1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文学
  6. >
  7. 古典文学
  8. >
  9. 井原西鶴集
  10. >
  11. 井原西鶴集1
新編 日本古典文学全集

井原西鶴集1
けした所が恋のはじまり
桜もすぐ散ってしまって嘆きの種だし、月も限りがあって山の端にはいってしまう。そんなはかない眺めよりもと、限りのない、女色・男色の二道に打ち込んで、夢介と替名を呼ばれる太尽は、その名も月の入佐山という歌名所のある但馬国生野銀山のあたりから、世事を捨てて、その道ばかりで京へ出てきた人であった。当時有名の遊蕩児、名古屋三左や加賀の八などと、菱の七つ紋を印として徒党を組み、身は酒浸しとなり、夜更けて三筋町からの帰り道、一条堀川の戻り橋を通るのに、あるときは若衆に扮するかと思えば、またあるときは坊主に変装したり、立髪鬘をかぶって男伊達になったり、場所柄だけに化物が通るとはこのことである。何かと噂されても、鬼を背負うた彦七のように平気な顔つきで、「太夫にかみ殺されても」と通いつめたので、いよいよ情が積もり、夢介はそのころとりわけ全盛の太夫葛城・薫・三夕の三人を、それぞれ身請けして、嵯峨や東山のほとり、または藤の森などに人知れず囲い、契りを重ねているうちに、その中の一人の腹から生れた子を、世之介と名づけた。
けした所が恋のはじまり
目次
古典への招待
凡例

好色一代男(扉)
■絵入 好色一代男 一(扉)
巻一 あらまし
好色一代男 巻一 目録
・けした所が恋のはじまり
・はづかしながら文言葉
・人には見せぬ所
・袖の時雨は懸るがさいはひ
・尋ねてきく程ちぎり
・煩悩の垢かき
・別れは当座ばらひ

■絵入 好色一代男 二(扉)
巻二 あらまし
好色一代男 巻二 目録
・はにふの寝道具
・髪きりても捨てられぬ世
・女はおもはくの外
・誓紙のうるし判
・旅のでき心
・出家にならねばならず
・うら屋も住み所

■絵入 好色一代男 三(扉)
巻三 あらまし
好色一代男 巻三 目録
・恋のすて銀
・袖の海の肴売
・是非もらひ着物
・一夜の枕物ぐるひ
・集礼は五匁の外
・木綿布子もかりの世
・口舌の事ふれ

■絵入 好色一代男 四(扉)
巻四 あらまし
好色一代男 巻四 目録
・因果の関守
・形見の水櫛
・夢の太刀風
・替つた物は男傾城
・昼のつり狐
・目に三月
・火神鳴の雲がくれ

■絵入 好色一代男 五(扉)
巻五 あらまし
好色一代男 巻五 目録
・後は様付けて呼ぶ
・ねがひの掻餅
・欲の世の中にこれは又
・命捨てての光り物
・一日かして何程が物ぞ
・当流の男を見しらぬ
・今ここへ尻が出物

■絵入 好色一代男 六(扉)
巻六 あらまし
好色一代男 巻六 目録
・喰ひさして袖の橘
・身は火にくばるとも
・心中箱
・寝覚の菜好み
・詠めは初姿
・匂ひはかづけ物
・全盛歌書羽織

■絵入 好色一代男 七(扉)
巻七 あらまし
好色一代男 巻七 目録
・その面影は雪むかし
・末社らく遊び
・人のしらぬわたくし銀
・さす盃は百二十里
・諸分の日帳
・口添へて酒軽籠
・新町の夕暮島原の曙

■絵入 好色一代男 八(扉)
巻八 あらまし
好色一代男 巻八 目録
・らく寝の車
・情のかけろく
・一盃たらいで恋里
・都のすがた人形
・床の責道具
〔一代男跋文〕

好色五人女(扉)
■ひめぢ ニ すげがさ 好色五人女 ゑ入 一(扉)
巻一 あらまし
好色五人女 巻一 姿姫路清十郎物語
・恋は闇夜を昼の国
・くけ帯よりあらはるる文
・太鼓による獅子舞
・状箱は宿に置いて来た男
・命のうちの七百両のかね

■てんま ニ たる 好色五人女 ゑ入 二(扉)
巻二 あらまし
好色五人女 巻二 情けを入れし樽屋物がたり
・恋に泣輪の井戸替
・踊はくづれ桶夜更けて化物
・京の水もらさぬ中忍びてあひ釘
・こけらは胸の焼付さら世帯
・木屑の杉やうじ一寸先の命

■みやこ ニ こよみ 好色五人女 ゑ入 三(扉)
巻三 あらまし
好色五人女 巻三 中段に見る暦屋物語
・姿の関守
・してやられた枕の夢
・人をはめたる湖
・小判しらぬ休み茶屋
・身の上の立聞き

■江戸 ニ あを物 好色五人女 ゑ入 四(扉)
巻四 あらまし
好色五人女 巻四 恋草からげし八百屋物語
・大節季はおもひの闇
・虫出しの神鳴もふんどしかきたる君さま
・雪の夜の情宿
・世に見をさめの桜
・様子あつての俄坊主

■さつま ニ さらし 好色五人女 ゑ入 五(扉)巻五 あらまし
好色五人女 巻五 恋の山源五兵衛物語
・連吹きの笛竹息の哀れや
・もろきは命の鳥さし
・衆道は両の手に散る花
・情はあちらこちらの違ひ
・金銀も持ちあまつて迷惑

好色一代女(扉)
■絵入 好色一代女 一(扉)
巻一 あらまし
好色一代女 巻一 目録
・老女のかくれ家
・舞ぎよくの遊興
・国主の艶妾
・淫婦の美形

■絵入 好色一代女 二(扉)
巻二 あらまし
好色一代女 巻二 目録
・淫婦中位
・分里数女
・世間寺大黒
・諸礼女祐筆

■絵入 好色一代女 三(扉)
巻三 あらまし
好色一代女 巻三 目録
・町人腰元
・わざはひの寛濶女
・調謔歌船
・金紙匕髻結

■絵入 好色一代女 四(扉)
巻四 あらまし
好色一代女 巻四 目録
・身替長枕
・墨絵浮気袖
・屋敷琢渋皮
・栄耀願男

■絵入 好色一代女 五(扉)
巻五 あらまし
好色一代女 巻五 目録
・石垣の恋くづれ
・小歌の伝受女
・美扇恋風
・濡問屋硯

■絵入 好色一代女 六(扉)
巻六 あらまし
好色一代女 巻六 目録
・暗女は昼の化物
・旅泊の人詐
・夜発の付声
・皆思謂の五百羅漢

■解説
一 好色一代男
二 好色五人女
三 好色一代女

■付録(扉)
西鶴の時代の通貨
『好色一代男』の舞台
諸国遊里案内
西鶴年譜

■奥付
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
井原西鶴集1の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 3
検索コンテンツ
1. 井原西鶴集
日本古典文学全集
大阪の商人の出で俳人でもあった井原西鶴は、庶民文学ともいえる浮世草子の傑作を数多く残した。西鶴の作品の中から、好色物の『好色一代男(こうしょくいちだいおとこ)』 ...
2. さいかくおりとめ【西鶴織留】
国史大辞典
『古典文庫』六、『近世文学資料類従』西鶴編一六に版本の影印を収めるほか、活字本には『日本古典全書』井原西鶴集三、『定本西鶴全集』七、『日本古典文学大系』四八など ...
3. にほんこてんぜんしょ【日本古典全書】
国史大辞典
和泉式部集・和泉式部続集・小野小町集 井原西鶴集(一) 好色一代男・好色五人女 井原西鶴集(二) 好色一代女・好色盛衰記 井原西鶴集(三) 日本永代蔵・世間胸算 ...
「井原西鶴集1」の情報だけではなく、「井原西鶴集1」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

井原西鶴集1と同じ井原西鶴集カテゴリの記事
井原西鶴集1(新編 日本古典文学全集)
けした所が恋のはじまり。桜もすぐ散ってしまって嘆きの種だし、月も限りがあって山の端にはいってしまう。そんなはかない眺めよりもと、限りのない、女色・男色の二道に打ち込んで、夢介と替名を呼ばれる太尽は、その名も月の入佐山という歌名所のある但馬国生野銀山のあたりから、
井原西鶴集と同じカテゴリの記事をもっと見る


「井原西鶴集1」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
新古今和歌集(新編 日本古典文学全集)
新古今和歌集序(仮名序)〔一〕和歌は、昔、天地が開け始めて、人の営みがまだ定らなかった時、日本の歌として、稲田姫の住んでいた素鵞の里から伝わっているということである。そうした時以来、和歌の道が盛んに興り、その流れは今日まで絶えることがなくて、恋愛に熱中したり
水鏡(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
歴史物語。三巻三冊。鎌倉時代初期の成立か。作者は中山忠親かといわれるが、ほかに源雅頼をあてる説もある。ただし、雅頼説は注目を集めたものの反論も出ている。内容は、神武天皇より仁明天皇までの歴史を語るが、妄誕の記事がはなはだ多く、信頼できない話題が随所にあり
古来風躰抄(日本大百科全書(ニッポニカ))
藤原俊成の歌論書。俊成84歳の1197年(建久8)に式子内親王の依頼で初撰本、1201年(建仁1)に再撰本が書かれた。上巻は和歌本質論、和歌史論などの論述と『万葉集』抄出歌191首からなり、下巻は『古今集』から『千載集』に至る勅撰集抄出歌395首と若干の歌評とからなる。
無名草子(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鎌倉前期の文学評論書。1冊。『建久物語』『無名物語』などの別名がある。著者は明確でないが、藤原俊成の女の可能性が強い。1200年(正治2)かその翌年の成立であろう。83歳で出家しその後多年仏に仕える老女が、京都東山あたりで花摘みをし、最勝光院近くの檜皮屋で女房たちの語る物語
新古今和歌集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
第8番目の勅撰和歌集。20巻。鎌倉初期の成立。後鳥羽院の下命によって撰進された。撰者は源通具、藤原有家、藤原定家、藤原家隆、藤原雅経、寂蓮。在来の勅撰集と異なり、院自ら撰集作業に参加され、序、詞書も院の立場において記され、「親撰体」の集の最初の集となる。
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る