1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 文学
  8. >
  9. 漢詩
  10. >
  11. 経国集
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典

日本大百科全書
経国集
けいこくしゅう

平安前期の漢詩文集。827年(天長4)、滋野貞主(しげののさだぬし)、良岑安世(よしみねのやすよ)、菅原清公(すがわらのきよきみ)らによって編纂撰進(へんさんせんしん)された。書名は魏(ぎ)の文帝の「典論」にある、「(文章は)経国之大業而不朽」による。もともと20巻だったが、現存するのは巻1「賦(ふ)」、巻10、11、13、14(以上、詩)、巻20「策(官吏登用試験の問題文)」の6巻。所載詩人の範囲を707年(慶雲4)までさかのぼらせて、作者178人、賦17首、詩917首、序51首、対策(官吏登用試験の答案)38首を撰(えら)び、同じ勅撰(ちょくせん)集である『凌雲集(りょううんしゅう)』や『文華秀麗集』に比べてずっと大規模なものとなった。嵯峨(さが)天皇、滋野貞主、菅原清公、小野岑守(みねもり)らが多く入集(にっしゅう)しているが、宮廷貴族と出自を異にする空海の詩が8首あることに注目される。
[金原 理]


改訂新版・世界大百科事典
経国集
けいこくしゅう

平安初期,827年(天長4)5月成立した勅撰第3漢詩集。20巻。書名は,〈文章は経国の大業,不朽の盛事〉という魏の文帝の〈典論・論文〉による。淳和天皇の勅を奉じ,良岑安世(よしみねのやすよ)が滋野(しげの)貞主,南淵弘貞,菅原清公ら数名とともに協議して編集したもの。体裁分類など《文選》を学ぶ。文武帝の707年(慶雲4)以来の詩数917,賦(ふ)17首のほか,序51,対策文38首を収め,作者178人に及ぶ。ただし現存本は,巻一(賦),巻十(楽府・梵門),巻十一・十三・十四(いずれも雑詠),巻二十(対策)の6巻にすぎない。しかし長句の賦を含み,官吏採用試験の際の奉試の詩や対策文を載せることは,先行の漢詩集にみえず,また唐人張志和の〈漁歌子〉の詩体を模倣した〈雑言・漁歌〉の詩群がみえることは実に進取的である。詩人の代表は嵯峨上皇で,また官人にも佳作が多く,平安初期までの漢詩文の成果は本集によって知ることができる。
[小島 憲之]

[索引語]
良岑安世 滋野(しげの)貞主

国史大辞典
経国集
けいこくしゅう
平安時代初期の漢詩文集。二十巻。書名は魏の文帝の『典論』にある「文章経国之大業、不朽之盛事」に基づく。淳和天皇の勅命を受けて良峯安世が主宰となり、南淵弘貞・菅原清公・安野文継・安部吉人らが編纂したもので、『凌雲集』『文華秀麗集』に次ぐ第三の勅撰集である。序文に「天長四年(八二七)五月十四日」とみえるので、そのころの成立と考えられる。本書は序文によると文武天皇の慶雲四年(七〇七)から淳和天皇の天長四年に至る百二十一年間の作者百七十八人の賦十七首・詩九百十七首・序五十一首・対策三十八首を二十巻に分類したものである。現存するのは巻一(賦)、巻十(楽府・梵門)、巻十一・十三・十四(以上雑詠)、巻二十(策)の六巻のみであるが、それから判断して巻一賦、巻二から巻十五まで詩(七百七首欠)、巻十六から巻十八まで序(現存なし)、巻十九以下が対策(十二首欠)であったと思われる。韻文と散文との合集はわが国最初のものであり、編纂の意図は奈良時代以後の漢詩文の精粋の集録にあったといえる。しかし作者の大部分は嵯峨上皇を中心とする平安時代初期の官人や僧侶などで、他の勅撰集と重複する人が多い。各巻のはじめに目録を付するが、内容の類似により分類しながら作者の爵位に基づく排列を採る。署名において作者の姓を一字略するのは唐風模倣の現れである。また七言詩が多いのは唐詩の影響によるものである。本書は平安時代初期の唐風文化隆盛時代の産物で、当時の邦人がいかに中国の文化を輸入咀嚼することに努力したかは、歌・吟・詞など雑言の詩や遊戯的な建除詩、十二律詩、押韻の制限、さらに題材の新しさや唐代の俗語の使用などにも窺える。文学の隆盛と国家の安泰を同一と考えた『凌雲集』の雄渾な詩風から、表現の修飾に重点を置いた『文華秀麗集』の華麗な詩風を経て、両者の調和を計った本書の詩風は、平安時代初期の漢詩の頂点に立つものといえる。『群書類従』文筆部、『校註日本文学大系』二四所収。
[参考文献]
『群書解題』五
(大曾根 章介)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る

経国集と同じ漢詩カテゴリの記事
懐風藻(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
漢詩集。1巻。撰者については、淡海三船説、葛井広成説、石上宅嗣説などがあるが未詳。751年(天平勝宝3)成る(序文による)。近江朝以降、奈良朝中期の天平ごろまでの約八十数年間のわが国の詩人64人の漢詩120首を、ほぼ時代順・作者別に配列して一巻にまとめている。
文鏡秘府論(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の詩文作法・評論書。6巻。弘法大師空海の撰。820年以前の成立。中国の六朝・隋・唐時代に書かれた音韻書などから抜粋し斟酌してつくったもので,詩文の創作に関する重要な規則を八韻,四声,対句,文体,詩文の病などに分けて論じ
凌雲集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の漢詩文集。814年(弘仁5)小野岑守、菅原清公、勇山文継らによって編纂撰進された。序文に「凌雲新集」とあるが、普通には「雲を凌ぐほどにすぐれた詩を集めた詩集」の意味で凌雲集とよばれる。782年(延暦1)から814年までの範囲から詩人23人、詩90首(
文華秀麗集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の勅撰漢詩文集。818年(弘仁9)仲雄王、菅原清公、勇山文継、滋野貞主らによって編纂撰進された。詩を分類するのに、遊覧、宴集、餞別、贈答、詠史、述懐、艶情、楽府、梵門、哀傷、雑詠の11の部立てを立てるという斬新な方法を用いている。
経国集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の漢詩文集。827年(天長4)、滋野貞主、良岑安世、菅原清公らによって編纂撰進された。書名は魏の文帝の「典論」にある、「(文章は)経国之大業而不朽」による。もともと20巻だったが、現存するのは巻1「賦」、巻10、11、13、14(以上、詩)、巻20
漢詩と同じカテゴリの記事をもっと見る


「経国集」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
歌仙(国史大辞典)
古く歌泉(『万葉集』)とも。歌道において特に優れた者。のちには特定の歌人を指すに至った。『古今和歌集』序により、柿本人麻呂・山部赤人を二歌聖、在原業平・小野小町・僧正遍照・喜撰法師・文屋康秀・大伴黒主の六人を六歌仙と称した。のちに成った各種の新六歌仙・続六歌仙などと
歌論書(国史大辞典)
歌に関して批評的文学論的見解を述べた文献。歌の定義・要素・分類・歌病などのほかに、歌に関する種々の研究、たとえば歌集の校訂・注釈・類纂および歌書の文化史的研究などをも含むものが多い。奈良時代、『万葉集』にも批評意識は散見するが、歌論書としては『歌経標式』(藤原浜成)
つぎ‐うた 【継歌・続歌・次歌】(日本国語大辞典)
短冊を三つ折りにして、題を隠したまま各自短冊を分け取って、その場で歌を詠むこと。中世以降に流行し、三十首、五十首、百首から千首に及ぶことがある。また、それを披講する歌会をもいう。多く探題(さぐりだい)形式で詠まれた。*右記〔1192〕「次当座続歌探題等哥。
こんぽん‐か 【混本歌】(日本国語大辞典)
和歌の歌体の一つ。古今集の真名序に「混本」と見えるが、どのような歌体をさすか、未詳。旋頭歌に同じく六句体の歌であるとする説(喜撰式、宣長、守部など)、四句体の歌とする説(奥義抄、八雲御抄など)、片歌や五・七音を連続させる、結句のない偶数形式の歌とする説(五十嵐力)
旋頭歌(国史大辞典)
歌体の一つ。「みじかうた」「みそひともじ」ともいう。形式は五・七・五・七・七の五句体、三十一音。五句を分けて、五・七・五の三句を上の句、七・七の二句を下の句、さらに第一句を初句・頭句・起句、第二句を胸句、第三句を腰句、第五句を結句・尾句・落句などと呼ぶ。
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について見る
経国集の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 898
検索コンテンツ
1. けいこくしふ【経国集】
全文全訳古語辞典
[書名]平安初期の勅撰漢詩文集。八二七年(天長四)成立。二〇巻。現存六巻。良岑安世が滋野貞主・菅原清公らと編集。七〇七年から八二七年まで一二一年間一七八人の作品 ...
2. 経国集
日本大百科全書
平安前期の漢詩文集。827年(天長4)、滋野貞主(しげののさだぬし)、良岑安世(よしみねのやすよ)、菅原清公(すがわらのきよきみ)らによって編纂撰進(へんさんせ ...
3. 経国集
世界大百科事典
平安初期,827年(天長4)5月成立した勅撰第3漢詩集。20巻。書名は,〈文章は経国の大業,不朽の盛事〉という魏の文帝の〈典論・論文〉による。淳和天皇の勅を奉じ ...
4. けいこくしゅう【経国集】
デジタル大辞泉
平安前期の勅撰漢詩文集。20巻。現存は6巻。淳和天皇の命で、良岑安世(よしみねのやすよ)が滋野貞主(しげののさだぬし)らと編纂(へんさん)。天長4年(827)成 ...
5. けいこくしゅう[ケイコクシフ]【経国集】
日本国語大辞典
平安前期の勅撰漢詩文集。二〇巻。現存六巻。淳和天皇の勅命を受け、良岑(よしみね)安世が、滋野貞主らと編纂。天長四年(八二七)成立。文武天皇の慶雲四年(七〇七)か ...
6. けいこくしゅう【経国集】
国史大辞典
平安時代初期の漢詩文集。二十巻。書名は魏の文帝の『典論』にある「文章経国之大業、不朽之盛事」に基づく。淳和天皇の勅命を受けて良峯安世が主宰となり、南淵弘貞・菅 ...
7. 經國集(けいこくしゅう)
古事類苑
文學部 洋巻 第1巻 311ページ ...
8. 『経国集』
日本史年表
827年〈天長4 丁未〉 5・20 良岑安世ら 『経国集』 を撰上(紀略)。  ...
9. 秋
日本大百科全書
ぶべし」(下毛野虫麻呂)、「詩境秋節を悲しぶ」(石上乙麻呂)などとあり、平安時代に入ると、『経国集(けいこくしゅう)』の嵯峨(さが)上皇以下君臣一体となって製作 ...
10. あしゅくじ【阿〓寺】奈良県:奈良市/佐保・佐紀地区/法華寺村
日本歴史地名大系
賀陽豊年を請じて数年間広く群書を究めさせたことが知られる(「日本後紀」弘仁六年六月二七日条)。「経国集」の「大納言贈従二位石上朝臣宅嗣小山賦一首」に対し、播磨守 ...
11. あんぜん‐にん【安禅人】
仏教語大辞典
心安らかに坐禅の境界にひたっている人。 経国集 一〇・春日山寺探得春字〈藤三成〉 「定知時有安禅人」  ...
12. 石上宅嗣
世界大百科事典
を作る才に秀で,淡海三船(おうみのみふね)とならぶ奈良朝後半の代表的文人であった。その詩は《経国集》に収められている。彼の信条は儒教,仏教の調和にあり,仏教にも ...
13. いそのかみ‐の‐やかつぐ【石上宅嗣】
デジタル大辞泉
[729~781]奈良後期の廷臣。大納言。万葉集に和歌、唐大和上東征伝・経国集に詩がのっている。私宅に多数の漢籍を置いて〓亭(うんてい)と称し ...
14. いそのかみのやかつぐ【石上宅嗣】
国史大辞典
亭(うんてい)と称して士人の縦覧に供した。『経国集』『東征伝』に詩二首賦一首、『万葉集』に短歌一首が現存するが、詩賦数十首といわれ、唐に送った『 ...
15. いそのかみの-やかつぐ【石上宅嗣】
日本人名大辞典
文部大輔(たいふ)などをへて,天平神護2年参議,宝亀(ほうき)11年大納言にすすむ。詩文と書にすぐれ,「経国集」「万葉集」に詩歌がある。奈良の自邸を日本初の公開 ...
16. いち‐えい【一栄】
日本国語大辞典
〔名〕一度栄えること。わずかの栄華。*経国集〔827〕一一・奉和春日作〈藤原衛〉「時去時来秋復春、一栄一酔偏感〓人」*海道記〔12 ...
17. いっ‐しゅ【一株】
日本国語大辞典
〔名〕草木の一かぶ。*経国集〔827〕一一・賦新年雪裡梅花〈有智子内親王〉「春光初動寒猶緊。一株梅花雪裡開」*新撰朗詠集〔12C前〕上・花橘「盛夏の花は留む、三 ...
18. いっ‐ちょう[‥テウ]【一朝】
日本国語大辞典
〔名〕(1)ある日の朝。ある日。*経国集〔827〕一四・奉試賦得王昭君〈小野未嗣〉「一朝辞〓寵長沙陌。万里愁 ...
19. い‐ぼく【異木】
日本国語大辞典
〔名〕普通とは違う珍しい木。*令義解〔718〕雑・知山沢条「異宝、異木。〈謂。異宝者。馬脳。虎魄之類也〉」*経国集〔827〕一四・奉和清涼殿画壁山水歌〈菅原清公 ...
20. いん‐うん【陰雲】
日本国語大辞典
〔名〕暗く空をおおう雲。雨雲。*経国集〔827〕一〇・奉和巫山高〈嵯峨天皇〉「陰雲朝〓曖、宿雨夕飄 ...
21. いん‐えい【陰映・隠映】
日本国語大辞典
〔名〕(形動タリ)(1)互いに美しく映えること。また、そのさま。*経国集〔827〕一一・奉和太上天皇春堂五詠〈坂田永河〉「御〓春堂 ...
22. いん‐けん【隠見・隠顕・隠現】
日本国語大辞典
〔名〕(「いんげん」とも)隠れたり現われたりすること。見えがくれ。また、隠れることと現われること。*経国集〔827〕一一・同春太詠鬼之什〈石川広主〉「隠顕雖 ...
23. いん‐しょ【音書】
日本国語大辞典
〓、音書屡寄往来看」*経国集〔827〕一一・臨春風、効沈約体、応制〈滋野貞主〉「舞袖欲 ...
24. 有智子内親王
世界大百科事典
生活の日々を,《史記》や《漢書》の中国古典に親しみ詩作にいそしんだ。その若き日の漢詩作品が《経国集》に8首,《雑言奉和》に1首,《続日本後紀》に1首みえるが,多 ...
25. うちこ‐ないしんのう【有智子内親王】
デジタル大辞泉
[807~847]平安初期の女流漢詩人。嵯峨(さが)天皇の皇女。初代の賀茂斎院となった。その詩は「経国集」に採録。  ...
26. うちこ‐ないしんのう[‥ナイシンワウ]【有智子内親王】
日本国語大辞典
斎院(かものさいいん)となる。天長八年(八三一)退居。漢詩文に堪能で、作品は「続日本後紀」「経国集」に所収。大同二〜承和一四年(八〇七〜八四七)ウチコナイシンノ ...
27. うちこないしんのう【有智子内親王】
国史大辞典
「頗る史漢に渉り、兼ねて善く文を属す」(原漢文)と評され、詩文全盛の当代に才媛として聞えた。その作品は『経国集』に多数みえる。弘仁十四年二月、嵯峨天皇が斎院の花 ...
28. うん‐ちゅう【雲中】
日本国語大辞典
【一】〔名〕(「うんぢゅう」とも)雲の中。*経国集〔827〕一四・秋雲篇示同舎郎〈滋野善永〉「澗幽深兮此閑雲。雲中静兮逸人居」*太平記〔14C後〕一二・広有射怪 ...
29. うん‐らい【雲雷】
日本国語大辞典
雲雷〓」(2)雲上の雷。*経国集〔827〕一四・秋雲篇、示同舎郎〈惟良春道〉「雲雷兮吼怒、日月兮朝夕」*空華集〔1359〜68 ...
30. えい‐りょ【叡慮】
日本国語大辞典
〔名〕天子のお考えやお気持、また、御感動。聖慮。宸慮(しんりょ)。叡感。*経国集〔827〕一四・秋雲篇示同舎郎〈滋野貞主〉「叡慮優遊毎経過。花笑兮如 ...
31. えき‐えん[‥ヱン]【掖垣】
日本国語大辞典
〔名〕(「掖」は宮門の傍らにある小門の意)天子の宮殿近くにある垣。転じて、宮廷、御所。*経国集〔827〕一四・奉和清涼殿画壁山水歌〈滋野貞主〉「掖垣壁毎清冷。万 ...
32. えっ‐・する【閲】
日本国語大辞典
」(2)書物などに目を通す。(3)年月など時間が経過する。*経国集〔827〕一〇・和惟逸人春道秋日臥疾華厳山寺精舎之作〈嵯峨天皇〉「閲 ...
33. え‐はつ【衣鉢】
仏教語大辞典
「将如来舎利(略)随身衣鉢等、寄載第二船」 2 三衣と一鉢を含めた、修行僧の持ち物・道具など一切を指す。 経国集 一〇・見老僧帰山〈太上天皇〉 「独将衣鉢向煙霞 ...
34. えん‐か【煙霞】
仏教語大辞典
かすみ。もやがかかってぼうっとしているさま。転じて、俗塵を離れた清浄の世界のこと。 経国集 一〇・見老僧帰山〈太上天皇〉 「独将衣鉢向煙霞」 えん‐か 煙霞 の ...
35. えん‐かく[ヱン‥]【遠客】
日本国語大辞典
〔名〕遠くからの客。また、遠くを旅する者。えんきゃく。*経国集〔827〕一〇・同安領感客等礼仏之作〈島田渚田〉「禅堂寂々架〓海浜 ...
36. えん‐き[ヱン‥]【円規】
日本国語大辞典
〔名〕(1)月。*経国集〔827〕一四・秋月夜一首〈滋野貞主〉「圜規満耀寰区飛。陰魄生来二八時」*裴度‐黄目樽賦「動〓明酌 ...
37. えん‐きょ[ヱン‥]【遠去】
日本国語大辞典
〔名〕(1)遠くへ去ること。*経国集〔827〕一四・奉和漁歌〈滋野貞主〉「水沢畔蘆葉間、〓音遠去入 ...
38. えん‐きょう【円鏡】
デジタル大辞泉
1 まるい鏡。 2 まるい月。満月。 「―の暈(かさ)今傾く」〈経国集・一三〉3 丸餅。鏡餅。 「元三(ぐわんざん)に上頭(うへとう)へあがる―で御ざる」〈虎明 ...
39. えん‐きょう[ヱンキャウ]【円鏡】
日本国語大辞典
羈情断、定識閨中憶不〓歇」*経国集〔827〕一三・奉試賦得隴頭秋月明一首〈豊前王〉「傍弓形始望。円鏡暈今傾」(3)まるい餠。鏡餠 ...
40. えん‐けい【煙景・烟景】
日本国語大辞典
〔名〕(1)霞がたなびいた春の景色。*経国集〔827〕一一・早春観打毬一首〈嵯峨天皇〉「芳春烟景早朝晴、使客乗〓時出 ...
41. えん‐せい[ヱン‥]【猿声】
日本国語大辞典
〔名〕猿の鳴き声。猿吟。*経国集〔827〕一四・奉試詠三〈石川越智人〉「鳥影日中掛、猿声峡裏悲」*日葡辞書〔1603〜04〕「Yenxei (エンセイ)。サルノ ...
42. えん‐ぜん[ヱン‥]【宛然】
日本国語大辞典
〔形動タリ〕そっくりそのままであるさま。よく似ているさま。よく当てはまるさま。*経国集〔827〕一四・奉和清涼殿画壁山水歌〈都腹赤〉「名山大水宛然是、咫尺能分千 ...
43. えん‐ち[ヱン‥]【園池】
日本国語大辞典
〔名〕庭園と池。庭と泉水。*経国集〔827〕一・棗賦〈藤原宇合〉「一天之下、八極之中、園池綿〓」*匏菴十種〔1869〕〈栗本鋤雲〉暁窓追録「 ...
44. えん‐ぱ【煙波】
日本国語大辞典
面。また、遠く広い水面が煙ったように波立っている様子。煙濤(えんとう)。煙浪(えんろう)。*経国集〔827〕一四・漁歌五首〈嵯峨天皇〉「煙波客釣舟遙。往来無 ...
45. えん‐ぱく【淹泊】
日本国語大辞典
〔名〕長くとどまること。久しく滞留すること。*経国集〔827〕一四・漁歌五首〈嵯峨天皇〉「漁人不〓記歳時流。淹泊 ...
46. えん‐ぼう[ヱンバウ]【遠望】
日本国語大辞典
〔名〕(1)遠方をのぞみ見ること。はるかに見渡すこと。とおみ。みわたし。*経国集〔827〕一三・九日翫菊花篇〈嵯峨天皇〉「登〓高遠望坐 ...
47. えん‐みょう【円明】
仏教語大辞典
1 理智円満の悟りの境界をいう。 経国集 一〇・忽聞渤海客礼仏感而賦之〈安吉人〉 「方丈竹庭維摩室 円明松蓋宝積球」 ささめごと 末 「されば篇・序・題・曲・ ...
48. おう‐うつ[ヲウ‥]【蓊鬱・蓊蔚】
日本国語大辞典
んに茂るさま。あるいは、雲や霧などが盛んに立ちこめること。また、そのさま。蓊蔚(おうい)。*経国集〔827〕一三・奉和太上天皇青山歌〈良岑安世〉「崔嵬不 ...
49. おう‐か[ワウ‥]【王家】
日本国語大辞典
国咸休、永世無窮」(2)帝王のすまい。王宮。*経国集〔827〕一三・詠雪応詔〈朝原道永〉「王家銀作 ...
50. おう‐じゅ[アウ‥]【桜樹】
日本国語大辞典
〔名〕サクラの木。*経国集〔827〕一一・詠桜〈賀陽豊年〉「早花春梢杪、桜樹乃舒〓栄」*東京新繁昌記〔1874〜76〕〈服部誠一〉 ...
「経国集」の情報だけではなく、「経国集」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る