1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. キリシタン
  10. >
  11. キリシタン
日本大百科全書(ニッポニカ)
キリシタン
きりしたん

戦国時代の末期から江戸時代における日本人キリスト教(カトリック)信者。キリシタンの語はポルトガル語のchrist〓o, crist〓o(キリスト教徒)に由来する。キリシタン信仰、またはキリシタン宗門は同じくポルトガル語からキリシタンダアデと称された。フランシスコ・ザビエル以後、初期のキリスト教の布教はポルトガル国王の保護権下に行われ、教会用語はラテン語とポルトガル語であったから、日本人の改宗者はキリシタンとよばれた。これを漢字で表す場合に、「吉利支丹」「貴利支丹」「貴理師端」「幾里志丹」などの例がみられるが、1680年(延宝8)以後は、徳川5代将軍綱吉の諱(いみな)を避けて「吉」を用いなくなった。またキリシタン宗門は幕府が厳禁するところであったから、キリシタンには「切支丹」「鬼里至端」「切死端」「毀理至炭」といった悪意や憎悪を交えた表現が諸文献にみえる。
[松田毅一]

歴史

キリシタンの歴史は東西交渉史の一こまであるから、世界的視野から叙述されるべきであるが、史料が西洋側に圧倒的に多いことや、研究者にヨーロッパ人が多かったこともあって、西洋史の観点から扱われる傾向があった。また、この歴史はカトリック教会史に違いなく、その観点からは、司教区史として、ゴア司教区に属していた第1期、マカオ司教区に属した第2期、日本に独自の司教が任命されるようになった第3期と分けることもできる。さらに日本史の観点からは、戦国時代末期、安土桃山(あづちももやま)時代、江戸時代でくぎることも可能である。だがキリシタンの歴史を独自のものとみなし、主として史実の経過からくぎるならば次のようになる。
 すなわち、第1期は1549年(天文18)から1587年(天正15)までで、布教が公認された時代。この間、足利(あしかが)将軍義輝(よしてる)、織田信長、羽柴秀吉(はしばひでよし)らによってキリシタンの布教が認められ、西日本各地にキリシタンの集団が形成された。第2期は1587年から1614年(慶長19)までの27年間で、布教黙認の時代といいうる。すなわち、豊臣秀吉(とよとみひでよし)がバテレン(宣教師)追放令を発令してから、江戸幕府がバテレンらを実際に国外追放し、かつキリシタンの禁令を発布するまでで、この間、キリシタン宗門は黙認されており、信徒の数ももっとも多かった。第3期は1614年から1640年(寛永17)までで、禁教と迫害の時代である。この時代の終わりには、宣教師はすべて処刑されたり投獄されたし、キリシタン信徒も公然と信仰を表明する者はなくなった。したがってキリシタンの布教史はこの1640年ごろで終わるといえる。ただし1708年(宝永5)にはマニラから単身で屋久島(やくしま)に潜入してきたイタリア出身の司祭ジョバンニ・バッティスタ・シドッチがいる。またキリシタンの子孫はなお大ぜいいて、キリシタンの信仰が彼らの間でまったく消滅したのでもない。そのために幕府当局は、1640年以後もなおキリシタン信仰を殲滅(せんめつ)し根絶させるために種々の手段を講じた。
 すなわち幕府は元和(げんな)(1615~24)から寛永(かんえい)(1624~44)にかけて踏絵(ふみえ)や宗門改(しゅうもんあらため)の制度を設け、さらにはキリシタンの密告を奨励する高札を掲げた。1640年宗門改役に任ぜられた井上筑後守(ちくごのかみ)は江戸と長崎の間を往来しつつキリシタンの殲滅に専念し、嫌疑者を訴え出ることを奨励したので、全国各地からおびただしい人々が告訴された。だが彼らは訴えられたときには、ほとんどすべてすでに棄教していた。井上筑後守の代に大ぜいがキリシタンの科(とが)で処刑されているが、彼らは嫌疑が完全に晴れないために処刑されたのであり、なかにはキリシタン関係の遺物をたまたま所持していたなどの理由で、見せしめのために罰せられた者もいる。1658年(万治1)に北条安房守(あわのかみ)が宗門改役に就任し、1687年(貞享4)には、転宗者とその周辺、あるいは子孫のうちからキリシタン信仰に立ち返る者が出ないように厳重に監視しようとして、キリシタン類族制が施行された。他方、平戸(ひらど)や長崎、天草(あまくさ)方面には、集団的かつ組織的に、表面は仏教徒を装いながらキリシタン信仰を保持する人々がいた。これらの人々を一般には「隠れキリシタン」と称している。1865年(慶応1)長崎大浦天主堂に浦上の隠れキリシタンが訪れて信仰を告白した。ほかにも信徒の存在は判明したが、禁教策が続いていたため明治初年に至るまで信徒には新たな弾圧が加えられ、国際問題となった。そしてキリシタンの禁制が解けたのは1873年(明治6)のことであった。
[松田毅一]

布教

日本におけるキリシタン宗門、すなわちカトリックの布教は、イエズス会の創立者の一人であるフランシスコ・ザビエルによって開始された。彼のヨーロッパあての報告書は大きな影響を与え、その後日本へは優れたイエズス会の司祭(バテレン)や修道士(イルマン)が続々渡来した。しかし布教事業は容易にはかどらなかった。仏教や神道が日本の宗教界に揺るぎない地盤を築いていたほかに、日本語は南蛮のバテレンたちにとってあまりにもむずかしく、またポルトガルはすでに国力が衰えつつあったし、日本からは遠く隔たり、同国王は日本の教会を援助する義務があったが、それを果たさなかった。そのために在日イエズス会員は、マカオと日本間の、いわゆる南蛮貿易に投資し、その収益を布教費にあてざるをえなくなった。その一方、肥前では大村純忠(おおむらすみただ)、有馬義貞(ありまよしさだ)・晴信(はるのぶ)、豊後(ぶんご)では大友宗麟(おおともそうりん)らがキリシタンとなり、五畿内(ごきない)(大和(やまと)、山城(やましろ)、河内(かわち)、摂津(せっつ)、和泉(いずみ)の5か国)でも、宣教師たちは足利義輝(よしてる)、織田信長らから寵愛(ちょうあい)され、京都には南蛮寺(なんばんじ)も建てられて、有力な改宗者もしだいに数を増した。本能寺の変の翌年1583年(天正11)を例にとれば、当時のキリシタン信徒は約15万人、なかんずく約11万5000人が、下(しも)教区(大村、有馬、天草を中心とした地方)に集まっていた。
 豊臣秀吉は、天下人になってから当初数年は宣教師たちに好意を示していたが、1587年(天正15)からキリシタン宗門を弾圧し始めた。しかし秀吉は、南蛮貿易との関係もあって、宣教師たちが恭順の意を示すと、彼らが国内に在住していることを黙認した。そのために秀吉の晩年には、キリシタンの数はさらに増加して、25万人ぐらいに達したと推定される。またこの間、注目すべきことは、秀吉がフィリピン(呂宋(ルソン))に投降を勧告したことが動機となって、かの地から総督の使者、すなわち外交官の資格でドミニコ会やフランシスコ会の司祭が来日するようになったことである。これより先、ローマ法王グレゴリウス13世は、1585年1月(天正12年12月)日本の布教はイエズス会に限るとの勅書を発していたから、フィリピンから渡来したスペイン系の宣教師たちが日本で布教を開始すると、イエズス会員との間に激しい争いが起こり、その紛糾は迫害時代になってもなお継続した。ともかく、1596年(慶長1)に土佐の浦戸にスペイン船サン・フェリペ号が漂着したことから事態は急に悪化して、秀吉はフランシスコ会員6名と日本人20名(そのうち3名はイエズス会修道士)を1597年2月(慶長元年12月)に長崎の西坂で処刑した。「日本二十六聖人」殉教事件がこれである。
 豊臣秀吉の後継者となった徳川家康は、仏教徒として初めからキリシタン宗門を嫌悪していたが、対外交渉を円滑にするために、キリシタンの布教を黙認していた。家康は関ヶ原合戦の直前に、フランシスコ会のジェロニモに会い、日本とスペインの交渉、具体的には太平洋を隔てたメキシコと日本との間の貿易につき尽力を請うた。だがその後、彼の希望はかなえられず、フィリピンから続々宣教師が渡来するばかりであった。家康は1612年(慶長17)幕府の名でキリシタン宗門を禁じ、直轄領からそれを実行せしめ、1614年2月(慶長18年12月)、金地院崇伝(こんちいんすうでん)にキリシタン禁教令を起草させ、ついで、在日宣教師を長崎港から国外に追放した。そのときに、少なくとも37名のバテレン(司祭)が殉教を覚悟して、日本国内に踏みとどまった。その後は、国外から日本に潜入する者、検挙され、投獄され、処刑される者と、幕府とキリシタンの死闘が展開し、ついには日本の国内に1人の司祭も在住しない事態に立ち至る。
[松田毅一]

禁教の理由

日本が近世初期にキリスト教(当時の表現ではキリシタン宗門)を弾圧し、ついで厳禁した理由については従来いろいろ論じられてきたが、現今、このことでは内外の日本学者の見解は一致していると認められる。豊臣秀吉が1587年(天正15)に、いわゆる「バテレン追放令」を出したときに、そこで述べている、わが国は「神国」だからという理由は、国際的にも神学的にも通用しないが、宣教師たちやキリシタン大名が神社仏閣を破壊させたり、領民を強制的にキリシタンに改宗させたりすることは許しがたい、と指摘していることは当然である。秀吉はその後、フィリピンの総督にあてた書状において、「あなたがたはキリシタン宗門を広めることをもって、海外領土を獲得する一手段としているのであろう」と述べ、「日本においてあなたがたの国民がしているのと同じことを、日本人があなたがたの国で行うならば、あなたもこれを禁じるであろう」と述べている。秀吉や家康が、アステカ、インカの両国においてスペイン人征服者たちが行ったことの詳細を知らなかったとはいえ、また16世紀の終わりから17世紀の初めにおいて、スペイン人やポルトガル人が日本を軍事的に占領することが不可能であったとはいえ、日本の為政者として、キリシタンの布教には純然たる宗教的意図以外のものがあるとみなして、その布教を禁じたことは当然の処置であった。在日宣教師たちのなかには、布教事業が思うにまかせぬ焦燥感から、スペインの軍事力に頼って西日本のどこかを要塞(ようさい)化し教会の基地として、日本の政府当局に立ち向かおうというような不穏当な考えの者もいたし、事実、一時的にせよ、長崎の岬が教会領となり、要塞化されたこともあった。
 日本人は元来、多神教に慣れ、宗教的には甚だ寛容な国民である。したがって、キリシタン宗門が伝来してから当初数十年の間、同宗門は弾圧されはしなかった。それが、秀吉、家康の代に禁圧されるに至ったのには、それなりの理由があったといいうる。
 なお、キリシタンの数について宣教師の報ずるところは一致しておらず、なかには80万とか90万の数をあげている者もあるが、1610年(慶長15)にイエズス会員の指導下にあった日本人信徒数22万というのが信用される。したがって、もっとも多い年度には30万~40万ぐらいであったろう。
[松田毅一]

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

キリシタンと同じキリシタンカテゴリの記事
潜伏キリシタン(国史大辞典)
江戸幕府がキリスト教禁止令を出した慶長十八年(一六一三)から信仰を表明して復活した慶応元年(一八六五)までの約二百五十年間にわたり禁圧・迫害のため潜伏を余儀なくされたキリスト教信徒。宣教師の国外追放後も日本に残留潜伏した一部パードレ、イルマン
日本二十六聖人(日本大百科全書(ニッポニカ))
1597年2月5日(慶長元年12月19日)に長崎で豊臣秀吉の命令によって処刑されたカトリックの司祭、修道士、信徒。秀吉は1587年(天正15)に宣教師の国外追放を命じたが、イエズス会員は秀吉の感情を害さぬように慎重に行動したので、事態は穏便に経過していた。
シャビエル(フランシスコ・ザビエル)(国史大辞典)
一五〇六-五二。スペイン人イエズス会士。キリスト教(ローマ=カトリック)を日本に最初に伝えた。古記録には「しびえる」(寛永ころの日繰、祝日表)、「ジャヒエル」(『契利斯督(キリスト)記』)、「サベイリウス」(『西洋紀聞』)と表記され、現在もザビエル、ザベリオ
イエズス会(改訂新版・世界大百科事典)
カトリック教会内の司祭修道会の一つ。16世紀イグナティウス・デ・ロヨラによって創立された。耶蘇会とも書かれ,同会士はジェスイットJesuitとも呼ばれる。イグナティウスはマンレサの神体験後,パリ大学で出会った6人の同志P.ファーブル,ザビエル,D.ライネス,N.ボバディリャ
バテレン 【伴天連・破天連・頗姪連】(日本国語大辞典)
キリスト教が日本に伝来した当時の宣教師・神父に対する呼称。パーテレ。日本に伝来したキリスト教の俗称。また、その宗徒。バテレン宗。*俳諧・信徳十百韻〔1675〕「百姓等国の悪党数千人 伴天連吟味ありぬへら也」*放浪記〔1928〜29〕
キリシタンと同じカテゴリの記事をもっと見る


「キリシタン」は宗教に関連のある記事です。
その他の宗教に関連する記事
百万塔陀羅尼(日本大百科全書(ニッポニカ))
称徳(しょうとく)女帝(在位764~770)の発願で、奈良諸大寺に納められた三重小塔百万基の小木塔に収納した陀羅尼(経文)。世界最古の印刷物として有名である。765年(天平神護1)より770年(神護景雲4)まで数年をかけて完成した。露盤の内部に陀羅尼一巻を納めたもの。陀羅尼は唐の
キリシタン(日本大百科全書(ニッポニカ))
戦国時代の末期から江戸時代における日本人キリスト教(カトリック)信者。キリシタン信仰、またはキリシタン宗門は同じくポルトガル語からキリシタンダアデと称された。フランシスコ・ザビエル以後、初期のキリスト教の布教はポルトガル国王の保護権下に行われ、教会用語は
バテレン 【伴天連・破天連・頗姪連】(日本国語大辞典)
キリスト教が日本に伝来した当時の宣教師・神父に対する呼称。パーテレ。日本に伝来したキリスト教の俗称。また、その宗徒。バテレン宗。*俳諧・信徳十百韻〔1675〕「百姓等国の悪党数千人 伴天連吟味ありぬへら也」*放浪記〔1928〜29〕
イエズス会(改訂新版・世界大百科事典)
カトリック教会内の司祭修道会の一つ。16世紀イグナティウス・デ・ロヨラによって創立された。耶蘇会とも書かれ,同会士はジェスイットJesuitとも呼ばれる。イグナティウスはマンレサの神体験後,パリ大学で出会った6人の同志P.ファーブル,ザビエル,D.ライネス,N.ボバディリャ
シャビエル(フランシスコ・ザビエル)(国史大辞典)
一五〇六-五二。スペイン人イエズス会士。キリスト教(ローマ=カトリック)を日本に最初に伝えた。古記録には「しびえる」(寛永ころの日繰、祝日表)、「ジャヒエル」(『契利斯督(キリスト)記』)、「サベイリウス」(『西洋紀聞』)と表記され、現在もザビエル、ザベリオ
宗教に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
キリシタンの関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3959
検索コンテンツ
1. キリシタン画像
日本大百科全書
o(キリスト教徒)に由来する。キリシタン信仰、またはキリシタン宗門は同じくポルトガル語からキリシタンダアデと称された。フランシスコ・ザビエル以後、初期のキリスト ...
2. キリシタン
世界大百科事典
方1万であった。 豊臣秀吉とキリシタン 秀吉は当初キリシタンに好意的でオルガンティーノに大坂の地所を与え,86年クエリョを大坂城に引見した。87年当時のキリシタ ...
3. キリシタン[カタカナ語]
イミダス 2016
[Cristão 〈葡〉]【宗教】【歴史】16世紀に日本に伝えられたキリスト教(カトリック),およびその信者.吉利支丹,切支丹などの字を当てる.明治以降のキリ ...
4. キリシタン【吉利支丹/切支丹】
デジタル大辞泉
天文18年(1549)フランシスコ=ザビエルの布教以来、日本に広がったキリスト教(カトリック)、またその信徒。江戸幕府は邪宗として弾圧した。伝来の当初は南蛮宗・ ...
5. キリシタン【吉利支丹・切支丹】
日本国語大辞典
してうけとられた、科学を応用した技術。*外来語辞典〔1914〕〈勝屋英造〉「キリシタン(切支丹)〈略〉『キリシタン』の僧侶が布教の方便に理化学を応用して種々玄妙 ...
6. キリシタン【吉利支丹・切支丹】
全文全訳古語辞典
〔名詞〕《ポルトガル語Christāo(=キリスト教ノ・キリスト教徒)から》カトリック派のキリスト教。また、その信者。一五四九年(天文十八)、ジェスイット派の宣 ...
7. キリシタン
日本史年表
1635年〈寛永12 乙亥〉 9・6 幕府、 キリシタン禁令 を再令(江戸幕府日記)。 1638年〈寛永15 戊寅〉 9・20 幕府、 キリシタン禁令 を再令し ...
8. キリシタン【吉利支丹】
国史大辞典
拒みつづけている信徒たちが、生月・黒崎・五島地方に現在ものこっている。これを「隠れキリシタン」と呼んでいる。キリシタンの布教は、このように日本の統一封建国家形成 ...
9. キリシタン[標準語索引]
日本方言大辞典
げどー ...
10. キリシタン[標準語索引]
日本方言大辞典
げどー ...
11. キリシタン‐おち【─落】
日本国語大辞典
〔名〕江戸時代、公儀の咎めを受けてキリスト教から改宗した者。ころびキリシタン。*随筆・文会雑記〔1782〕三・下「平安の儒者宇津宮由的、日本人物志を著して、其中 ...
12. キリシタンがっこうせいど【キリシタン学校制度】
国史大辞典
キリシタンの組織的学校制度は、来日修道会のうち十六世紀キリシタン時代の主導権を掌握していたイエズス会のみによって設立された。創立者ロヨラの同志シャビエルは、ス ...
13. キリシタン禁教令[宗教]
イミダス 2016
12年(慶長17)に直轄地、翌13年には全国にわたるキリシタン禁教令を出し、キリシタン弾圧へと踏み切っていく。14年(慶長19)にはキリシタン大名の高山右近など ...
14. キリシタン禁制
日本大百科全書
彼らの強靱な信仰心とともにキリシタン禁制の内実が変化したという背景があり、キリシタン禁制が現実の潜伏キリシタンを規制できなくなっていったからである。実際、18世 ...
15. キリシタン禁制
世界大百科事典
廃止し,73年禁制の高札撤去と浦上信者釈放を断行した。ここにキリシタン禁制は終息した。清水 紘一 禁教令 宗門改め 類族 キリシタン類族 ...
16. キリシタンきんせい【キリシタン禁制】
国史大辞典
明治六年(一八七三)になってようやくキリシタン禁制の高札を撤去した。→岡本大八事件(おかもとだいはちじけん),→キリシタン訴人制札,→切支丹類族調(キリシタンる ...
17. キリシタンこよみ【キリシタン暦】
国史大辞典
文禄三年(一五九四)の高槻発見本のほか、長崎地方に潜伏していたキリシタンたちの間には寛永十一年(一六三四)の陰暦の写本があって現代隠れキリシタンの間に用いられて ...
18. キリシタン‐ころび【─転】
日本国語大辞典
〔名〕キリシタンが江戸幕府の弾圧をうけて仏教に改宗すること。ころび。〓[コ] ...
19. キリシタン‐ざか【─坂】
日本国語大辞典
東京都文京区小日向一丁目にある坂。江戸時代、キリシタン屋敷の通用門が面していたところからいう。切支丹坂。 ...
20. キリシタンしゃかいじぎょう【キリシタン社会事業】
国史大辞典
戦国乱裡に民衆が物心両面に苦しんでいた時期に、デウス(神)の愛を実践する信仰と倫理をもち、人格の尊厳を説くキリシタン宗が伝えられたことは、仏教の社会事業的活動が ...
21. キリシタン‐しゅう【─宗】
日本国語大辞典
〔名〕キリシタンの宗教。キリシタン宗門。キリスト教を排斥する立場から用いた語。*大友興廃記〔1637頃か〕一八・府内万寿寺炎上之事(古事類苑・宗教七〇)「きりし ...
22. キリシタン‐しゅうもん【─宗門】
日本国語大辞典
〔名〕「キリシタンしゅう(─宗)」に同じ。*煙草と悪魔〔1916〕〈芥川龍之介〉「かう云ふと、切支丹宗門の信者は、彼等のパアテルを誣ひるものとして」キリシタンシ ...
23. キリシタン書
世界大百科事典
日本イエズス会が1591-1614年(天正19-慶長19)に印刷したキリシタン版のうち,典礼書,教理書,修養書などがいわゆるキリシタン書である。91年の最初の印 ...
24. キリシタンそにんのせいさつ【キリシタン訴人制札】
国史大辞典
立かへり者の訴人同断、同宿并宗門の訴人銀百枚」と規定されている。→キリシタン禁制 [参考文献]清水紘一「キリシタン訴人褒賞制について」(『キリシタン研究』一九) ...
25. キリシタン大名
日本大百科全書
戦国時代の末から江戸時代の初期にキリシタン宗門の洗礼を受けた戦国大名。江戸時代の大名と異なって豪族をも大名と称したから、その数はかなり多いが、キリシタン信仰が豊 ...
26. キリシタン大名
世界大百科事典
キリスト教を信仰した大名。ポルトガル語のセニョール・キリシタンSenhor Christãoがこれに当たる。ザビエルは初め最高支配者としての権力をそなえた国王に ...
27. キリシタン‐だいみょう【キリシタン大名】
デジタル大辞泉
近世初期、キリスト教徒となった大名。高山右近・大友宗麟・有馬晴信・大村純忠・小西行長らが有名。豊臣秀吉や徳川氏の禁教令によって滅んだ。  ...
28. キリシタン‐だいみょう[‥ダイミャウ]【─大名】
日本国語大辞典
*処女懐胎〔1947〕〈石川淳〉三「そのむかし切支丹大名(キリシタンだいみゃう)などのもってゐた品か、聖餠箱である」キリシタンダイミョー ...
29. キリシタンだいみょう【キリシタン大名】
国史大辞典
訳してSeigneur Chretien,Christian Lordなどとあるが、端的にキリシタン大名Daimyô Chrétianの称で呼び記述したのは、ル ...
30. キリシタン‐でら【─寺】
日本国語大辞典
〔名〕キリシタンの教会堂。南蛮寺(なんばんじ)。*ふゆくさ〔1925〕〈土屋文明〉巻末雑記「吉利支丹寺をみたり、支那寺の棺房に這入ったりした」 ...
31. キリシタンとうろう【キリシタン燈籠】
国史大辞典
したものと考えている。キリシタン文化の専門学者も、キリシタン燈籠説は信じていない。 [参考文献]松田重雄『切支丹燈籠の研究』、松田毅一「織部型燈籠の実体」(『キ ...
32. キリシタンの誕生[宗教]
イミダス 2016
有馬晴信(ありまはるのぶ 1567~1612)などのキリシタン大名が現れた。また、貧民に食事を施したり、病院を建てて医療活動をしたりして、民衆の間にもキリシタン ...
33. キリシタンの布教と教育機関[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
〓Shogakukan ...
34. キリシタンのふっかつ【キリシタンの復活】
国史大辞典
徳川幕府のキリシタン弾圧と鎖国政策の中で潜伏していたキリシタンが二百数十年ぶりに宣教師との出会いを実現し、カトリック教会組織が再建されたことをいう。安政の日仏 ...
35. キリシタンの復活[宗教]
イミダス 2016
同年3月17日、これまで潜伏していた浦上の隠れキリシタン(→「キリシタン禁教令」)が、礼拝のためここに姿を現した。これを「キリシタンの復活」(教会側からは「キリ ...
36. キリシタン‐バテレン
日本国語大辞典
〔名〕({洋語} {ポルトガル}Christa〓o +{ポルトガル}padre 「神父」。「バテレン」は「伴天連」とも書いた)キリ ...
37. キリシタン版
日本大百科全書
される。キリシタン版は、1980年ベニス発見の2点を加え、現在約31種、75点が世界に、1点か数点ずつ散存する。内容別には、(1)キリスト教教義、信心録など。例 ...
38. キリシタン版
世界大百科事典
心霊修行》《どちりな・きりしたん》《コンテンツス・ムンヂ》などで,《ぎや・ど・ぺかどる》はキリシタン文学の傑作である。教外文学書には,《平家物語》《和漢朗詠集》 ...
39. キリシタン‐ばん【キリシタン版】
デジタル大辞泉
0)に活字印刷機を伝えてから刊行。欧文本・ローマ字本・邦文本・欧和混用本がある。「ドチリナキリシタン」「伊曽保物語」「日葡(にっぽ)辞書」など。  ...
40. キリシタン‐ばん【─版】
日本国語大辞典
〔名〕主として一六〜一七世紀、イエズス会が日本国内に印刷所を設置して刊行した活字本の総称。天正一八年(一五九〇)帰国した天正遣欧使節に同行したバリニャーノが日本 ...
41. キリシタンばん【キリシタン版】画像
国史大辞典
書』なども加えてキリシタン版と称することもある。さらに幕末開国による布教再開後、すなわち慶応元年(一八六五)―明治十六年(一八八三)の間に、横浜・長崎などで出版 ...
42. キリシタン版
日本史年表
1591年〈天正19 辛卯①〉 この年 肥前国加津佐で 『サントスの御作業の内抜書』 が刊行され, キリシタン版 の印刷始まる。  ...
43. キリシタン版一覧1[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
44. キリシタン版一覧2[図版]画像
国史大辞典
 (c)Yoshikawa kobunkan Inc.  ...
45. きりしたんばんわかんろうえいしゅう【キリシタン版『倭漢朗詠集』】 : 和漢朗詠集
国史大辞典
キリシタン版『倭漢朗詠集』〕  慶長五年(一六〇〇)日本耶蘇会刊『倭漢朗詠集』いわゆるキリシタン版『朗詠集』一冊が、スペインのマドリードの西北方エル=エスコ ...
46. キリシタン‐ぶぎょう【キリシタン奉行】
デジタル大辞泉
江戸幕府の職名。キリシタンの探索や取り締まりのために、寛永17年(1640)設置。のち宗門改役(しゅうもんあらためやく)と改称。  ...
47. キリシタン‐ぶぎょう[‥ブギャウ]【─奉行】
日本国語大辞典
〔名〕江戸幕府の職名の一つ。キリシタンの捜査、取締に任じたもの。島原の乱後の寛永一七年(一六四〇)はじめて置かれた。はじめ大目付一名が兼任したが、のち定員二名と ...
48. キリシタン文化
世界大百科事典
→南蛮文化 ...
49. キリシタン文学画像
日本大百科全書
る。東方巡察使バリニャーノが将来した活字印刷機によって刷られたものをキリシタン版と称しているが、キリシタン文学はキリシタン版として読まれたもので、これにはローマ ...
50. キリシタン‐ぶんがく【キリシタン文学】
デジタル大辞泉
室町末期から江戸初期にかけて、キリシタンの宣教師などにより、日本語で著述・翻訳された宗教文学、および宣教用・語学用の書物。「伊曽保物語」「日葡(にっぽ)辞書」な ...
「キリシタン」の情報だけではなく、「キリシタン」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る