1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 弥生時代
  10. >
  11. 口酒井遺跡
日本歴史地名大系

口酒井遺跡
くちさかいいせき

[現]伊丹市口酒井 穴森ほか

猪名いな川東岸の標高六―七メートルの自然堤防上に立地する遺跡。一〇ヘクタール以上の広がりをもち、一部は尼崎市に及ぶ。縄文時代晩期後半以降の各時代の遺構が重複している。昭和五三年(一九七八)に発見されて以降同六〇年までに一六次の発掘調査が行われた。縄文晩期の遺構は第八次調査で見つかった溝、一〇次と一一次の土壙がある。一一次調査での遺構・遺物の出土状況は、西地区の自然流路とその埋土に含まれる土器・石器群、東地区の第八層・九層遺物包含層と土器溜まり、ならびにC一一区・C一二区で検出された土壙群とその出土土器・石器群の二つに分けられている。弥生時代では前期のV字溝、中期以降では竪穴住居跡三棟、複数の溝・円形周溝墓一基・木棺墓三基・壺棺一基、複数の土壙墓および土壙などが発見されている。

縄文晩期出土の突帯文土器は出土地点(調査次数)層位によって違いがあり、第四次・第八次調査で最も古い土器が出土している。泉拓良は次のように整理している。第一段階の深鉢は口縁部に一条の突帯がめぐり、口縁端部は明確に面取りして刻みが施されている。浅鉢は前型式の特徴をとどめるものと、下半部の削りを特徴とするものがある。第二段階は第一五次調査第一五層出土土器である。深鉢は一条突帯と極少量に二条突帯文からなり、口縁端部の面取りは痕跡的で、刻みを施すものも少ない。浅鉢は黒色磨研「く」の字形口縁のものが特徴的で、上から見ると方形に見える波状口縁土器もこの時期に完成する。第六次調査の突帯文II層出土土器はこの直後の土器である。第三段階は第六次調査突帯文I層出土土器であり全体的に退化が認められる。第四段階は第六次調査第二トレンチ上層出土土器が該当するが資料は少ない。第五段階は第一一次調査出土土器で、出土地点はそれまでと異なり弥生時代の集落と重複する。深鉢は二条突帯文と胴部に屈曲のない一条突帯文の二種類がある。壺が明確になるのに対して浅鉢は数を急激に減じ、形態も皿形が主となる。浅鉢と壺の比率や胎土の違いから西群出土と東群出土の土器の二時期に細分できるという。

稲作との関係から籾痕土器をみると、第二段階に一点の出土があり、三段階以降に数が増す。また第一一次調査では突帯文土器とともに土壙から炭化米が出土している。第八次調査では後半段階の突帯文土器に伴って片刃の石包丁が出土しており、突帯文土器の時期には稲作が行われたものと考えられている。縄文晩期突帯文土器編年と近畿地方の稲作の開始を考えるうえで重要な資料を提供した。土器の胎土は三段階に至るまでは大阪府生駒いこま山西麓の胎土をもつものは二割以下であるが、四段階で三割、五段階では六―七割に達していると観察されている。一方、五段階においても石器類などは石包丁を除き縄文的な色彩が強い。また土偶・石棒という縄文時代に特徴的な祭祀・呪術用具も多く出土している。

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
口酒井遺跡の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 4
検索コンテンツ
1. くちさかいいせき【口酒井遺跡】兵庫県:伊丹市/酒井村
日本歴史地名大系
[現]伊丹市口酒井 穴森ほか 猪名川東岸の標高六―七メートルの自然堤防上に立地する遺跡。一〇ヘクタール以上の広がりをもち、一部は尼崎市に及ぶ。縄文時代晩期後半以 ...
2. いたみし【伊丹市】兵庫県
日本歴史地名大系
港A遺跡や有岡城跡遺跡がある。晩期では口酒井遺跡から籾の圧痕がある土器が発見されている。弥生時代の遺跡では前期の大阪空港B遺跡があり、中期では口酒井遺跡の土製仮 ...
3. やよいじだい【弥生時代】
国史大辞典
夜臼式よりもさらに古い縄文時代晩期後半の山ノ寺式の土器を伴う水田跡が検出された。またさらに丘庫県伊丹市口酒井遺跡で、縄文時代晩期にこの地でも水稲農耕が始まってい ...
4. 【総論】兵庫県
日本歴史地名大系
猪名川流域などの低地に営まれている後期・晩期の遺跡に大別される。芦屋市山芦屋遺跡は早期・前期の土器が、伊丹市口酒井遺跡では晩期を中心とする多量の土器が出土してい ...
「口酒井遺跡」の情報だけではなく、「口酒井遺跡」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

口酒井遺跡と同じ弥生時代カテゴリの記事
弥生時代(国史大辞典)
弥生時代は、一般的には、狩猟採集社会である縄文時代に次ぐ時代、つまり水稲農耕が始まり、金属器をもつようになってから、古墳を標識とする古墳時代に入るまでの間とされている。弥生時代は、前期・中期・後期、または第I~V期に区分されている。かつてこの前期・中期・後期という区分に
口酒井遺跡(日本歴史地名大系)
[現]伊丹市口酒井 穴森ほか猪名川東岸の標高六―七メートルの自然堤防上に立地する遺跡。一〇ヘクタール以上の広がりをもち、一部は尼崎市に及ぶ。縄文時代晩期後半以降の各時代の遺構が重複している。昭和五三年(一九七八)に発見されて以降同六〇年までに一六次の発掘調査が行われた。
菜畑遺跡(日本大百科全書(ニッポニカ))
佐賀県唐津市菜畑字松円寺の衣干山の東麓に派生する丘陵の先端部に営まれた縄文晩期の水田を伴う集落跡。1980年唐津市教育委員会が都市計画道路建設の事前の発掘調査を行った。住居跡、水田跡、貝塚を主体とする遺跡でなかでも縄文晩期後半の水田、炭化米、農工具の発見により
金石併用時代(日本大百科全書(ニッポニカ))
利器の材料に金属が用いられてはいても、石製の利器がまだ併用されている時代をいう。ヨーロッパの考古学者は19世紀の末に、こうした時代を表す語としてeneolithic(ラテン語の銅・青銅aeneus+ギリシア語の新石器neo-lithos)――つまり銅・新石器時代――の語を用いたが、
板付遺跡(改訂新版・世界大百科事典)
福岡市博多区板付にある弥生時代の集落,墓地,水田などの総合遺跡。遺跡は御笠川左岸に近接した低段丘とその周囲の沖積地にある。1916年に弥生時代中期初頭甕棺墓数基から,細形銅剣,銅矛各3本が出土して,初めてこの遺跡が紹介され,51年の試掘以後,日本考古学協会の4次にわたる
弥生時代と同じカテゴリの記事をもっと見る


「口酒井遺跡」は歴史に関連のある記事です。
その他の歴史に関連する記事
平城京(日本大百科全書(ニッポニカ))
8世紀、約70年間にわたって奈良に営まれた都城。710年(和銅3)に藤原京から遷都してきて以来784年(延暦3)長岡京に遷るまでの間であるが、藤原広嗣の乱(740)後の5年間ほどは難波を都としたため空白期間がある。奈良盆地の北端に位置しており、山背国(京都府)へ抜けると木津・淀川
大宝律令(国史大辞典)
律令時代盛期の基本法典。刑部親王らの撰。律六巻・令十一巻。施行期間は、令が大宝元年(七〇一)から、律が翌二年から、いずれも『養老律令』に代わった天平宝字元年(七五七)まで。『養老律令』に対して古律・古令という。かねてから夫の天武天皇とともに律令制定を命じていた持統天皇は
遣唐使(日本大百科全書(ニッポニカ))
7世紀から9世紀にかけて日本から唐(618~907)に派遣された公式の使節。630年(舒明天皇2)8月に犬上御田鍬(耜)を派遣したのを最初とし、894年(寛平6)に菅原道真の建議によって停止されるまで、約20回の任命があり、うち16回は実際に渡海している。
養老律令(国史大辞典)
律令国家を規制した基本法典。律十巻・令十巻から成る。奈良時代の初め、政界の実力者になった右大臣藤原不比等は、さきにみずから実質上の編纂主任をつとめた『大宝律令』が、用字その他の点で若干の不備があることを考慮し、おそらく孫の首皇子(のちの聖武天皇、母は不比等の女宮子娘)
大化改新(日本大百科全書(ニッポニカ))
645年(大化1)の蘇我氏本宗の打倒に始まる内政改革。同年6月に中大兄皇子(後の天智天皇)や中臣鎌子(後の藤原鎌足)らを中核にしたクーデターが成功し、権力を握っていた蘇我蝦夷・入鹿父子が打倒された。これを乙巳の変とよぶが、これを発端にして650年(白雉1)ごろまでの
歴史に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る