1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 歴史
  6. >
  7. 日本史
  8. >
  9. 弥生時代
  10. >
  11. 板付遺跡
改訂新版・世界大百科事典

板付遺跡
いたづけいせき

福岡市博多区板付にある弥生時代の集落,墓地,水田などの総合遺跡。遺跡は御笠川左岸に近接した低段丘とその周囲の沖積地にある。1916年に弥生時代中期初頭甕棺墓数基から,細形銅剣,銅矛各3本が出土して,初めてこの遺跡が紹介され,51年の試掘以後,日本考古学協会の4次にわたる発掘調査により,日本最古の弥生時代遺跡として有名になった。その土器型式名の〈板付I・II式〉は今日でも学界で使用されている。最初の調査によって台地の中央に長径110mの前期の環溝とその内外の袋状竪穴群や中期の井戸などが発見されていたが,70年以後は福岡県や福岡市教育委員会によって発掘調査が続けられ,環溝北側には前期から中期の甕棺墓・木棺墓などの墓地群,西側に水田跡などが発見され,多数の木器も出土した。また,1867年には銅矛5本が出土したと伝えられているが,発掘調査では銅矛の鋳型も発見されている。さらに1978年の調査では,環溝の南西部で縄文時代晩期とされていた夜臼(ゆうす)式土器の出土する層位で水田跡が検出され,再度遺跡を有名にした。この調査で弥生時代最古とされていた板付I式土器の時期の水田も検出されたが,これより古い夜臼式土器の時期の水田では,人の足跡や炭化米,石庖丁,木器未製品も発見され,確実に水稲栽培が行われていることが実証されると同時に,石庖丁があることから大陸文化が伝わっていることも判明した。
[柳田 康雄]

[索引語]
水田 水稲栽培
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

板付遺跡と同じ弥生時代カテゴリの記事
弥生時代(国史大辞典)
弥生時代は、一般的には、狩猟採集社会である縄文時代に次ぐ時代、つまり水稲農耕が始まり、金属器をもつようになってから、古墳を標識とする古墳時代に入るまでの間とされている。弥生時代は、前期・中期・後期、または第I~V期に区分されている。かつてこの前期・中期・後期という区分に
口酒井遺跡(日本歴史地名大系)
[現]伊丹市口酒井 穴森ほか猪名川東岸の標高六―七メートルの自然堤防上に立地する遺跡。一〇ヘクタール以上の広がりをもち、一部は尼崎市に及ぶ。縄文時代晩期後半以降の各時代の遺構が重複している。昭和五三年(一九七八)に発見されて以降同六〇年までに一六次の発掘調査が行われた。
菜畑遺跡(日本大百科全書(ニッポニカ))
佐賀県唐津市菜畑字松円寺の衣干山の東麓に派生する丘陵の先端部に営まれた縄文晩期の水田を伴う集落跡。1980年唐津市教育委員会が都市計画道路建設の事前の発掘調査を行った。住居跡、水田跡、貝塚を主体とする遺跡でなかでも縄文晩期後半の水田、炭化米、農工具の発見により
金石併用時代(日本大百科全書(ニッポニカ))
利器の材料に金属が用いられてはいても、石製の利器がまだ併用されている時代をいう。ヨーロッパの考古学者は19世紀の末に、こうした時代を表す語としてeneolithic(ラテン語の銅・青銅aeneus+ギリシア語の新石器neo-lithos)――つまり銅・新石器時代――の語を用いたが、
板付遺跡(改訂新版・世界大百科事典)
福岡市博多区板付にある弥生時代の集落,墓地,水田などの総合遺跡。遺跡は御笠川左岸に近接した低段丘とその周囲の沖積地にある。1916年に弥生時代中期初頭甕棺墓数基から,細形銅剣,銅矛各3本が出土して,初めてこの遺跡が紹介され,51年の試掘以後,日本考古学協会の4次にわたる
弥生時代と同じカテゴリの記事をもっと見る


「板付遺跡」は歴史に関連のある記事です。
その他の歴史に関連する記事
平城京(日本大百科全書(ニッポニカ))
8世紀、約70年間にわたって奈良に営まれた都城。710年(和銅3)に藤原京から遷都してきて以来784年(延暦3)長岡京に遷るまでの間であるが、藤原広嗣の乱(740)後の5年間ほどは難波を都としたため空白期間がある。奈良盆地の北端に位置しており、山背国(京都府)へ抜けると木津・淀川
大宝律令(国史大辞典)
律令時代盛期の基本法典。刑部親王らの撰。律六巻・令十一巻。施行期間は、令が大宝元年(七〇一)から、律が翌二年から、いずれも『養老律令』に代わった天平宝字元年(七五七)まで。『養老律令』に対して古律・古令という。かねてから夫の天武天皇とともに律令制定を命じていた持統天皇は
遣唐使(日本大百科全書(ニッポニカ))
7世紀から9世紀にかけて日本から唐(618~907)に派遣された公式の使節。630年(舒明天皇2)8月に犬上御田鍬(耜)を派遣したのを最初とし、894年(寛平6)に菅原道真の建議によって停止されるまで、約20回の任命があり、うち16回は実際に渡海している。
養老律令(国史大辞典)
律令国家を規制した基本法典。律十巻・令十巻から成る。奈良時代の初め、政界の実力者になった右大臣藤原不比等は、さきにみずから実質上の編纂主任をつとめた『大宝律令』が、用字その他の点で若干の不備があることを考慮し、おそらく孫の首皇子(のちの聖武天皇、母は不比等の女宮子娘)
大化改新(日本大百科全書(ニッポニカ))
645年(大化1)の蘇我氏本宗の打倒に始まる内政改革。同年6月に中大兄皇子(後の天智天皇)や中臣鎌子(後の藤原鎌足)らを中核にしたクーデターが成功し、権力を握っていた蘇我蝦夷・入鹿父子が打倒された。これを乙巳の変とよぶが、これを発端にして650年(白雉1)ごろまでの
歴史に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
板付遺跡の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 37
検索コンテンツ
1. いたづけ‐いせき[‥ヰセキ]【板付遺跡】
日本国語大辞典
福岡市博多区板付にある縄文時代晩期、彌生時代前・中期の遺跡。住居跡、水田跡などのほか、数々の遺物を出土。昭和五三年(一九七八)縄文時代晩期のものと考えられる木製 ...
2. 板付遺跡画像
日本大百科全書
水田跡が検出され、稲作の起源、ひいては弥生時代開始の問題に新たな一石を投じている。このように板付遺跡は弥生時代研究の進展に最初の契機を与え続ける最重要の遺跡であ ...
3. 板付遺跡[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
復原された竪穴(たてあな)式住居。国指定史跡 福岡県福岡市 〓福岡市 ...
4. 板付遺跡
世界大百科事典
福岡市博多区板付にある弥生時代の集落,墓地,水田などの総合遺跡。遺跡は御笠川左岸に近接した低段丘とその周囲の沖積地にある。1916年に弥生時代中期初頭甕棺墓数基 ...
5. いたづけ‐いせき【板付遺跡】地図
デジタル大辞泉
板付にある弥生時代の遺跡。環濠(かんごう)を巡らした集落や水田の跡からなる。  ...
6. いたづけいせき【板付遺跡】
国史大辞典
況を示している。 [参考文献]森貞次郎・岡崎敬「福岡県板付遺跡」(日本考古学協会編『日本農耕文化の生成』所収)、杉原荘介「福岡県板付遺跡における昭和四三・四四年 ...
7. いたづけいせき【板付遺跡】福岡県:福岡市/博多区/板付村
日本歴史地名大系
[現]博多区板付二―三丁目 福岡平野の中央を貫流する御笠川南岸の東西一五〇メートル・南北六〇〇メートル、標高一二メートルの中位段丘を集落や墓域とし、その東西の沖 ...
8. 板付遺跡
日本史年表
前400年〈辛巳〉 この頃 北部九州で水稲耕作が本格化する(福岡県 板付遺跡 ).渡来人による技術伝達. 弥生時代 始まる(縄文時代晩期後半とみる見解も)。北 ...
9. 板付画像
日本大百科全書
福岡都市高速道路の板付出入口がある。周辺地域の都市化が近年著しい。なお、板付遺跡には復元水田やガイダンス施設「板付遺跡弥生館」がある。石黒正紀 ...
10. 宇木汲田遺跡
世界大百科事典
の代表的甕棺墓群である。共同墓地の北側約100mのところには,小規模な貝塚があり,最下層には板付遺跡の最古の水田跡と同じ時期の夜臼(ゆうす)式土器のみの包含層も ...
11. 環濠集落
日本史年表
前400年〈辛巳〉 この頃 北部九州で水稲耕作が本格化する(福岡県 板付遺跡 ).渡来人による技術伝達. 弥生時代 始まる(縄文時代晩期後半とみる見解も)。北 ...
12. くにのえき【久爾駅】福岡県:福岡市/博多区
日本歴史地名大系
市)東門に達する。切通し南端付近の博多区高畑遺跡や官道推定線上に位置する同区の那珂君休遺跡や板付遺跡では、道路側溝や幅八・五メートル以上の道路遺構が見つかってい ...
13. ささいいせき【雀居遺跡】福岡県:福岡市/博多区/雀居村
日本歴史地名大系
金属製品が多量に出た。とくに弥生早期―前期の鍬や鋤など多量の木製農耕具類は、南約二キロにある板付遺跡とともに初期農耕解明への貴重な成果である。また弥生後期には集 ...
14. 支石墓
日本史年表
前400年〈辛巳〉 この頃 北部九州で水稲耕作が本格化する(福岡県 板付遺跡 ).渡来人による技術伝達. 弥生時代 始まる(縄文時代晩期後半とみる見解も)。北 ...
15. しもくろのいせき【下黒野遺跡】大分県:大分郡/挟間町/黒野村
日本歴史地名大系
く外湾する口縁部、内面の貝殻条痕文調整などの特徴をもつ。これらの浅鉢・甕・壺の組合せは福岡市板付遺跡の晩期土器と共通し、当遺跡と北九州地方との関係を示唆するもの ...
16. じょうかく【城郭】
国史大辞典
柵などで囲われ、櫓、塀などの建築物を伴うことが多い。日本における城郭の起源は明らかでないが、弥生時代には板付遺跡(福岡県)のようにすでに周囲を溝で囲んだ集落が知 ...
17. すいでんあと【水田跡】
国史大辞典
近年古代の水田跡の調査が進み、その様相が解明されつつある。弥生時代のものでは、佐賀県唐津市菜畑遺跡・福岡市板付遺跡・岡山市百間川遺跡・滋賀県守山市服部遺跡・静岡 ...
18. 堰
世界大百科事典
国各地で見いだされており,とくに水田遺構にともなう水路での発見例が多い。最古の実例は,福岡県板付遺跡の水路に杭や矢板を立てたもの(夜臼(ゆうす)式土器の時期)で ...
19. 那珂遺跡
日本史年表
前400年〈辛巳〉 この頃 北部九州で水稲耕作が本格化する(福岡県 板付遺跡 ).渡来人による技術伝達. 弥生時代 始まる(縄文時代晩期後半とみる見解も)。北 ...
20. なかぐん【〓珂郡】
国史大辞典
のあがた)、『魏志』倭人伝などにいう奴国(なこく)の地で、須玖(すく)・岡本遺跡(春日市)や板付遺跡(福岡市博多区)・曰佐原(おさばる)遺跡(福岡市南区)など弥 ...
21. なかぐん【〓珂郡】 : 〓珂郡/(四)
国史大辞典
のあがた)、『魏志』倭人伝などにいう奴国(なこく)の地で、須玖(すく)・岡本遺跡(春日市)や板付遺跡(福岡市博多区)・曰佐原(おさばる)遺跡(福岡市南区)など弥 ...
22. にゅうたいせき【入田遺跡】高知県:中村市/入田村
日本歴史地名大系
であることを物語る。この点は福岡県板付遺跡と性格を同じくするが、一方当遺跡出土の石器をみると大半は打製石器であり(磨製石器は量的に少ない)、この点では板付遺跡に ...
23. のためいせき【野多目遺跡】福岡県:福岡市/南区/野多目村
日本歴史地名大系
なかでも縄文後期のイチイガシが出た大規模な貯蔵穴群は、当時の生業を復元する好資料となった。また博多区板付遺跡に次いで発見された国内最古段階の水田跡も注目された。 ...
24. はかたく【博多区】福岡県:福岡市
日本歴史地名大系
古段階、諸岡遺跡・麦野遺跡は同新段階の代表的遺跡である。板付遺跡ではナイフ形石器から細石器段階までの石器が出ている。縄文時代は板付遺跡で縄文早期・後期の土器・石 ...
25. 福岡[県]画像
世界大百科事典
化成立を考えるうえで大きな問題を提起した。 弥生時代の遺跡は枚挙にいとまがない。その中でまず板付遺跡(福岡市博多区)は前期板付Ⅰ,Ⅱ式の標式遺跡で,集落址,水田 ...
26. まがりたいせき【曲り田遺跡】福岡県:糸島郡/二丈町/石崎村
日本歴史地名大系
・管玉などが確認されたことから、当遺跡は日本においていち早く本格的な稲作が開始された集落で、板付遺跡(福岡市)、新町支石墓群(志摩町)、菜畑遺跡(佐賀県唐津市) ...
27. みずきあと【水城跡】福岡県:太宰府市
日本歴史地名大系
調査が進展していないが、西門ルートとほぼ並行して直線的に設定されていたと推測される。すなわち板付遺跡・井相田C遺跡(福岡市博多区)などを経て博多遺跡群(同上)に ...
28. みなみく【南区】福岡県:福岡市
日本歴史地名大系
野多目拈渡遺跡(老司三丁目)では縄文後期の貯蔵穴群から堅果類が出土し、同晩期(弥生時代早期)には博多区の板付遺跡と並んで初期の水田遺構がある。和田B遺跡(野多目 ...
29. 弥生式土器 1[別刷図版]画像
国史大辞典
南九州地方では中期後半から後期に至って、この地方独自の弥生式土器を生み出した。 1 素文の壺 福岡市板付遺跡出土 前期 高さ14.3cm 東京都 明治大学考古学 ...
30. やよいじだい【弥生時代】
国史大辞典
この考えは次のような多くの新資料の検出から変更されつつある。まず昭和五十三年(一九七八)に、福岡市博多区板付遺跡で、弥生時代前期初頭の板付I式土器の時期のさらに ...
31. 弥生時代
日本史年表
前400年〈辛巳〉 この頃 北部九州で水稲耕作が本格化する(福岡県 板付遺跡 ).渡来人による技術伝達. 弥生時代 始まる(縄文時代晩期後半とみる見解も)。北 ...
32. 弥生土器
世界大百科事典
使った単純な線文様や綾杉文,木の葉文などを飾る。現在では遠賀川式土器はさらに細別され,福岡市板付遺跡の環濠集落に伴う〈板付式土器〉が最古のものとして扱われている ...
33. 弥生文化画像
世界大百科事典
一方,弥生文化が誕生した北部九州の情勢をみると,最古の弥生文化について異なった見解が対立している。福岡市板付遺跡では,従来最古の弥生土器と考えられてきた板付式土 ...
34. 【総論】京都市地図
日本歴史地名大系
終え弥生式時代を迎えて、いよいよ京都盆地が農耕文化に接するのは、西紀前一〇〇年前後である。筑前板付遺跡に最初の弥生式土器を残したのが、西紀前二〇〇年頃として、そ ...
35. 【総論】福岡県
日本歴史地名大系
大陸系磨製石器や稲作技術が伝わることによって新たな生業形態が加わり、二丈町石崎遺跡群、博多区板付遺跡や野多目遺跡などでは水田跡も発見されている。また大陸系の墓で ...
36. 【総論】大分県
日本歴史地名大系
イネと鉄に象徴されるこの新しい文化は主として朝鮮半島を経由してもたらされた。最古の稲作農耕集落遺跡として福岡市板付遺跡・福岡県二丈町曲田遺跡・佐賀県唐津市菜畑遺 ...
37. 前400年〈辛巳〉
日本史年表
【日本】 この頃 北部九州で水稲耕作が本格化する(福岡県 板付遺跡 ).渡来人による技術伝達. 弥生時代 始まる(縄文時代晩期後半とみる見解も)。北部九州に ...
「板付遺跡」の情報だけではなく、「板付遺跡」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る