1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. >
  8. 日本の山
  9. >
  10. 鷲羽岳
日本歴史地名大系
鷲羽岳
わしばだけ

大山おおやま町と長野県大町市の境にそびえる峻峰。標高二九二四・二メートル。すぐ南西にそびえる三俣蓮華みつまたれんげ岳の古名が鷲羽岳であったため山名に混乱が生じ、「二つの鷲羽岳」などといわれた。鷲羽岳の称は越中・信濃・飛騨三国境の山を主として、幾つかの峰の総称だったかとも思われるが、のち東側の最も高く山容壮大な当峰を東鷲羽ヶ岳と名付け、広義の鷲羽岳から独立させた。その初出は文化五年(一八〇八)石黒信由作製の新川郡立山之後御縮山之図(県立図書館蔵)であろう。「三州地理志稿」も東鷲羽ヶ嶽の名を掲載している。新川郡組分見取絵図(同館蔵)は西鷲羽岳・東鷲羽岳と東西二峰に分けて記載し、西鷲羽岳は現在の三俣蓮華岳にあたる。脇坂長右衛門が天保七年(一八三六)作製した新川郡奥山絵図、同年の新川郡大綱色分絵図(ともに県立図書館蔵)、江戸時代末期の黒部大川筋絵図(吉沢家蔵)などは東鷲羽岳のことを龍池ヶ岳と記すが、これは山の南側にある火口湖(現鷲羽池)を龍池として畏敬したところから生じた別名であろう。「三州地理志稿」は黒部川について「其源出鷲羽ケ嶽」と記し、以後ほとんどすべての地誌に黒部川源頭と記載されている。明治四二年(一九〇九)登山家辻村伊助は鷲羽岳頂上に立ち、「山と呼ぶ山は悉く四方に、此所はその渦巻の中心に位して、眼を遮ぎるものは少しもない」と感激したが、北アルプスの中心点として登山家のあこがれの的となった。深田久弥は日本百名山の一に選んだ。平地には姿を見せない最奥の山といわれたが、高岡市付近から薬師やくし岳の右側に兜をもたげたような姿を望むことができる。登山路としては裏銀座を縦走してたどりつくコース、くもノ平から南下するコース、薬師岳方面から立山連峰南部の山を縦走していくコースなどがある。

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

鷲羽岳と同じ日本の山カテゴリの記事
富士山(日本大百科全書(ニッポニカ))
山梨・静岡両県にまたがる、玄武岩を主とする成層・円錐火山。かつての富士火山帯の主峰であるが、全国最高の標高(3776メートル)と美しい容姿のために、古来、日本の象徴として仰がれ、親しまれ、海外にもよく知られる活火山。その傾斜は山頂部で32~35度
宝登山(日本歴史地名大系)
町境にそびえ、標高四九七・一メートル。山麓には宝登山神社・玉泉(ぎよくせん)寺、山頂には宝登山神社奥宮があり、古くから信仰の山であった。山名の由来は、弘法大師が山頂に宝珠の翻るのをみて名付けたとか、凹地・窪地をあらわすホドに因むなどといわれる。
槍ヶ岳(改訂新版・世界大百科事典)
飛驒山脈南部,長野県松本市,大町市,岐阜県高山市の境界に位置する山。標高3180mは日本第4位の高さである。山頂付近は槍の穂先のように鋭い尖峰を呈し大槍と呼ばれ,その北西斜面には小槍,孫槍,曾孫槍などの尖峰が付随する。山頂からは東鎌尾根,西鎌尾根,槍・穂高稜線,北鎌尾根の
御嶽山(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野・岐阜県境にそびえる複式の成層火山。木曽御嶽ともいう。中央火口丘の剣ヶ峰(けんがみね)が最高峰で標高3067メートル。外輪山(摩利支天山、継母岳)、寄生火山(継子岳、三笠山)、噴火口跡(一ノ池~五ノ池)などが南北に連なり、これらを総称して御嶽山とよぶ。頂上周辺の一ノ池
おお‐やま[おほ‥] 【大山】(日本国語大辞典)
(1)大きな山。また、山の美称。*万葉集〔8C後〕一二・三一五三「み雪ふる越の大山(おほやま)行きすぎていづれの日にか我が里を見む〈作者未詳〉」
日本の山と同じカテゴリの記事をもっと見る


「鷲羽岳」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
妙高山(日本歴史地名大系)
中頸城郡南部にある二重式火山。一帯は上信越高原国立公園に属する。主峰の円形カルデラをなす中央火口丘は妙高村の南西端にあり、標高二四四五・九メートル。これを前山・赤倉山・三田原山・大倉山など標高二〇〇〇メートル前後の外輪山が囲む。外輪山東側に北地獄谷と南地獄谷の火口瀬
甲武信岳(日本歴史地名大系)
大滝村の西端、山梨・長野・埼玉三県の県境にある標高二四七五メートルの山。山名はかつて当山が甲斐国・武蔵国・信濃国の三国の境にあたったことによる。秩父多摩国立公園に含まれ、奥秩父山地主脈上の中央に位置する。三方に尾根を出し、荒川・千曲川・笛吹川の源流地帯である。北に延びる
男体山(日本歴史地名大系)
日光火山群中の単独峰で、標高二四八四・四メートルの円錐状成層火山。南面に中禅寺湖が広がる。山頂部の旧火口は直径約四〇〇メートル、火口壁北部は欠落しているため馬蹄形をしている。山腹各所に薙とよばれる山崩れの跡がみられ、南東部に大薙、南西部に古薙、北部に御真仏薙、南部に
蓼科山(日本歴史地名大系)
茅野市と北佐久郡との境の山。八ヶ岳火山列の最北端にあるコニトロイデ式火山。北八ヶ岳では天狗岳(二六四五メートル)に次いで高く、標高二五三〇メートルである。諏訪側からは独立峰としてながめられる。頂上部は円形で、中央は周辺よりおよそ一〇メートルくぼんでおり、周囲約六〇〇メートル
浅間山(日本歴史地名大系)
群馬県嬬恋村と長野県北佐久郡軽井沢町・御代田町、小諸市にまたがる第四紀複合成層(三重式コニーデ)型の活火山で、標高二五四二メートル。第一外輪山は西方の黒斑山(二四一四メートル)・牙山(二〇四〇メートル)・剣ヶ峰(二二八八メートル)の半分ほどが残っており、第二外輪山の
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
鷲羽岳の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 11
検索コンテンツ
1. わしば‐だけ【鷲羽岳】地図
デジタル大辞泉
富山県南東部、長野県大町市との県境にある山。標高2924メートル。飛騨山脈(北アルプス)中央部の高峰の一。南東に火口湖の鷲羽池(湖面標高2750メートル)がある ...
2. わしばだけ【鷲羽岳】富山県:総論/後立山連峰
日本歴史地名大系
標高二九二四・二メートル。すぐ南西にそびえる三俣蓮華岳の古名が鷲羽岳であったため山名に混乱が生じ、「二つの鷲羽岳」などといわれた。鷲羽岳の称は越中・信濃・飛騨三 ...
3. くろべ‐がわ【黒部川】地図
デジタル大辞泉
富山県東部を流れる川。源を飛騨山脈中部の鷲羽(わしば)岳に発し、富山湾に注ぐ。上・中流は深い峡谷をなし、発電所が多い。上流に黒四ダムと人造湖の黒部湖がある。下流 ...
4. くろべがわ【黒部川】富山県:総論
日本歴史地名大系
鷲羽岳と祖父岳の間に発し、大山町・立山町東部を北流、宇奈月町愛本付近で流れを北西に変え、入善町と黒部市の境界を流れて日本海に注ぐ。支谷も多く、俗に黒部八千谷とい ...
5. くろべきょうこく【黒部峡谷】富山県:総論
日本歴史地名大系
になると巡回ルートは拡大した。温谷(現大山町)から黒部川を渡り針ノ木峠に登って真砂岳・中岳・鷲羽岳などの黒部川源流方面や後立山方面へも足を伸ばすようになった。下 ...
6. くろべし【黒部市】富山県
日本歴史地名大系
面積:八六・七七平方キロ 県の北東部、北アルプスの鷲羽岳(二九二四メートル)に源を発する黒部川と僧ヶ岳(一八五五メートル)から流れ出る布施川が富山湾に注ぐその間 ...
7. じいだけ・くものだいら【祖父岳・雲ノ平】富山県:総論/後立山連峰
日本歴史地名大系
雲ノ平は高山植物が多く、岩石が点在し、凹凸の多い高原の周囲に薬師岳・黒部五郎岳・三俣蓮華岳・鷲羽岳・水晶岳など北アルプス最奥の諸山をめぐらす。高原の各所にスイス ...
8. ひゃく‐めいざん【百名山】
デジタル大辞泉
名山として選び出した100の山。特に、深田久弥が品格・歴史・個性などからみたという「日本百名山」のこと。利尻山・羅臼(らうす)岳・斜里岳・阿寒岳(雌阿寒岳)・大 ...
9. 三俣〓華岳
世界大百科事典
ワグマなどの動物も多数生息している。古くは越中側で鷲羽(わしば)ヶ岳と呼ばれ,北東に位置する鷲羽岳は獅子ヶ岳または東鷲羽ヶ岳と呼ばれていた。烏帽子(えぼし)岳か ...
10. みつまたれんげだけ【三俣蓮華岳】富山県:総論/立山連峰
日本歴史地名大系
略絵図(同館蔵)は仮名書きでワシノハダケとする。このほか単に鷲羽嶽とのみ記す絵図もある。のち北東の鷲羽岳を東鷲羽岳、当山を西鷲羽岳とも称した(文化五年「新川郡立 ...
11. わりものたけ【割物岳】富山県:総論/後立山連峰
日本歴史地名大系
大山町と長野県大町市との境、鷲羽岳のすぐ東にそびえ立つ尖峰。標高二八八八メートル。明治以後信州側の名称によってワリモノ岳とよばれた。ワリモ岳とも書かれているから ...
「鷲羽岳」の情報だけではなく、「鷲羽岳」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る