1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 社会
  6. >
  7. 祭・祭事・イベント
  8. >
  9. >
  10. 御頭祭
国史大辞典
御頭祭
おんとうさい
長野県諏訪大社上社の四月十五日(例祭)の神事。古くは年中七十二度の神事中最も重んじられ、正月の頭郷御占・御符渡・境注連などの神事を経て四月に至るものであった。頭郷といって諏訪郡内十六ヵ村が定められており、輪番で少年一人を出させこれを神使とし、例祭前三十日間潔斎させた。当日は本宮から前宮十間廊に渡御あり、おびただしい神饌を列ね(中に鹿頭を加える例であった)、「御杖柱の幣」と称する特別の幣束を奉ることをした。なお以前は神使が烏帽子水干姿で流鏑馬式を行い、のち数日にわたり神領村々を巡った。これとやや似た例に、茨城県の鹿島神宮の祭頭(さいとう)祭があり、ここでは旧神領の村々が神籤によって頭(とう)を指され、その村からは大将または新発意と呼ばれる児童を出し、この者は当日には甲冑姿で肩車に乗って社参する。頭(ふつうお頭と呼ばれる)とは、文献上では平安時代中期から大寺・大社の記録に見出され、頭役・頭人、さらに中世後期からは頭屋(当屋・祷屋とも書く)と呼ばれ、祭礼行事を輪番で執行する氏子内の慣行のことであり、宮座組織・氏子組織とともに展開したものである。現在は近畿・北陸から中国・四国にかけて濃密な分布を示し、各地の郷村において盛んな頭人祭り、頭屋神事の類が行われている。もっとも明治以後神社制度の執行により、一般祭式に地歩を譲り背後に退いた観があるが、なお中世以来の慣行を守って重要神事のうちに頭屋制を加えている地方大社もあり、上に述べた諏訪・鹿島の場合はその代表的な例ということができる。→頭屋(とうや)
[参考文献]
肥後和男『宮座の研究』、和歌森太郎『中世協同体の研究』、辻本好孝『和州祭礼記』、萩原竜夫『中世祭祀組織の研究増補版』、原田敏明「当屋に於ける氏神奉斎」(『帝国学士院紀事』一ノ一)
(萩原 竜夫)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

御頭祭と同じカテゴリの記事
祇園祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
京都市東山区祇園町に所在する八坂(やさか)神社の祭礼。毎年7月17日から24日まで行われる。以前は祇園会(え)あるいは祇園御霊会(ごりょうえ)ともいった。東京の神田祭、大阪の天神祭とともに三大祭に数えられている。起源は、平安時代の869年(貞観11)に全国に疫病が流行したため
(日本大百科全書(ニッポニカ))
一般に公的でめでたい祝いの宗教的儀式、つまり祝祭を意味する。多くの人を集め、酒や食料が大量に消費されることも多い。そこから「お祭り騒ぎ」などの表現も出てくる。本来は宗教的行為であるが、単に多くの人を集め、にぎやかさや華やかさが強調されて宗教的意味がなくなると、「港祭」とか商店街の「○○祭」
管絃祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
神事には往々にして管絃を奉奏することが行われるが、とくにその規模を大きくして神輿(みこし)を船中に奉安し、管絃を吹奏して神霊をなぐさめる神事。広島県廿日市(はつかいち)市宮島町の厳島(いつくしま)神社、福井県敦賀(つるが)市の金崎宮(かねがさきぐう)などで行われている。
忌籠祭(改訂新版・世界大百科事典)
斎籠祭,居籠祭とも記す。祭りの執行に際して,神職など祭りに直接関与する者は外部との関係を絶ち,神霊を迎えることができる心身になるために,特定の期間・場所で心身を慎む。これが氏子全員に課せられている祭りをとくに忌籠祭という。
悪態祭(日本大百科全書(ニッポニカ))
集まった群衆が互いに悪口を言い合うことが特徴の祭礼。悪口(あっこう)祭、悪たれ祭、喧嘩(けんか)祭などともいう。相手を言い負かせば幸運を得るとしたことに基づくらしいが、年頭の祭りに多く、もと年占(としうら)の意味が濃かったようである。
祭と同じカテゴリの記事をもっと見る


「御頭祭」は祭・祭事・イベントに関連のある記事です。
その他の祭・祭事・イベントに関連する記事
春日若宮祭(国史大辞典)
奈良市春日大社摂社の春日若宮神社の祭。おん祭と通称される。無形文化財指定。例祭は十二月十七日。翌十八日に後宴能が加わる。一の鳥居のある馬場に面した春日野の御旅所仮屋に前夜半に神幸を仰いで執行され、特に祭礼の風流(お渡り)が有名である。創始は保延二年(一一三六)九月十七日。
鹿島御船祭(国史大辞典)
茨城県鹿島神宮で十二年に一度、午の年に盛大に行われる船渡御(ふなとぎょ)の祭。九月一日夕刻大篝に点火し、神輿を拝殿中央に奉安し、霊遷(みたまうつし)ののち祝詞奏上、神宝読上げがあって神輿出御となり行宮に赴く。二日は行宮を出、北浦の大船津河岸から神輿を御船に移し
風日祈祭(国史大辞典)
伊勢神宮の両宮をはじめ別宮・摂社以下の諸社に、風雨の災害なく五穀が豊熟するよう祈る神事。従来四月十四日と七月四日とに執行されてきたのを、明治十三年(一八八〇)より五月十四日と八月四日とに改定された。五月十四日の祭儀には御幣(みてぐら)および御蓑(みみの)・御笠(みかさ)を
御頭祭(国史大辞典)
長野県諏訪大社上社の四月十五日(例祭)の神事。古くは年中七十二度の神事中最も重んじられ、正月の頭郷御占・御符渡・境注連などの神事を経て四月に至るものであった。頭郷といって諏訪郡内十六ヵ村が定められており、輪番で少年一人を出させこれを神使とし、例祭前三十日間潔斎させた。
御田植祭(国史大辞典)
神社の御供田などを植えるとき行う祭儀。古来の大社にはこの神事を伝承する所が少なくない。三重県志摩郡磯部町の伊雑宮の御田植オミタは六月二十四日、これより早く五月末から伊勢内外両宮と猿田彦神社でも御田植祭が営まれる。大阪市の住吉大社で六月十四日、京都市の稲荷大社は同十六日
祭・祭事・イベントに関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
御頭祭の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 9
検索コンテンツ
1. おんとうさい【御頭祭】
国史大辞典
長野県諏訪大社上社の四月十五日(例祭)の神事。古くは年中七十二度の神事中最も重んじられ、正月の頭郷御占・御符渡・境注連などの神事を経て四月に至るものであった。 ...
2. こうや【神野】長野県:諏訪郡
日本歴史地名大系
れていた。諏訪の七不思議といわれるものの中に「高野の耳裂鹿」がある。高野は神野で、三月の神使御頭祭(酉の祭、現在は四月一五日)の御贄に奉進する七五頭の鹿のうちに ...
3. 神道集 68ページ
東洋文庫
セ」とある。『平家物語』『太平記』などに見える句(『説法明眼論』によるか)。大頭 諏訪社では御頭祭のために氏子区域の十六ヵ村から頭人が選ばれ、饗膳の賄にあたった ...
4. 諏訪大社
日本大百科全書
やじま)氏は母神高志沼河比売命を遠祖とする。 例祭は上社4月15日、下社8月1日。上社例祭は御頭祭(おんとうさい)と称する特殊神事で、昔は鹿(しか)の頭75個を ...
5. 諏訪大社
世界大百科事典
の田遊神事,下社の同日の筒粥神事でその年の農作物の豊凶を占う。上社の4月15日の例祭のあとの御頭祭(おんとうさい)では本宮より前宮へ神輿(みこし)渡御のあと,古 ...
6. すわたいしゃ【諏訪大社】画像
国史大辞典
改修のとき前代の様式を忠実に守ったものとみえる。祭事は、上社は旧暦三月酉日(現在は四月十五日)の御頭祭(おんとうさい、酉ノ祭)を大祭とし、下社はお舟祭といい、旧 ...
7. すわたいしゃかみしゃほんみや【諏訪大社上社本宮】長野県:諏訪市
日本歴史地名大系
又御宝大鈴ノコトシ、錦ノ袋ニ納テ頸ニ懸ク、(中略)廻神ト称シテ村氏是ヲ拝ス、とある。酉の祭・御頭祭ともよぶ。四月二七日、矢崎祭(→御座石神社)。五月二―四日、御 ...
8. たつやすくらじんじゃ【達屋酢蔵神社】長野県:茅野市/横内村
日本歴史地名大系
可加修理者也」とある。「諏訪神社祭典古式」には「此日国司栗林郷立屋社ニ着ク」とあり、毎年の諏訪神社の春の例祭御頭祭に国司が奉幣使として参着する場であったことがわ ...
9. とうや【頭屋】
国史大辞典
頭屋の交代の頭渡し(頭受け)には、きまりに従って、神事に関する道具や帳簿類を引きつぐ。→おはけ,→御頭祭(おんとうさい) [参考文献]肥後和男『宮座の研究』、柳 ...
「御頭祭」の情報だけではなく、「御頭祭」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る