1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 文学
  8. >
  9. 漢詩
  10. >
  11. 文鏡秘府論
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典

日本大百科全書
文鏡秘府論
ぶんきょうひふろん

空海撰(くうかいせん)の詩学書。819~20年(弘仁10~11)ごろの成立。『四声譜』(沈約(しんやく))、『詩格』(王昌齢(おうしょうれい))、『詩式』(釈皎然(しゃくこうねん))、『文心雕竜(ちょうりょう)』(劉〓(りゅうきょう))など、中国の六朝(りくちょう)から初唐にかけての諸家の集から、四声およびその運用を論じたもの、対偶を論じたもの、詩の格式あるいは詩病を論じたものなどを抜き出し、天、地、東、南、西、北の六巻に配してある。文献の的確な引用に空海の見識がうかがえるが、これらの文献は『日本国見在(げんざい)書目録』や『文献通考』などに書名をとどめるのみのものも多い。
[金原 理]


改訂新版・世界大百科事典
文鏡秘府論
ぶんきょうひふろん

平安時代の詩文作法・評論書。6巻。弘法大師空海の撰。820年(弘仁11)以前の成立。中国の六朝・隋・唐時代に書かれた音韻書などから抜粋し斟酌(しんしやく)してつくったもので,詩文の創作に関する重要な規則を八韻,四声,対句,文体,詩文の病(やまい)などに分けて論じ,近体詩の作者の参考に供したものである。今日中国では六朝時代の音韻書がほとんど散逸して伝わらないので,引用書の資料的な価値も高い。また,序文に文章経国思想が顕著にみられることや,摘句(てきく)という,一首の詩の中から佳句を取り出したり,文章の中から対偶の佳什(かじゆう)を抜き出すことをして例句をあげ,《和漢朗詠集》に見える摘句の先蹤として注目される。本書の分類論,病論は後世の歌論に影響を与えた。820年空海みずから本書を抜粋して《文筆眼心抄》1巻をつくった。
[川口 久雄]

[索引語]
空海 摘句 歌論

国史大辞典
文鏡秘府論
ぶんきょうひふろん
中国六朝・唐時代に盛行した『詩体』『文筆式』など多くの漢詩文作法書類を取捨選択し、接合した詩文評論書。漢詩文作成のための参考書。弘法大師空海の編著。六巻。成立は大同四年(八〇九)―弘仁十一年(八二〇)の間。書名は、多くの大陸の書物を披見し、その要を採った便利な詩文手鏡であり、秘府(宮廷の書庫)のごときものである、の意。わが国において詩文の形式を論述したはじめ。空海の代表的文学評論。天・地・東・南・西・北の六巻に分かち、各巻に項目を立てて、縦横に中国の書籍を引用し、論評するが、空海自身の文章は少ない。引用された多くの中国文献は、今日ほとんど散佚しており、中国詩論史上、重要な意義を有する元兢の『詩髄脳』や『古今詩人秀句』など、本書にのみみられる文献も多く、唐代佚書の宝庫。偽書とされていた『詩格』や『詩議』も本書によって真本と判明した。今日、宋の釈恵洪『天厨禁臠』以前の、詩の法則を記述した書物は伝わらないから、中国文学史の空白を埋める貴重な資料であり、後世のわが歌学に与えた影響も大きい。そのうち、地巻「十七勢」第七にみえる「謎比勢」は謎に関する記述と考えられるなど、興味深い内容を含む。空海自身の手になる部分は天巻の総序と東巻の小序(論対)、西巻の小序(論病)だけとされるが、地巻「九意」も他に類例がなく、本書の略出本たる『文筆眼心抄』(弘仁十一年)にもみえない。「九意」の所拠原典としては、中国の都鄙に通行していた唐代類書、詞華部類佳句集の類が考えられるが、「九意」の項は空海自身の執筆かもしれない。本書が修辞主義の形式論的傾きを示すなかで、「九意」は詩賦の中味に触れ、繊細な季節感覚をうかがわせるところがある。すなわち、「九意」は詩賦の対象の世界を春・夏・秋・冬・山・水・雪・雨・風の九つに部類し、各類に四言の上下両句の対偶を並べて押韻し、各聯の下に部目を細注する。「裙開鳳転 袖動鸞飛 (美人)」のごとくである。総計三百六十四聯、相当の部類詞華選といってよい。けだし、詩文制作の対偶用語事典といった役目を果たしたものであろう。部類は自然現象によっているが、その中に「神女」「妓女」「美人」「閨怨」などの細目がみえるのは注目すべきところ。漢詩の総集が和歌の総集への道を拓く中で、「九意」の詩句が和歌に表現せられ、四時と四時の雑、四時の恋などに部類されて行けば、『古今和歌集』という一種の和歌制作のための帳中秘、部類詞華選の体式に近づくはずである。室町時代以前の古写完本には、宮内庁書陵部本・高野山三宝院本・高山寺蔵甲本があり、書陵部本は『東方文化叢書』一に影印されている。これらにつぐ古写完本たる室町時代の恵範上人手沢本は『六地蔵寺善本叢刊』七に影印刊行されている。版本の影印は『文鏡秘府論』(中華民国六十二年(一九七三)、台北)がある。翻刻は『弘法大師全集』三、『真言宗全書』四一、『日本詩話叢書』七、小西甚一『文鏡秘府論考』攷文篇、周維徳校訂『文鏡秘府論』(一九七五年、北京)、王利器校注『文鏡秘府論校注』(一九八三年、北京)などがある。
[参考文献]
小西甚一『文鏡秘府論考』研究篇、吉田幸一編『日本文学史に於ける文学論』、芳賀矢一『日本漢文学史』、岡田正之『日本漢文学史増訂版』、川口久雄『三訂平安朝日本漢文学史の研究』上、猪口篤志『日本漢文学史』、郭紹虞『中国古典文学理論批評史』上、王晋江『文鏡秘府論探源』、川口久雄「弘法大師の文学と現代」(御遠忌記念出版編纂委員会編『弘法大師と現代』所収)、同「空海文学における大唐文化の投影」(『密教文化』一四八)、同「古今集への道」(『文学』五三ノ一二)、加地哲定「文鏡秘府論の引用書に就いて」(『密教研究』二五)、西沢道寛「文鏡秘府論引用詩句出典」(『漢学会雑誌』六ノ二)、吉田幸一「文鏡秘府論の九意と平安朝歌集の部類立」(『書誌学』一七ノ五・六)、小沢正夫「文鏡秘府論と唐代詩学書の対句説」(『愛知県立女子短期大学紀要』八)
(川口 久雄)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
文鏡秘府論の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 124
検索コンテンツ
1. ぶんきゃうひふろん【文鏡秘府論】
全文全訳古語辞典
[書名]平安初期の漢詩文評論書。空海著。八二〇年(弘仁一一)までに成立。六巻。中国六朝や唐代の詩文を紹介・集成しつつ、中国文学の批評、漢詩文作成上の問題の指摘、 ...
2. 文鏡秘府論
日本大百科全書
空海撰(くうかいせん)の詩学書。819~20年(弘仁10~11)ごろの成立。『四声譜』(沈約(しんやく))、『詩格』(王昌齢(おうしょうれい))、『詩式』(釈皎 ...
3. 文鏡秘府論
世界大百科事典
平安時代の詩文作法・評論書。6巻。弘法大師空海の撰。820年(弘仁11)以前の成立。中国の六朝・隋・唐時代に書かれた音韻書などから抜粋し斟酌(しんしやく)してつ ...
4. ぶんきょうひふろん【文鏡秘府論】
デジタル大辞泉
平安前期の詩論書。6巻。空海編著。弘仁10~11年(819~820)ごろの成立。中国六朝から唐代の詩文の評論・格式などを編述したもの。→文筆眼心抄  ...
5. ぶんきょうひふろん[ブンキャウヒフロン]【文鏡秘府論】
日本国語大辞典
詩論書。六巻。空海撰。大同四〜弘仁一一年(八〇九〜八二〇)頃の成立。中国六朝(りくちょう)・唐時代の詩文の評論、作詩上の心得などを編述したもの。平安時代以後、詩 ...
6. ぶんきょうひふろん【文鏡秘府論】
国史大辞典
版本の影印は『文鏡秘府論』(中華民国六十二年(一九七三)、台北)がある。翻刻は『弘法大師全集』三、『真言宗全書』四一、『日本詩話叢書』七、小西甚一『文鏡秘府論考 ...
7. 『文鏡秘府論』 【ぶんきょうひふろん】
世界文学大事典
北巻とがそれぞれ対応しあう形をとっているのは,曼陀羅の構図が作用したともいわれる(興膳宏『文鏡秘府論』訳注,解説)。引用された文献は中国ではほとんど滅びてしまっ ...
8. あやし‐・む【怪】
日本国語大辞典
具体的動作の描写を通して内面の心理を描こうとする和文物語では用いられにくかったとする見方もある。(2)「文鏡秘府論保延四年点」(一一三八移点)には「アヤシムル」 ...
9. いい[いひ]【言・謂】
日本国語大辞典
所(いはゆる)、上の下を化すること、風の草を靡かすがごとし、其れ斯の謂(イヒ)乎(か)」*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕天「巷の陋に飢へ、疲れず、此の謂(イヒ ...
10. いずくん‐か[いづくん‥]【何─・安─・焉─】
日本国語大辞典
〔副〕(「いずく(何処)にか」の変化した語)(1)どこに…か。どの場所に…か。*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕「室に入りて問ふ、何(イツクンカ)之(ゆ)くと」 ...
11. いずくん‐か【安んか/焉んか】
デジタル大辞泉
[副]《「いずくにか」の音変化》どこに…か。 「室に入りて問ふ、―ゆくと」〈文鏡秘府論保延点〉 ...
12. 韻文(中国の) 【いんぶん】
世界文学大事典
へらく韻なきもの筆なり,韻あるもの文なり」といい,脚韻の有無で明確に区別している。空海の『文鏡秘府論』では「文なる者は,詩・賦・銘・頌・箴・賛・弔・誄などこれな ...
13. うたがうらく‐は[うたがふらく‥]【疑─】
日本国語大辞典
接尾語として独立した「らく」と係助詞「は」の付いたもの)「うたがわくは(疑─)」に同じ。*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕西「窃(ひそかに)疑(ウタカ)フラクハ ...
14. うち【内】
日本国語大辞典
変ることなくもてなし給ひしか、うちには憂きを知り給ふ気色しるく、こよなう変りにし御心を」*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕天「憂ひ中(ウチ)より発す」*保元物語 ...
15. えい‐かい[‥クヮイ]【詠懐】
日本国語大辞典
〔名〕心に思う事柄を詩歌に詠むこと。また、その詩歌。述懐。*文鏡秘府論〔809〜820頃〕南・論文意「詠懐者、有〓詠 ...
16. 王昌齢
世界大百科事典
が,辺境従軍の詩や送別の詩にも佳作が多い。また詩作の技法を論じた書《詩格》があり,空海の《文鏡秘府論》に節録される。《王昌齢詩集》3巻が伝わる。荒井 健 Wán ...
17. おし‐くだ・く【押砕・圧砕】
日本国語大辞典
二四「大きなる箭の篠の節の許を、朽木などを砕く様に、手を以て押砕き給つるを見給へつれば」*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕天「割きさき、推し研(クタイ)て 忽ち ...
18. おもん‐ぱか・る【思量・慮】
日本国語大辞典
〔他ラ四〕(「おもいはかる」の変化した語。「おもんはかる」「おもんばかる」とも)深く考える。思い巡らす。*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕北「方を慮(オモムハカ ...
19. かかわ・る[かかはる]【係・関・拘】
日本国語大辞典
生に関係(カカハ)ってるからさ!」(2)ある物事にとらわれて、それを気にする。こだわる。*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕西「同韻の為には、此の限りに拘(カカハ ...
20. かく‐しつ【鶴膝】
日本国語大辞典
の欠点(八病=はっぺい)の一つ。五言詩の第一句と第三句の各五字目に同声の字を用いること。*文鏡秘府論〔809〜820頃〕西・文二十八種病「鶴膝詩者、五言詩第五字 ...
21. かび【穎】
日本国語大辞典
竟(を)へ奉(まつ)らむ」*十巻本和名類聚抄〔934頃〕九「穂 唐韻云穎〈訓加尾〉穂也」*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕南「穎竪(カビのごとくたつ)」*観智院 ...
22. かま‐びす・し【囂・喧】
日本国語大辞典
(さうさくとカマヒスク)、百戯閭巷に叫び歌ひ」*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕「四座且らく喧(カマヒスイ)こと莫かれ」*為忠集〔鎌倉中か〕「ながきひ ...
23. 漢詩
日本大百科全書
れている。なお空海には『性霊集(しょうりょうしゅう)』のほかに六朝から初唐の詩論を集めた『文鏡秘府論(ぶんきょうひふろん)』がある。次の承和(じょうわ)期(83 ...
24. 漢文
日本大百科全書
『本朝文粋(もんずい)』のような名文の編纂(へんさん)が行われた。一方、中国の詩文論を集めた空海の『文鏡秘府論(ぶんきょうひふろん)』を継いで、『作文大体(さく ...
25. 漢文
世界大百科事典
出典をも知ることができるものであった。平安時代に入って,空海が詩論と作詩書の性格を兼ねた《文鏡秘府論》を著し,また《玉篇》の漢字辞典としての部分だけを抜きだした ...
26. 漢文学
日本大百科全書
宮廷文学的性格をもっている。注目すべきは『遍照発揮性霊集(へんじょうほっきしょうりょうしゅう)』『文鏡秘府論(ぶんきょうひふろん)』『三教指帰(さんごうしいき) ...
27. かんぶんがく【漢文学】
国史大辞典
き勅撰の三集がわずか十余年間に続いて出た。弘法大師の作品には、『遍照発揮性霊集』のほか、『文鏡秘府論』『文筆眼心抄』などがある。ほかに、忠臣の『田氏家集』、良香 ...
28. がくもん【学問】 : 古代
国史大辞典
翰律』十巻、『集韻律詩』十巻、『文鏡秘府論』三巻等があり、史学としては『古事記』・六国史、地誌としては諸国の『風土記』、氏姓については『新撰姓氏録』 ...
29. 顔氏家訓 1 234ページ
東洋文庫
うな「反語」にして弄ぶことが非難されているのだと考えられる。その反語に関して、王利器氏は『文鏡秘府論』などを用いてかなり説明を加えているが、その説を参考すると、 ...
30. 顔氏家訓 2 156ページ
東洋文庫
『北斉書』に本伝がある。『晴書』経籍志に「『韻略』一巻」なる書が登録されている。注   家は『文鏡秘府論』に録された劉善経の『四声論』や唐の王仁煎の『切韻』(輯 ...
31. きた・す【来】
日本国語大辞典
来させる。*斯道文庫本願経四分律平安初期点〔810頃〕「喚び来(きたシ)て謫罰することゆるす」*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕西「曾、闕玉宇清風を来(キタス) ...
32. きょ‐しょう[‥シャウ]【去声】
日本国語大辞典
上昇調をさす場合がある。古く日本に伝わった漢字の四声については、上昇調をさしていう。きょせい。*文鏡秘府論〔809〜820頃〕天・調四声譜「西方去声」*悉曇要訣 ...
33. ぎょうがん【行願】
日本人名大辞典
大進庵をむすび,吉祥寺の敬雄(きょうおう)らと交遊。晩年は京都の宝持院にうつった。著作に「文鏡秘府論冠註」「註阿字義」など。 ...
34. 空海画像
日本大百科全書
んれい)万象名義』(1114年書写、高山寺蔵、国宝)の編集や、文芸評論と作文概論を兼ねた『文鏡秘府論(ぶんきょうひふろん)』『文筆眼心抄』などの著がある。また、 ...
35. 空海
世界大百科事典
開創したが,819年ころから《広付法伝》2巻,《即身成仏義》《声字実相義》《吽字義(うんじぎ)》《文鏡秘府論》6巻,820年《文筆眼心抄》などを著述して,その思 ...
36. くうかい【空海】画像
デジタル大辞泉
ん)を開いた。詩文にもすぐれ、書は三筆の一。著「三教指帰(さんごうしいき)」「十住心論」「文鏡秘府論」「篆隷(てんれい)万象名義」「性霊集」など。遍照金剛。  ...
37. くうかい【空海】
日本国語大辞典
書にすぐれ、三筆の一人といわれる。死後、大僧正、法印大和尚位を贈られた。著に「三教指帰」「文鏡秘府論」「文筆眼心抄」「篆隷(てんれい)万象名義」「性霊集」「十住 ...
38. くうかい【空海】
全文全訳古語辞典
八二八年綜芸種智院を創立。詩文、漢学にも秀でる。「三筆」の一人。著書『三教指帰』『性霊集』『文鏡秘府論』『篆隷万象名義』など。  ...
39. くうかい【空海】画像
国史大辞典
月余にして高雄山寺に還った。このような動きの間にも、詩文の世界に対する空海の沈潜は深く、『文鏡秘府論』六巻の撰述を竟え、十一年五月、その玄要を抄録して『文筆眼心 ...
40. くうかい【空海】
日本架空伝承人名事典
開創したが、八一九年ころから『広付法伝』二巻、『即身成仏義』『声字実相義』『吽字義(うんじぎ)』『文鏡秘府論』六巻、八二〇年『文筆眼心抄』などを著述して、その思 ...
41. 空海[文献目録]
日本人物文献目録
法さまの足跡』成瀬閑次『弘法大師と其の時代』榊亮三郎『弘法大師の理想と芸術』小林太市郎等『文鏡秘府論考 3』小西甚一『書道全集 9』-『弘法大師伝』亀谷宥英『最 ...
42. くち‐びる【唇・脣・吻】
日本国語大辞典
上久治比留(クチビル)爾黒子」*不空羂索神呪心経寛徳二年点〔1045〕「牙を痛み唇(クチヒル)を痛み」*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕南「始めは燥ける吻(クチ ...
43. くわしゅう す
日本国語大辞典
「くわしくす」の変化したもの。*文鏡秘府論保延四年点〔1138〕南「或は研いて後に晶(クハシウス)」*古文孝経仁治二年点〔1241〕「吾(われ)、其の此(かく) ...
44. 皎然 【こうねん/ヂヤオラン】
世界文学大事典
『詩評』などの書名が伝えられているが,『詩議』と『詩評』とは元来同一の書であったようで,『文鏡秘府論』や『吟窓雑録』の中には『詩議』として引かれている。『詩式』 ...
45. 古今和歌集 25ページ
日本古典文学全集
ないから同等だということになる。こういう対句を中国の修辞法では「回文対」という(小西甚一『文鏡秘府論考』)。→二八三。→三三四。→四〇九。『万葉集』一四二四の歌 ...
46. 国文学全史 1 平安朝篇 93ページ
東洋文庫
しばらく措いて問わずして可なり。空海はよく詩文を作りしのみならず、またよくその法格を論ず。その文鏡秘府論六巻、これ実にわが国にありて詩文を評論せし鳴矢とす。 汎 ...
47. 国文学全史 1 平安朝篇 94ページ
東洋文庫
莫用古語及今。欄字旧意、改他旧語、移頭換尾。如此之人終不長進、為無自性。不能専心、苦思致見不成。(文鏡秘府論考 論文意一一五条) (およそ文を属するの人、常に意 ...
48. 国文学全史 1 平安朝篇 97ページ
東洋文庫
小西甚一『文鏡秘府論考』(研究篇・孜文篇講談社昭和≡二・二八年刊)、河本敦夫「東洋文芸の思想性 -文鏡秘府論の統一的考察1」(『密教文化』1 昭和二二年一月)、 ...
49. 国文学全史 2 平安朝篇 11ページ
東洋文庫
1296    1100  工【 349,358ふ袋草紙富士山記伏見の翁ふせご扶桑集文華秀麗集文鏡秘府論1 154,183,197,237. H 21,236, ...
50. こだい【古代】画像
国史大辞典
翰律』十巻、『集韻律詩』十巻、『文鏡秘府論』三巻等があり、史学としては『古事記』・六国史、地誌としては諸国の『風土記』、氏姓については『新撰姓氏録』 ...
「文鏡秘府論」の情報だけではなく、「文鏡秘府論」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

文鏡秘府論と同じ漢詩カテゴリの記事
懐風藻(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
漢詩集。1巻。撰者については、淡海三船説、葛井広成説、石上宅嗣説などがあるが未詳。751年(天平勝宝3)成る(序文による)。近江朝以降、奈良朝中期の天平ごろまでの約八十数年間のわが国の詩人64人の漢詩120首を、ほぼ時代順・作者別に配列して一巻にまとめている。
文鏡秘府論(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の詩文作法・評論書。6巻。弘法大師空海の撰。820年以前の成立。中国の六朝・隋・唐時代に書かれた音韻書などから抜粋し斟酌してつくったもので,詩文の創作に関する重要な規則を八韻,四声,対句,文体,詩文の病などに分けて論じ
凌雲集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の漢詩文集。814年(弘仁5)小野岑守、菅原清公、勇山文継らによって編纂撰進された。序文に「凌雲新集」とあるが、普通には「雲を凌ぐほどにすぐれた詩を集めた詩集」の意味で凌雲集とよばれる。782年(延暦1)から814年までの範囲から詩人23人、詩90首(
文華秀麗集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の勅撰漢詩文集。818年(弘仁9)仲雄王、菅原清公、勇山文継、滋野貞主らによって編纂撰進された。詩を分類するのに、遊覧、宴集、餞別、贈答、詠史、述懐、艶情、楽府、梵門、哀傷、雑詠の11の部立てを立てるという斬新な方法を用いている。
経国集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の漢詩文集。827年(天長4)、滋野貞主、良岑安世、菅原清公らによって編纂撰進された。書名は魏の文帝の「典論」にある、「(文章は)経国之大業而不朽」による。もともと20巻だったが、現存するのは巻1「賦」、巻10、11、13、14(以上、詩)、巻20
漢詩と同じカテゴリの記事をもっと見る


「文鏡秘府論」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
和漢朗詠集(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代、貴族の間に口ずさまれた漢詩文の佳句、および和歌の詞華選集(アンソロジー)。藤原公任の撰として疑われない。二巻。成立年は不明であるが、藤原道長三女でのちに後一条天皇皇后となった女御威子の入内屏風に、倭絵(やまとえ)・唐絵(からえ)とともに配されていたものと
栄花物語(栄華物語)(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
平安時代後期の歴史物語。四十巻(異本系三十巻)。『栄華物語』とも書く。『大鏡』とともに『世継』『世継物語』などとも呼ばれたため、時に両書は混同されたこともある。前三十巻の正編と、後十巻の続編の二部に大別され、まず正編が書かれた後、続編が別人によって書き継がれたもので
浜松中納言物語(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安後期成立の物語。現存5巻であるが、首部に1、2巻の欠巻がある。藤原定家筆、御物本『更級日記』奥書に「常陸守菅原孝標(すがはらのたかすゑ)の娘の日記也。(中略)夜半の寝覚、御津の浜松、みづから悔ゆる、朝倉などは、この日記の人の作られたるとぞ」と、『御津の浜松』
更級日記(国史大辞典・日本大百科全書・世界大百科事典)
仮名日記文学。菅原孝標女の著。一巻。康平二年(一〇五九)ごろ成立。父の任国上総に伴われた作者が、ひそかに胸に抱いた『源氏物語』への憧憬の気持ちを日記の冒頭に記し、まず寛仁四年(一〇二〇)、十三歳の九月、上総介の任果てて上京する孝標一行の東海道旅の記を綴る。三ヵ月の旅は
夜の寝覚(夜半の寝覚)(日本大百科全書・世界大百科事典)
平安後期の物語。『夜半の寝覚』とも、単に『寝覚』ともよばれる。現在の伝本は五巻または三巻であるが、その中間部分と終末部分とに大きい欠巻部分がある。原形態は、現存本の2倍から3倍の量があったと推定されるが、厳密には不明である。作者については、藤原定家が『浜松中納言物語』
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る