1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 自然
  6. >
  7. >
  8. 日本の山
  9. >
  10. 鳳凰山
日本歴史地名大系

鳳凰山
くほうおうさん

駒ヶ岳の南東に連なる山塊。地蔵じぞうヶ岳・観音かんのん岳・薬師やくし岳の三峰を包括する広大な山域をさす。今日では鳳凰三山という呼称が広く用いられている。山域北部の御座石には戦国期に採掘されたとされる金鉱跡が残る。歴史的にみると、文献により当山の認識領域が錯雑しており、過去にいわゆる山名論争が展開された経緯がある。地蔵ヶ岳のみを鳳凰山とする一山説、観音岳と薬師岳の二峰を鳳凰山とする二山説、そして今日一般的となった三山説に大きく分類されるが、山麓の中巨摩郡芦安あしやす村、武川むかわ村域では地蔵ヶ岳を鳳凰山とよび習わしている。一八世紀中頃に武川筋で山論が発生し、それに関連して二枚の実測踏査図が作製されている。それをみると鳳凰山は地蔵ヶ岳のみをさしていることは明白で、少なくとも山麓では鳳凰山すなわち地蔵ヶ岳の認識が一般的であったことがうかがえる。こうした一山説は一八世紀末の「甲斐名勝志」や一九世紀初頭の「甲斐国志」にも認められる。「甲斐国志」には「州人多クハ誤リ認メテ是ヲ地蔵ガ岳ナリト云ハ非也、鳳凰山権現ノ石祠アリ祭日ハ九月九日ナリ神主小池氏柳沢村ニ住」とあり、すでに当時において山名に混乱がみられたことを示すとともに、具体的な事実を出しながら誤りを正そうとしている。これらよりも古い荻生徂徠の宝永三年(一七〇六)の「峡中紀行」に記された「鳳皇」は、観音岳と薬師岳の二峰をさすと判断できる。それは徂徠の視点なり情報源が、位置的に両峰を区分しがたい甲府近在にあったからと考えられている。二山説は野田成方の「裏見寒話」にも認められ、さらに幕末に発行された甲斐国絵図をはじめとした各種絵図はいずれも二山説にたって描かれているが、絵図の作製にあたった人物や印刷発行の所在地が甲府であったことをうかがわせる。地理的空間認識は、その人物の所在地や生活圏が反映されていると考えるのが妥当であろう。

一山説が一般的であったと思われる山麓においても、一九世紀に入ると三山説の浸透がみられる。韮崎市清哲町青木せいてつまちあおきに残る一九世紀初頭の青木村神社明細并鳳凰山(「赤石山地をめぐる歴史地理的一考察」所収)には「鳳凰山ハ観音地蔵薬師三岳ヲ総称シ」の記述がみえる。地名や山名の細分化は歴史の大きな流れであると同時に、こうした傾向はこの時期における山岳信仰の民衆レベルでの発達と無関係ではなかろう。さらに三山説が広く普及する契機となったのが、明治四三年(一九一〇)に発行された五万分の一地形図「韮崎」である。この地図をめぐって山岳界を中心とした、いわゆる山名論争が起こるが、当時山麓で主流となりつつあった山名を採用したと考えられる。山名の混乱は山頂部が少なくとも三峰より構成されるという地形的条件に起因することはいうまでもない。ここまでの諸説をふまえると、元来は鳳凰山とは地蔵ヶ岳を中心とした山域をさしていたと思われる。地蔵ヶ岳の頂上部には岩塔がそびえ、それを大鳥の嘴とみたてれば山容はまさに鳳凰のごとくである。鳳凰の名の由来はそこに求めることができよう。

〔地蔵ヶ岳〕

武川村と韮崎市・芦安村にまたがる山。地蔵岳ともいう。標高二七六四メートル。山頂には高さ二〇メートルほどの花崗岩の岩塔が屹立する。この岩塔を地蔵仏とか大日岩、あるいはその形状から烏岩とかオオトンガリともよぶ。その特異な形から山岳信仰の対象となり、付近より懸仏・古銭・剣鉾などが発見されている。山名の由来は昔、奈良法皇(孝謙女帝)がたびたびこの山に登り安産を祈って地蔵尊を安置したところからきているともいう。岩塔の手前には賽の河原とよぶ砂礫地があり、ここに数体の地蔵尊が並んでいる。毎朝この砂礫地には七、八歳くらいの子供の足跡がたくさんついているともいう。また子のない夫婦が賽の河原の地蔵尊を借り、家にそっと持って帰ると子供が授かるとも言伝える。岩塔への最初の登頂は、明治三七年イギリス人ウォルター・ウェストン。

〔観音岳〕

鳳凰三山の中央に位置し、標高二八四一メートルで、三山中の最高峰。四月中旬から五月中旬にかけて、山頂付近の東斜面に「のうし(農牛)」とよばれる雪形が現れる。融雪した箇所が黒い牛の姿に見える現象で、韮崎方面から眺めると、頭部を北に突き出したような格好にうつる。雪形は春の融雪期にみられるところから、農作業開始の目安とされた。こうした雪形の風習の背景には、神々が山中に宿るとする古来からの信仰があると考えられる。

〔薬師岳〕

鳳凰三山の南端に位置し、別名は乗鞍のりくら岳とも。観音岳を南方に下り、ハイマツの生えたなだらかな尾根をたどると到着する。標高二七八〇メートル。鞍部を隔てて北東方向にもう一つの岩峰がそびえる。地蔵ヶ岳の岩塔に比肩する花岡岩の岩峰で、この二峰をさして薬師岳と称する。山頂に薬師如来を祀る例は全国に多く、山岳信仰との関係はきわめて深い。薬師・観音・地蔵の山名や、地蔵ヶ岳の岩塔を大日岩と称しているところから推して、鳳凰三山一帯は大日如来を最高仏として祀る密教系修験者によって開かれたと考えられる。

ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
鳳凰山の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 149
検索コンテンツ
1. ほうおうさん【鳳凰山】山梨県:北巨摩郡
日本歴史地名大系
地蔵ヶ岳のみを鳳凰山とする一山説、観音岳と薬師岳の二峰を鳳凰山とする二山説、そして今日一般的となった三山説に大きく分類されるが、山麓の中巨摩郡芦安村、武川村域で ...
2. 鳳凰山
世界大百科事典
山梨県西部,韮崎市と南アルプス市の旧芦安村の境にある山。地蔵ヶ岳(2740m),観音ヶ岳(2841m),薬師ヶ岳(2780m)の三つのピークをもち,鳳凰三山とも ...
3. ほうおう‐ざん【鳳凰山】
デジタル大辞泉
「鳳凰三山」に同じ。  ...
4. ほうおう‐ざん[ホウワウ‥]【鳳凰山】
日本国語大辞典
山梨県韮崎市の西端にそびえる地蔵ケ岳(二七六四メートル)、観音岳(二八四〇メートル)、薬師岳(二七八〇メートル)の三山の総称。鳳凰三山。ホーオーザン ...
5. ほうおうざん【鳳凰山】秋田県:大館市
日本歴史地名大系
通じて現大館市・現北秋田郡域を支配した浅利氏の菩提寺玉林寺(現大館市大館)に関し「元ハ(中略)鳳凰山の麓にあり 今も猶寺跡あり 開山ハ松原補陀寺閑居守端禅師也  ...
6. 鳳凰山(ほうおうざん)
古事類苑
地部 洋巻 第3巻 794ページ ...
7. 『鳳凰山』 【ほうおうざん】
世界文学大事典
中国,清代の長編弾詞。作者不詳。1873(同治12)年文聚堂刊本がある。『安邦志』『定国志』の続編にあたる。趙少卿は雲貴王となり,その五男八女もともに結婚する。 ...
8. 江陵鳳凰山漢墓
日本大百科全書
中国、湖北省江陵県で発見された漢代の墓。1973年9月から11月中旬まで2期に分けて調査された。前漢(前202~後8)初とみられる土坑木椁墓(どこうもっかくぼ) ...
9. 赤石山脈
世界大百科事典
竜川,大井川,安倍川,早川(富士川の支流)などの下流部に限られている。この山脈の山々のうち,鳳凰山,駒ヶ岳,仙丈ヶ岳,北岳,赤石岳などは,古くから信仰の山として ...
10. あしくらやま【芦倉山】山梨県:中巨摩郡/芦安村/芦倉村
日本歴史地名大系
「甲斐国志」には「甘利山ノ西御座石山ノ南ニ在リ、鳳凰山ニ接ス。西南ハ西河内領ノ奈良田村」とある。芦倉山は独立した一山ではなく、薬師岳・辻山・千頭星山・大崖頭山・ ...
11. 『安邦志』 【あんぽうし】
世界文学大事典
最後にふたりは結ばれ,少卿は仙珠を含めて9人の妻と暮らしたという話。この続編が『定国志』および『鳳凰山』である。 ...
12. いがわむら【井川村】福井県:敦賀市
日本歴史地名大系
柴一万束、生柿二千顆、炭一千俵、茶葉二〇貫(滋賀県物産誌)。集落の東北部に時宗新善光寺がある。山号鳳凰山。空海の開基でかつては真言宗で金縄院と称したと伝え、正安 ...
13. いずみてらまち【泉寺町】石川県:金沢市/金沢城下/第一連区
日本歴史地名大系
千手院延命地蔵の同宗開禅寺などが並ぶ。ほかに曹洞宗では永亀山金剛寺・延寿山常松寺・神応山香林寺、鳳凰山祇陀寺(延享期に十一屋村に移住)、天台宗では恵光山西方寺( ...
14. いつかいちむら【五日市村】東京都:あきる野市/旧五日市町地区地図
日本歴史地名大系
この運上鐚三一六貫一八文であった(「上納目録」萩原家文書)。入野に臨済宗建長寺派の幽遠山開光院、小納に同派の鳳凰山玉林寺(光厳寺末)、北寒寺に同派の仏頂山楞厳寺 ...
15. いわがみむら【岩神村】秋田県:大館市
日本歴史地名大系
[現]大館市岩神 大館盆地東北部、鳳凰山に連なる岩神山麓に位置し、大館町の東部。大館から長木川沿いに南部領に延びる街道が通じる。享保一五年(一七三〇)の「六郡郡 ...
16. イワシャジン
日本大百科全書
関東西部、中部地方南東部に分布する。変種ホウオウシャジンは小形の高山型で赤石山脈(南アルプス)の鳳凰山(ほうおうざん)に分布する。高橋秀男 ...
17. うちふかたむら【内深田村】愛媛県:北宇和郡/広見町
日本歴史地名大系
合となっている。石高の増加は水利が改善されたためと考えられる。「吉田古記」によると、村内には鳳凰山成杖寺(臨済宗、吉田の大乗寺末)があり、その本尊地蔵菩薩の台座 ...
18. 延安
世界大百科事典
人口40万(2000)。市街は延河の中流部に沿う,黄土高原中の谷底平地にあり,周囲には宝塔山,鳳凰山,清涼山などがとりまいている。春秋時代の白翟(はくてき)の住 ...
19. 王船山詩文集 修羅の夢 338ページ
東洋文庫
死んだらそこに埋めよと言ったという。 ○酒客顛 酒呑みの劉伶のような疲  顛。 ○瀧岡 江西省永豊県の南の鳳凰山。宋の欧陽脩が父を葬り、「瀧岡肝表」を記す。 ○ ...
20. 伽婢子 2 332ページ
東洋文庫
尾張国海部郡(愛知県海部郡甚 目寺町)にある真言宗(文禄二年〈一五九三〉ま では天台宗)の寺。鳳凰山と号し、本尊は聖観音。 推古五年創建と伝えられ、平安末から鎌 ...
21. おんねいじ【恩栄寺】石川県:江沼郡/山中町/山中村
日本歴史地名大系
[現]山中町湯の出町 山中温泉の共同浴場を南に行った突当りにあり、浄土真宗本願寺派。白鳳凰山と号し、本尊阿弥陀如来。寺伝では佐々木小三郎盛則という武士が越後に流 ...
22. かみきょうまち【上京町】滋賀県:大津市/大津町
日本歴史地名大系
化財)であるが、これは一六世紀のブリュッセルで織られたもので、太間町の竜門滝山、長浜曳山祭の鳳凰山、京都祇園会の鯉山、金沢前田家所蔵の毛綴織などと合せローマ史詩 ...
23. かりしきむら【刈敷村】宮城県:栗原郡/志波姫町
日本歴史地名大系
という。山王社は沼崎村・梅崎村、畑岡村(現若柳町)など七ヵ村の鎮守であったと伝える。曹洞宗の鳳凰山大光寺は釈迦如来を本尊とする。 ...
24. 漢簡
世界大百科事典
堆1号・3号漢墓出土の970点,73年河北省定県前漢墓出土の書籍8種,73-75年湖北省江陵鳳凰山前漢墓群出土の570点,78年青海省大通県前漢墓出土の400点 ...
25. 漢書食貨・地理・溝洫志 118ページ
東洋文庫
同じ百枚でも法定の銭百枚分の重さに達しなかったり、逆に 超過したりすることを表わす。一九七五年、湖北省の江陵鳳凰山一六八号漢墓で四鉄銭用の天秤は かり(銭衡)が ...
26. がんじょうじ【願成寺】山梨県:韮崎市/鍋山村
日本歴史地名大系
[現]韮崎市神山町鍋山 神山町鍋山集落の東方、釜無川の右岸から神山町北宮地の武田八幡宮へ向かう道沿い南側にある。鳳凰山と号し、曹洞宗。本尊は阿弥陀如来。古くは天 ...
27. がんじょうじ【願成寺】愛媛県:周桑郡/丹原町/田野村
日本歴史地名大系
[現]丹原町北田野 北田野の北部、旧松山道西側の天神社の西南方にある。鳳凰山と号し、臨済宗東福寺派。本尊は釈迦如来、庫裏本尊は如意輪観世音。沿革はつまびらかでな ...
28. 寄生虫画像
世界大百科事典
南省長沙の馬王堆1号漢墓の女性の死体からジュウケツキュウチュウ(住血吸虫)卵が,湖北省江陵の鳳凰山168号墓の男性死体からジュウケツキュウチュウ,ベンチュウ(鞭 ...
29. きたこまぐん【北巨摩郡】山梨県
日本歴史地名大系
釜無川は郡域内を南東流して甲府盆地へと流れ下る。八ヶ岳は八ヶ岳中信高原国定公園に含まれている。駒ヶ岳・鳳凰山周辺は県立南アルプス巨摩自然公園に含まれる。釜無川に ...
30. 共古随筆 304ページ
東洋文庫
信ずるに足ら澱説なれど、武田氏の時代の文書には、此の地を山代郡と記したるあり、此の村の地続の山に鳳凰山といふ山あるゆへ、女帝法皇を慕ひ此の地に遷居ありしなどと云 ...
31. ぎょくりんじ【玉林寺】秋田県:大館市/大館町/大町
日本歴史地名大系
[現]大館市大町 旧大館城下町の西南部、寺町の一画にある。曹洞宗、鳳凰山と号し、本尊は釈迦牟尼仏。中世、この地方を支配した浅利氏の菩提寺。天文年間(一五三二―五 ...
32. くろさわむら【黒沢村】山梨県:北巨摩郡/武川村
日本歴史地名大系
[現]武川村黒沢 鳳凰山の支脈、通称小物成山麓の大武川段丘上に位置する。南の黒沢川の谷と台地との境界線に沿い、南面傾斜地を利用した日当りのよい場所である。天正九 ...
33. 景徳鎮陶録 1 115ページ
東洋文庫
開封府に創設されたもの、南宋官窯は高宗の紹興年間(十二世紀中葉)に行在所の臨安府内の修内司と鳳凰山下に復興されたもの。本書第六巻三に記載がある。(12) 飯器と ...
34. 景徳鎮陶録 1 236ページ
東洋文庫
『博物要覧』巻二に見える次の記事に基づいたものであろう。     再窯者焼於私家、取土亦〔杭州城内〕鳳凰山。七 章竜泉窯 章竜泉窯器とは、即ち章生一の弟章生二の ...
35. 景徳鎮陶録 2 168ページ
東洋文庫
〔南宋〕官窯は宋の修内司中において焼造し、官家のために設置されたものである。窯は〔浙江省〕杭州〔城内の〕鳳凰山下に在った。その材料粘土は紫色を呈していたから、高 ...
36. 景徳鎮陶録 2 272ページ
東洋文庫
1-157芒1-2242-225方円器        2-116冒孟         1-151鳳凰山  1-229,2362-168,233報火        ...
37. けんろくえん【兼六園】石川県:金沢市/金沢城下
日本歴史地名大系
さらに旭桜・塩釜桜・菊桜・乙葉松・末森松などの名石・銘木も園内のところどころに配され、常盤岡・桜ヶ岡・鶺鴒島・鳳凰山・松濤坂・不老坂・紺谷坂・真弓坂・七福神山( ...
38. 藝文おりおり草 78ページ
東洋文庫
、想うにそれは同一人物であろう。もしそうであるとするならば、ここに彩楼配・平貴別客・摩天嶺・鳳凰山・独木関・赴三関・武家披・扮河湾・算糧登殿・大登殿等を挙げるこ ...
39. 杭州
世界大百科事典
人口245万(2000)。銭塘江の左岸,杭州湾頭にあり,西は風光明媚な西湖に接し,南に呉山,鳳凰山,玉皇山が連なる。北に向かう江南大運河の起点でもある。北西郊に ...
40. 江陵
世界大百科事典
書された2000余字は楚の文字研究には欠かせない一等資料である。また73年以後には紀南城内の鳳凰山一帯で多数の漢墓が発掘され,8号,9号,10号の3墓からは総計 ...
41. ございしおんせん【御座石温泉】山梨県:韮崎市/下円井村
日本歴史地名大系
[現]韮崎市円野町下円井 円野町下円井の南西部、御座石山のうち字湯沢にあり、鳳凰山麓の小武川渓谷に臨む。開湯の年代は不明であるが、近世には下円井村のうちで集落か ...
42. 五雑組 6 12ページ
東洋文庫
評判が落ちて、以前のようには振るわなくなってしまった。(1) 北苑 宋代、建安、今の福建省建囲県の鳳凰山にあった名茶の産地。朝廷ではここに工場を  設けて、宮廷 ...
43. しもつぶらいむら【下円井村】山梨県:韮崎市
日本歴史地名大系
[現]韮崎市円野町下円井 上円井村の南に位置し、村域は釜無川右岸の氾濫原から西部の鳳凰山麓にまで広がる。本村北西の高位段丘上に枝郷宇波円井がある。中世には上円井 ...
44. 修内司窯
世界大百科事典
中国,南宋の都,臨安(浙江省杭州)の郊外の鳳凰山下にあったといわれる窯。《咸淳臨安志》に,〈修内司営,孝仁坊内の石橋頭,万松嶺,鉄治嶺,榷貨務の東に在り〉と記さ ...
45. しょうか‐じ[シャウクヮ‥]【聖果寺・勝(ショウ)果寺】
日本国語大辞典
中国の浙江省杭州市の鳳凰山にある寺。隋代の創建といわれる。ショーカジ〓[ジ] ...
46. ショオ(畲)族
世界大百科事典
史伝承である〈槃瓠王歌〉〈高皇歌〉〈狗皇歌〉などに語られているが,移動の始点を広東省の潮州の鳳凰山としているものが多い点に特徴がある。彼らはすでに隋・唐のころに ...
47. 蜀碧・嘉定屠城紀略・揚州十日記 73ページ
東洋文庫
れたが、一人は嘉定州の欧陽直である。 *欧陽直はのちに賊が川北へ逃亡したさい連行さ れたが、鳳凰山で敗戦したとき脱走し、丹陵に移 り住んで、わたしの叔祖の家の姻 ...
48. 蜀碧・嘉定屠城紀略・揚州十日記 88ページ
東洋文庫
張献忠は射られたとき、矢を引 き抜いて手に握ったまま、わが軍に向かって、 「おれは燕子嶺で生まれ、鳳凰山で死ぬのだ」と ...
49. しんじゅいん【真珠院】静岡県:清水市/旧庵原郡地区/梅ヶ谷村
日本歴史地名大系
[現]清水市梅ヶ谷 梅ヶ谷東部の山裾にある。鳳凰山と号し、曹洞宗。本尊は釈迦如来。今川範国が開いた真言宗国光寺が前身といい、国光寺開創には次のような伝承がある。 ...
50. 地蔵ヶ岳[百科マルチメディア]画像
日本大百科全書
観音ヶ岳、薬師ヶ岳とともに鳳凰三山(ほうおうさんざん)(鳳凰山)を構成する山。標高2764m。南アルプス国立公園に含まれる。山頂にはオベリスクとよばれる岩塔がそ ...
「鳳凰山」の情報だけではなく、「鳳凰山」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

鳳凰山と同じ日本の山カテゴリの記事
富士山(日本大百科全書(ニッポニカ))
山梨・静岡両県にまたがる、玄武岩を主とする成層・円錐火山。かつての富士火山帯の主峰であるが、全国最高の標高(3776メートル)と美しい容姿のために、古来、日本の象徴として仰がれ、親しまれ、海外にもよく知られる活火山。その傾斜は山頂部で32~35度
宝登山(日本歴史地名大系)
町境にそびえ、標高四九七・一メートル。山麓には宝登山神社・玉泉(ぎよくせん)寺、山頂には宝登山神社奥宮があり、古くから信仰の山であった。山名の由来は、弘法大師が山頂に宝珠の翻るのをみて名付けたとか、凹地・窪地をあらわすホドに因むなどといわれる。
槍ヶ岳(改訂新版・世界大百科事典)
飛驒山脈南部,長野県松本市,大町市,岐阜県高山市の境界に位置する山。標高3180mは日本第4位の高さである。山頂付近は槍の穂先のように鋭い尖峰を呈し大槍と呼ばれ,その北西斜面には小槍,孫槍,曾孫槍などの尖峰が付随する。山頂からは東鎌尾根,西鎌尾根,槍・穂高稜線,北鎌尾根の
御嶽山(日本大百科全書(ニッポニカ))
長野・岐阜県境にそびえる複式の成層火山。木曽御嶽ともいう。中央火口丘の剣ヶ峰(けんがみね)が最高峰で標高3067メートル。外輪山(摩利支天山、継母岳)、寄生火山(継子岳、三笠山)、噴火口跡(一ノ池~五ノ池)などが南北に連なり、これらを総称して御嶽山とよぶ。頂上周辺の一ノ池
おお‐やま[おほ‥] 【大山】(日本国語大辞典)
(1)大きな山。また、山の美称。*万葉集〔8C後〕一二・三一五三「み雪ふる越の大山(おほやま)行きすぎていづれの日にか我が里を見む〈作者未詳〉」
日本の山と同じカテゴリの記事をもっと見る


「鳳凰山」は自然に関連のある記事です。
その他の自然に関連する記事
はつ‐お[‥ほ] 【初穂・早穂・最花】(日本国語大辞典)
その年になって初めて実った稲の穂。*江帥集〔1111頃〕「きみがよのよろづのあきのはつほなるよしだのさとのいねをこそつけ」*色葉字類抄〔1177〜81〕「粃 ハツオ 早初 ハツオ 最花 同」*為家集〔1271〜75頃〕秋「風わたる野田のはつほの打なびきそよぐにつけて秋ぞ知る
択捉島(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
千島列島中、最大の島で国後島の北東、得撫島の南西に位置する。面積は三一三九平方キロ。寛永二十年(一六四三)オランダ船によって発見され、スターテン=ラントと名付けられた。わが国には本島東部の蝦夷を通じて古くから知られていたが、直接交渉を持ったのは享保十六年(一七三一)
国後島(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
千島列島最南端の島。松前藩には北海道本島の東端目梨蝦夷を通じて古くから知られていたが、直接関係を持ったのは享保十六年(一七三一)酋長が松前を訪れ、宝暦四年(一七五四)場所が置かれて以来のことである。寛政元年(一七八九)国後・目梨蝦夷の乱により支配が強化され
佐渡島(日本国語大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
新潟県に属する日本海にある島。遠流(おんる)の地、金山で古くから知られ、史跡が多く、景勝や郷土芸能に富む。米作が主。佐渡。*浮世草子・男色大鑑〔1687〕五・五「本国佐渡(サド)が嶋(シマ)へ帰り
奄美大島(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
鹿児島県奄美諸島の北端に位置し、同諸島中最大の島。属島に加計呂麻島、与路島、請島などがある。本島の面積712.38平方キロメートル、島の最高点は湯湾岳の694メートル。本島と加計呂麻島はリアス式の海岸線を有し、極度に屈曲に富む。このような地形であるため、北部の笠利半島付近を
自然に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る