
6. おおうらてんしゅどう【大浦天主堂】
国史大辞典
寄せたものである。 [参考文献]片岡弥吉『長崎の殉教者』(『角川選書』三三)、桐敷真次郎『大浦天主堂』 (海老沢 有道)  ...
7. おおうらてんしゅどう【大浦天主堂】長崎県:長崎市/長崎町/南山手町
日本歴史地名大系
[現]長崎市南山手町 カトリック教会堂。国宝。安政五年(一八五八)の日仏修好通商条約第四条によりパリ外国宣教会から長崎市に派遣されたヒュレ神父は、文久三年(一八 ...
8. 大浦天主堂
日本史年表
1865年〈慶応元(4・7) 乙丑⑤〉 1・24( 2・19 ) 長崎 大浦天主堂 (フランス人フューレ設計)、完成し献堂式挙行(新長崎年表)。  ...
9. あべしんぞう【阿部真造】
国史大辞典
天保二年(一八三一)長崎八百屋町に生まれ(『大隈文書』)、家職の唐通事筆者となったが、故あって失職。受洗して大浦天主堂に隠れ、阿部新造、のちに真造と名乗り、プチ ...
10. アメリカ彦蔵自伝 2 162ページ
東洋文庫
いわゆる「浦上四番くずれ」である。    長崎ではフランス人の手によって、一八六五年(慶応元年)に大浦天主堂が建てられた。そこへ参詣して、みずからキリシタンたる ...
11. ありえまちむら【有家町村】長崎県:南高来郡/有家町
日本歴史地名大系
七〇余名がそこで学び、慶長元年・同二年には銅版画「聖家族」「セビリヤの聖母」が印刷されている(大浦天主堂に保存)。同所に箱形で丸形花十字を陽刻するものと、庵形干 ...
12. うらかみきょうかい【浦上教会】長崎県:長崎市/里村
日本歴史地名大系
(一八五六)と信徒が捕縛され、入牢させられた。元治二年(一八六五)二月二〇日(三月一七日)大浦天主堂を訪ねた浦上キリシタンがプチジャン神父に信仰を表明し、カトリ ...
13. うらかみきょうとじけん【浦上教徒事件】
国史大辞典
そかに信仰を伝えた浦上村山里(長崎市)の村民は、慶応元年二月二十日(一八六五年三月十七日)大浦天主堂で、神父との出会いを実現した後、表面仏教、内心キリシタンとい ...
14. うらかみくずれ【浦上崩】
国史大辞典
た宗教崇敬物が東京国立博物館にある。 (四)浦上四番崩  慶応元年正月(一八六五年二月)、大浦天主堂の献堂式があげられ、二月二十日(陽暦三月十七日)には、天主堂 ...
15. 浦上崩れ
世界大百科事典
1867年(慶応3)勃発。信徒がキリシタン信仰を表明して寺請制度を拒否,68名が逮捕されたのに始まる。2年前大浦天主堂で再渡来した神父と出会い,表面仏教という潜 ...
16. うらかみ‐てんしゅどう【浦上天主堂】画像地図
デジタル大辞泉
長崎市浦上にあるカトリックの大聖堂。大正3年(1914)にほぼ完成。大浦天主堂とともに二大天主堂といわれる。原爆により全壊。昭和34年(1959)再建された。  ...
17. うらかみてんしゅどう【浦上天主堂】
国史大辞典
長崎市浦上のカトリック教会堂。江戸時代潜伏を続けて来た浦上キリシタンらは慶応元年(一八六五)大浦天主堂を訪れ、先祖伝来の信仰を表明、いわゆるキリシタンの復活を見 ...
18. うらかみよんばんくずれ【浦上四番崩】 : 浦上崩/(四)
国史大辞典
(四)浦上四番崩  慶応元年正月(一八六五年二月)、大浦天主堂の献堂式があげられ、二月二十日(陽暦三月十七日)には、天主堂内で神父と信徒の出会いが行われて、潜 ...
19. うらかわ-わさぶろう【浦川和三郎】
日本人名大辞典
1876−1955 明治-昭和時代のカトリック神父。明治9年4月6日生まれ。39年司祭となる。長崎大浦天主堂主任司祭などをへて昭和3年母校の長崎公教神学校長。1 ...
20. 大浦(長崎市)画像
日本大百科全書
建築物が残り、旧グラバー邸、旧オルト邸、旧リンガー邸の異人館(ともに国指定重要文化財)や、大浦天主堂(国宝)が著名である。「長崎市東山手」「長崎市南山手」は、そ ...
21. おおうら[おほうら]【大浦】
日本国語大辞典
長崎市の地名。長崎港の東側の斜面を占め、幕末から外国人居留地となる。オランダ風住宅や石畳が残る。大浦天主堂、グラバー旧邸がある。*俳諧・渡鳥集〔1704〕夜・入 ...
22. 隠れキリシタン
世界大百科事典
の潜伏形態を続けている人々をいう。同じように潜伏して信仰を伝承しながら1865年(慶応1)大浦天主堂で再渡来したフランス人神父プティジャンと出会い,近代カトリッ ...
23. かとりっくきょう【カトリック教】 : キリスト教
国史大辞典
はじめて横浜に天主堂を建立した。また慶応元年(一八六五)プティジャンB.T.Petitjeanは長崎大浦天主堂(国宝)を建立。キリシタン後裔を発見、いわゆるキリ ...
24. カトリック教会
日本大百科全書
こだて)に渡来、62年(文久2)には横浜に最初の教会が建てられた。1865年(慶応1)長崎大浦天主堂でキリシタンの子孫が発見された。 1876年(明治9)日本カ ...
25. かみのしまきょうかい【神ノ島教会】長崎県:長崎市/神ノ島
日本歴史地名大系
が潜伏組織をもって信仰を伝承していた(「耶蘇教諜者報告書」大隈文書)。元治二年(一八六五)大浦天主堂でのいわゆる信徒発見に伴い、水方の政吉・兄忠吉らが潜伏キリシ ...
26. きしくむら【岐宿村】長崎県:南松浦郡/岐宿町
日本歴史地名大系
)からキリシタンが移住したと伝える(岐宿村郷土史)。慶応二年水ノ浦のキリシタン三名が長崎の大浦天主堂に現れ、その信仰を公にしたが、明治二年一月水ノ浦・楠原でキリ ...
27. キリシタン画像
日本大百科全書
保持する人々がいた。これらの人々を一般には「隠れキリシタン」と称している。1865年(慶応1)長崎大浦天主堂に浦上の隠れキリシタンが訪れて信仰を告白した。ほかに ...
28. キリシタンいぶつ【吉利支丹遺物】画像
国史大辞典
また狩野良庵・土佐道味らキリシタン画人の名が伝えられている。しかし作品と明確には結びつかない。代表的遺物に大浦天主堂蔵および東家発見の「聖母マリア十五玄義図」、 ...
29. キリシタン関係主要人名
日本大百科全書
(1829―84) フランス生まれ。1863年(文久3)パリ外国宣教会司祭として来日。65年(慶応1)大浦天主堂で浦上(うらかみ)の潜伏キリシタンを発見した。翌 ...
30. キリシタンのふっかつ【キリシタンの復活】
国史大辞典
れた。当時フランス寺と呼びならわされていた日本二十六聖人教会である。いま地名に因んで一般に大浦天主堂といわれる。同年二月二十日(一八六五年三月十七日)浦上村山里 ...
31. キリシタンの復活[宗教]
イミダス 2016
dée Petitjean 1829~84 プチジャン神父)によって、長崎に大浦天主堂が建立されたが、同年3月17日、これまで潜伏していた浦上の隠れキリシタン( ...
32. 吉利支丹文学集 1 83ページ
東洋文庫
時々信徒の存在の発覚することはあったが、一八六五年(慶応元年)三月、長崎に約三百年ぶりで設立せられた大浦天主堂において、フランス人宣教師プチジャンは、この長い間 ...
33. 吉利支丹文学集 1 90ページ
東洋文庫
一四  ?・長崎長崎京都長崎(長崎)ウルーズ図書館(フランス)。 イエズス会文庫(・ーマ)大浦天主堂(長崎)。東洋文庫(国字写本)東洋文庫。ポール・C・ブラム( ...
34. 吉利支丹文学集 1 92ページ
東洋文庫
字一六…=ハ…宍三二ローマローマローマ東洋文庫。上智大学。東京大学。京都大学。天理図書館。大浦天主堂。吉浦盛純上智大学。東京大学。京都大学。天理図書館。日独協会 ...
35. 吉利支丹文学集 1 109ページ
東洋文庫
プチジャン司教は、一八六九年(明治二年)六月二十九日、マニラのフランシスコ会員から本書を贈られた。長崎大浦天主堂に現存するが、これは世界に唯一部あるのみである。 ...
36. 吉利支丹文学集 1 143ページ
東洋文庫
文久二年(一八六二年)横浜に初めて天主堂を建てた。プチジャン師は翌年長崎に着任、更にその翌一八六四年末には大浦天主堂が竣功した。慶応元年(一八六五年)三月、三百 ...
37. キリシタン用語集
日本大百科全書
ロザリオの組、セスタ講などがある。信徒発見(しんとはっけん) 1865年(慶応1)3月17日、大浦天主堂で浦上(うらかみ)の潜伏キリシタンたちがプチジャン神父に ...
38. キリスト教画像
日本大百科全書
1859年(安政6)の宣教復活に及んだ。1865年(慶応1)には、その前年建設された長崎の大浦天主堂で、隠れキリシタンが公に信仰を表明した。これを「復活キリシタ ...
39. キリストきょう【キリスト教】画像
国史大辞典
はじめて横浜に天主堂を建立した。また慶応元年(一八六五)プティジャンB.T.Petitjeanは長崎大浦天主堂(国宝)を建立。キリシタン後裔を発見、いわゆるキリ ...
40. きりふるさとごう【桐古里郷】長崎県:南松浦郡/若松町
日本歴史地名大系
桐の出身という。与作は慶応元年頃に負傷した体の養生のため長崎に滞在していたが、フランス寺(大浦天主堂)を見てそれまで隠れて礼拝してきたマリア像があることに驚き、 ...
41. くろさききょうかい【黒崎教会】長崎県:西彼杵郡/外海町/黒崎村
日本歴史地名大系
慶応三年(一八六七)のいわゆる信徒発見のあと、明治三年(一八七〇)まで下黒崎の湯穴に仮聖堂があり、大浦天主堂(現長崎市)の宣教師が巡回していたとされる。同一二年 ...
42. くろしまきょうかい【黒島教会】長崎県:佐世保市/黒島
日本歴史地名大系
古里・日数・根谷・名切・田代・蕨の集落は潜伏キリシタンが開いたとされる。元治二年(一八六五)大浦天主堂(現長崎市)でのいわゆる信徒発見のあと、当地の潜伏キリシタ ...
43. クーザン
日本人名大辞典
崎に派遣され,布教にあたる。明治2年大阪にうつり,川口教会を創立。24年初代長崎司教として大浦天主堂に着任し,日本人司祭の養成,教会設立につくした。明治44年9 ...
44. 迎賓館赤坂離宮[イミダス編 文化・スポーツ]
イミダス 2016
明治以降の近代建築としては初、洋風建築としても江戸時代末期の1864年(元治元)に竣工した長崎の大浦天主堂に次ぎ2例目の国宝となる。赤坂離宮は毎年夏季に一般公開 ...
45. ごとう【五島】長崎県:南松浦郡
日本歴史地名大系
来てみて地獄」と言われたように、山間の痩地などが対象であったから移住後の開拓は苦難に満ちていた。長崎の大浦天主堂でのいわゆる信徒発見に伴い、明治元年(一八六八) ...
46. ごりょうむら【御領村】熊本県:天草郡/五和町
日本歴史地名大系
を出 同所百姓勝之丞ト云者あり当時天草島第一ノ富家なりト云」とある。小山清四郎は肥前長崎の大浦天主堂をはじめ洋風建築を請負った小山秀之進の父、勝之丞は幕府御勘定 ...
47. ごりんきょうかい【五輪教会】長崎県:福江市/蕨村
日本歴史地名大系
寛政年間(一七八九―一八〇一)大村領外海からキリシタンの移住があったとされる。元治二年(一八六五)大浦天主堂(現長崎市)でのいわゆる信徒発見のあと、明治元年(一 ...
48. しもむら-てつのすけ【下村鉄之助】
日本人名大辞典
?−? 幕末-明治時代のキリシタン。元治(げんじ)2年(1865)長崎の大浦天主堂のプチジャン神父に,先祖代々肥前五島(長崎県)の隠れキリシタンであったことを告 ...
49. すぎもと-ゆり【杉本ゆり】
日本人名大辞典
タン。文化10年生まれ。肥前彼杵(そのぎ)郡(長崎県)浦上村の助産婦で,元治(げんじ)2年大浦天主堂でプチジャン神父に「ワレラノムネ アナタトオナジ」と最初に話 ...
50. だいみょうじきょうかいあと【大明寺教会跡】長崎県:西彼杵郡/伊王島町/伊王島村
日本歴史地名大系
崎市)・黒崎(現外海町)からのキリシタンが来住して潜伏していたとされ、元治二年(一八六五)大浦天主堂(現長崎市)でのいわゆる信徒発見に伴い、一〇〇戸中九〇戸が新 ...
「大浦天主堂」の情報だけではなく、「大浦天主堂」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る