1. トップページ
  2. >
  3. カテゴリ一覧
  4. >
  5. 文化
  6. >
  7. 文学
  8. >
  9. 漢詩
  10. >
  11. 性霊集
日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典

日本大百科全書
性霊集
しょうりょうしゅう

平安初期の漢詩文集。正しくは『遍照発揮(へんじょうほっき)性霊集』。10巻。空海作。弟子の真済(しんぜい)が編纂(へんさん)したもので、当初10巻であったが、巻8以下の3巻が散逸し、1079年(承暦3)に済暹(さいせん)が逸文を拾集して『続(ぞく)性霊集補闕鈔(ほけつしょう)』3巻を編み、ふたたび10巻に編纂した。空海の作品として確実なもの108編。詩、碑文、願文、表白などに分類されているが、その華麗豊贍(かれいほうせん)な詩文に作者の卓抜した才能がうかがえる。後世僧侶(そうりょ)たちが詩文の手本にしたが、また当時の漢詩文を知るうえで貴重な資料である。
[大曽根章介]


改訂新版・世界大百科事典
性霊集
しょうりょうしゅう

〈せいれいしゅう〉ともいい,詳しくは《遍照発揮(へんじようほつき)/(へんじようはつき)性霊集》という。空海(弘法大師)の詩文などを集めて10巻としたもの。編者は空海の弟子真済(しんぜい)で,のち8,9,10の3巻が散逸したため,1079年(承暦3)に済暹(さいせん)が補い,《続性霊集補闕鈔》3巻を編集して巻数を旧に復した。時代的には804年(延暦23)から834年(承和1)まで31年間の空海の文集約111首を収めている。内容的には詩賦類,碑銘類,詩文類,表啓,書啓,噠〓・願文類,願文・噠〓・表白類,奏・啓白文類,序・詩・讃などに分類される。平安時代初期の代表的な個人の詩文集として著名であるとともに,当時の政治,思想,文学,宗教,とくに日本密教思想や信仰を知るうえで最も貴重な資料といえる。ただし,後補の8,9,10の3巻のうちには空海の作でないものも混入している。同様のものに《高野雑筆集》上下2巻があり,併読する必要がある。
[和多 秀乗]

[索引語]
遍照発揮性霊集 性霊集 空海 高野雑筆集

国史大辞典
性霊集
しょうりょうしゅう
空海の漢詩文集。詳名『遍照発揮性霊集』。当時、呉音が禁ぜられていたので、「へんじょうはっきせいれいしゅう」と読む。「遍照」は空海の灌頂号の略称。編者は空海の弟子、高雄山の真済。全十巻。ただし八・九・十巻は散逸し、これを惜しんだ仁和寺の済暹(さいせん)が、承暦三年(一〇七九)、『続遍照発揮性霊集補闕鈔』三巻を編み、追補した。真済による編纂年次は不明であるが、空海の晩年、特に承和の初年ころとする説が行われている。序(真済)によれば「意に任せ」「手に随つて」(原漢文)成った天成の詩文であるという、併せて百十余篇の作品が、現存十巻本に収められている。その内容は、巻一が「遊山慕仙詩」(何劭・郭璞の「遊仙詩」に因む)など詩十篇、巻二は「沙門勝道上補陀洛山碑」(わが国登山文学の傑作とされる)など碑三篇、巻三は「勅賜屏風書了即献表并詩」など詩ならびに表・序・状五篇、巻四は「勅賜世説屏風書了献表」など表・啓・遺言(酒人内親王に代わって書いたもの)十九篇、巻五は「為大使与福州観察使書」など在唐時代の啓・書七篇、巻六から巻八は「弘仁太上奉為桓武皇帝講御札法花経達〓」など達〓だっしん、法事に用いる願文)・願文・表白・知識書(塔・曼荼羅・鐘などを造営・鋳造する際のそれらに関する知識の文)四十二篇、巻九は「宮中真言院正月御修法奏状」など奏状・表・勅答(勅書の代筆)・啓白・知識文・書十五篇、巻十は「綜芸種智院式并序」(院創設にあたり起草したもの)など式・讃・書・詩十篇。いずれも平安朝人の手に成る六朝風美文の精華といえようが、中に数篇、彼の作であるかどうか疑わしいものを含む。醍醐寺本など多くの写本・板本が伝わり、あるいは古くから注釈書も流布し、文学的宗教的影響の大きさがうかがい知れる。『日本古典文学大系』七一などに収められている。
[参考文献]
川口久雄『平安朝日本漢文学史の研究』上、小島憲之『国風暗黒時代の文学』上、川崎庸之校注『空海』(『日本思想大系』五)
(川口 久雄)
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のオンライン辞書・事典サービスです。
ジャパンナレッジについて詳しく見る
性霊集の関連キーワードで検索すると・・・
検索ヒット数 1474
検索コンテンツ
1. しゃうりゃうしふ【性霊集】
全文全訳古語辞典
八・九・一〇の三巻は散逸したが、済暹が『補闕鈔』を作り補った。仏教思想の影響が見られる。『遍照発揮(は)つき性霊集』。⇒空海  ...
2. 性霊集
日本大百科全書
平安初期の漢詩文集。正しくは『遍照発揮(へんじょうほっき)性霊集』。10巻。空海作。弟子の真済(しんぜい)が編纂(へんさん)したもので、当初10巻であったが、巻 ...
3. 性霊集
世界大百科事典
いる。同様のものに《高野雑筆集》上下2巻があり,併読する必要がある。和多 秀乗 遍照発揮性霊集 性霊集 空海 高野雑筆集 ...
4. しょうりょうしゅう【性霊集】
デジタル大辞泉
のちに末尾3巻が散逸したが、承暦3年(1079)済暹(さいせん)が逸文を集めて「続性霊集補闕鈔」として補集。遍照発揮性霊集。せいれいしゅう。  ...
5. しょうりょうしゅう[シャウリャウシフ]【性霊集】
日本国語大辞典
済暹(さいせん)が承暦三年(一〇七九)に逸文を「続性霊集補闕鈔」として編んだものをもって補い、一〇巻に復した。遍照発揮(へんじょうほっき)性霊集。せいれいしゅう ...
6. しょうりょうしゅう【性霊集】
国史大辞典
空海の漢詩文集。詳名『遍照発揮性霊集』。当時、呉音が禁ぜられていたので、「へんじょうはっきせいれいしゅう」と読む。「遍照」は空海の灌頂号の略称。編者は空海の弟 ...
7. 『性霊集』
日本史年表
空海没.生前 『篆隷万象名義』 前半、並びに 『秘蔵宝鑰』 を撰す.また晩年、弟子の真済が 『性霊集』 、 『高雄口訣』 (空海口述、真済筆記)を編纂(空海僧都 ...
8. せいれいしゅう【性霊集】
デジタル大辞泉
⇒しょうりょうしゅう(性霊集)  ...
9. せいれいしゅう[セイレイシフ]【性霊集】
日本国語大辞典
〓しょうりょうしゅう(性霊集) ...
10. へんじょうはっきしょうりょうしゅう【遍照発揮性霊集】
国史大辞典
性霊集(しょうりょうしゅう)  ...
11. へんじょうほっきしょうりょうしゅう[ヘンゼウホッキシャウリャウシフ]【遍照発揮性霊集】
日本国語大辞典
〓しょうりょうしゅう(性霊集) ...
12. あい【埃】
日本国語大辞典
〔名〕(1)土ほこり。ちり。*性霊集‐二〔835頃〕沙門勝道上補陀洛山碑「埃涓委聚、画〓餝神都 ...
13. あい‐あい【哀哀】
日本国語大辞典
〔形動タリ〕嘆き悲しむさま。悲しく哀れなさま。*性霊集‐一〔835頃〕喜雨歌「哀々、末世諸元々」*篁園全集〔1844〕三・歳暮書懐「哀哀父与母、鞠育窮 ...
14. あい‐あい【靄靄】
日本国語大辞典
〔形動タリ〕(1)雲や靄(もや)が集まり、たなびくさま。*性霊集‐一〔835頃〕遊山慕仙詩「飛雲幾生滅、靄々空飛揚」*読本・近世怪談霜夜星〔1808〕一・下「い ...
15. あい‐ごく【愛獄】
仏教語大辞典
愛欲が心を束縛し、苦しめるものであることを牢獄に喩えたもの。 性霊集 六・四五 「牢籠三界、綿絡四生、同脱愛獄、斉遊覚道」  ...
16. あい‐せい【哀声】
日本国語大辞典
〔名〕悲しみのこもった声や音。いかにも悲しそうな声や音。*性霊集‐二〔835頃〕大唐青龍寺故三朝国師伝「天雲〓々現悲色、松風 ...
17. あい‐でん【愛纏】
仏教語大辞典
激しい欲望による束縛。 性霊集 六・四七 「六趣飽甘露、同出愛纏、共成覚道」  ...
18. あい‐ともに[あひ‥]【相共】
日本国語大辞典
〔副〕(「あい」は接頭語)もろともに。一緒に。ともども。*性霊集‐二〔835頃〕大唐青龍寺故三朝国師碑「多生之中、相共誓願、弘〓演密蔵 ...
19. あい‐にゃく【愛溺】
仏教語大辞典
煩悩、迷い。 性霊集 六・四八 「忘愛溺於此涯、捨恵撥於彼岸」  ...
20. あい‐ばく【愛縛】
日本国語大辞典
〔名〕(1)仏語。愛欲、または執着による煩悩。*性霊集‐一〔835頃〕遊山慕仙詩「人皆美〓蘇合 ...
21. あい‐ばく【愛縛】
仏教語大辞典
異性を愛する、その愛の束縛、悩み。また、その相手を束縛すること。 性霊集 七・五五 「悲幢(愛金剛菩薩)吸愛縛之心」  ...
22. あ‐こう[‥カウ]【阿衡】
日本国語大辞典
」(2)わが国では、天皇の補佐あるいは摂政関白の異名。→阿衡事件。*性霊集‐四〔835頃〕為人求官啓一首「伏惟。我右僕射馬足下。鐘鼎累代。阿衡一人。能仁能恵。四 ...
23. あそう【阿僧】
仏教語大辞典
1 梵 Asaṅga の音写「阿僧伽」の略 無著菩薩のこと。 性霊集 一〇・一〇三 「三論是祖君之宗、法相則臣子之教。何者、阿僧釈竜猛之中観、護法註提婆之百 ...
24. あと を 隠(かく)す
日本国語大辞典
(1)(「あしあとを隠す」の意から)(イ)この世を去る。死ぬ。逝去する。*性霊集‐二〔835頃〕大唐青龍寺故三朝国師碑「溺子一何悲哉。医王匿 ...
25. あん‐じゅう[‥ヂュウ]【安住】
日本国語大辞典
〔名〕何の心配もなく、そこに落ち着いて住むこと。また、その境遇・立場に満足していること。*性霊集‐一〇〔1079〕十喩詩「安〓住一心 ...
26. あん‐じゅう【安住】
仏教語大辞典
故名安住」 2 何の心配もなく、そこに落ち着いて住むこと。また、その境遇・立場に満足していること。 性霊集 一〇・一一〇 「安住一心无分別。内風外風誑吾耳」  ...
27. あんらく‐とし【安楽覩史】
仏教語大辞典
この二つの世界が奈良時代以来、とくに信仰され、いずれかに生まれたいと願われたもの。 →覩史多天 性霊集 三・一五 「安楽覩史、本来胸中」  ...
28. い‐ぎょう[‥ゲウ]【意楽・意巧】
日本国語大辞典
意楽〓」*性霊集‐一〇〔1079〕綜芸種智院式并序「右顕密二教、僧意楽。兼 ...
29. いしがきのしょう【石垣庄】和歌山県:有田郡/金屋町
日本歴史地名大系
有田川の中流から上流、現金屋町一帯を荘域とした。「性霊集」巻九所収の承和元年(八三四)九月一五日付高野四至啓白文に「在〓紀伊国在田郡石垣上庄 ...
30. いしん‐でんしん【以心伝心】
仏教語大辞典
言葉では表せない悟りや真理を、心から心へと伝えること。 性霊集 一〇・一〇七 「秘蔵奥旨、不貴得文、唯在以心伝心。文是糟粕、文是瓦礫」  ...
31. いだ【伊陀】
仏教語大辞典
波羅蜜多( 梵 pāramitā の音写。到彼岸と訳する)のitāの音写という この世、此岸のこと。 性霊集 一〇・一〇二 「断生死於伊陀」  ...
32. いち【一・壱】
日本国語大辞典
最も大事なこと。また、そのもの。第一。最上。一等。*霊異記〔810〜824〕中・序「一を得て運を撫で」*性霊集‐六〔835頃〕弘仁太上奉為桓武皇帝講御礼法花経達 ...
33. nbsp;いち‐ぐう【一隅】
日本国語大辞典
光」(2)一つの方面や部分。また、ある一つの考え方や見解。*性霊集‐二〔835頃〕大唐青龍寺故三朝国師碑「所以、挙 ...
34. いち‐じ【一字】
日本国語大辞典
〔名〕(1)一つの文字。*性霊集‐一〔835頃〕遊山慕仙詩「光明満〓法界 ...
35. いち‐じ【一字】
仏教語大辞典
1 阿字の一字。真言では、この一字を万有の本源と捉える。 性霊集 一・一 「光明満法界 一字務津梁」 2 無の一字。禅家では、無を体得することを目的とする。  ...
36. いち‐じ【一時】
日本国語大辞典
」(4)その当時。同時代。当代。*性霊集‐序〔835頃〕「前御史大夫泉州別駕馬 ...
37. いちじ‐いっく【一字一句】
日本国語大辞典
〔名〕一つの文字と一つの句。わずかな字句。一言一句(いちごんいっく)。*性霊集‐二〔835頃〕大唐青龍寺故三朝国師碑「一尊一契。證道之径路。一字一句。入仏之父母 ...
38. いち‐じき【一食】
日本国語大辞典
〔名〕十二頭陀(じゅうにずだ)の一つ。仏家の食法で、午前中に一度だけ食事をすること。*性霊集‐七〔835頃〕僧寿勢入先師忌日料物願文「衣愛 ...
39. いち‐じつ【一実】
日本国語大辞典
〔名〕仏語。(1)(「一」は不二絶対、「実」は真実)究極・唯一の真理。絶対の真実そのもの。*性霊集‐七〔835頃〕僧寿勢入先師忌日料物願文「三空蕩 ...
40. いち‐じん[‥ヂン]【一塵】
日本国語大辞典
〔名〕(1)ひとつの塵。塵ひとつ。転じて、きわめてこまかいこと、わずかなことにいう。*性霊集‐八〔1079〕勧進奉造仏塔知識書「所〓以一塵崇 ...
41. いちだ【一唾】
日本国語大辞典
〔名〕一度唾(つばき)を吐くこと。天神、龍などが、ほんのわずか雨を降らせることのたとえに用いられる。*性霊集‐一〔835頃〕喜雨歌「一唾能銷〓百界火 ...
42. いちだい‐じょうまん【一大浄満】
仏教語大辞典
「浄満」は 梵 Vairocana 毘盧遮那の訳 唯一絶対の毘盧遮那仏ということ。「大」は形容の語。 性霊集 七・五七 「百億能仁、授手乗華之遊、一大浄満、摩頂 ...
43. いち‐どう【一同】
日本国語大辞典
〔名〕(1)(形動)全く同じであること。一致すること。一つになるさま。*性霊集‐六〔835頃〕藤大使為亡児設斎願文「三曳自柱、不〓因 ...
44. いち‐どう【一道】
デジタル大辞泉
細長いものの、ひとすじ。「―の光明」 4 仏語。悟りへの唯一の道。一乗。 「斉(ひと)しく―に入らむ」〈性霊集・七〉 ...
45. いち‐べん【一眄】
日本国語大辞典
〔名〕ひとにらみすること。いちめん。*性霊集‐四〔835頃〕為藤真川挙浄豊啓「飛沈生〓其一眄 ...
46. いちみ‐わごう[‥ワガフ]【一味和合】
日本国語大辞典
爾所時〓。一味和合」*性霊集‐九〔1079〕高雄山寺択任三綱之書「我大師薄伽梵子、呼 ...
47. いっ‐かく【一覚】
日本国語大辞典
衣、而多眠、五旬一覚」(2)ひとたび悟ること。また、同じ悟り。*性霊集‐八〔1079〕講演仏経報四恩徳表白「飛 ...
48. いっ‐き【一気】
日本国語大辞典
気、一気千余息」(2)万物のもととなる混然の気。*性霊集‐一〔835頃〕遊山慕仙詩「老〓守 ...
49. いっ‐こ【一己】
日本国語大辞典
〔名〕自分ひとり。一個人。*性霊集‐一〔835頃〕贈良相公詩「巻舒非〓一己 ...
50. いっ‐しゅ【一種】
日本国語大辞典
〔名〕(1)一つの種類。ひといろ。*性霊集‐一〔835頃〕徒懐玉「夏月涼風、冬天淵風、一種之気、嗔喜不〓同」*今昔物語集〔1120 ...
「性霊集」の情報だけではなく、「性霊集」に関するさまざまな情報も同時に調べることができるため、幅広い視点から知ることができます。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る

性霊集と同じ漢詩カテゴリの記事
懐風藻(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
漢詩集。1巻。撰者については、淡海三船説、葛井広成説、石上宅嗣説などがあるが未詳。751年(天平勝宝3)成る(序文による)。近江朝以降、奈良朝中期の天平ごろまでの約八十数年間のわが国の詩人64人の漢詩120首を、ほぼ時代順・作者別に配列して一巻にまとめている。
文鏡秘府論(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安時代の詩文作法・評論書。6巻。弘法大師空海の撰。820年以前の成立。中国の六朝・隋・唐時代に書かれた音韻書などから抜粋し斟酌してつくったもので,詩文の創作に関する重要な規則を八韻,四声,対句,文体,詩文の病などに分けて論じ
凌雲集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の漢詩文集。814年(弘仁5)小野岑守、菅原清公、勇山文継らによって編纂撰進された。序文に「凌雲新集」とあるが、普通には「雲を凌ぐほどにすぐれた詩を集めた詩集」の意味で凌雲集とよばれる。782年(延暦1)から814年までの範囲から詩人23人、詩90首(
文華秀麗集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の勅撰漢詩文集。818年(弘仁9)仲雄王、菅原清公、勇山文継、滋野貞主らによって編纂撰進された。詩を分類するのに、遊覧、宴集、餞別、贈答、詠史、述懐、艶情、楽府、梵門、哀傷、雑詠の11の部立てを立てるという斬新な方法を用いている。
経国集(日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典・国史大辞典)
平安前期の漢詩文集。827年(天長4)、滋野貞主、良岑安世、菅原清公らによって編纂撰進された。書名は魏の文帝の「典論」にある、「(文章は)経国之大業而不朽」による。もともと20巻だったが、現存するのは巻1「賦」、巻10、11、13、14(以上、詩)、巻20
漢詩と同じカテゴリの記事をもっと見る


「性霊集」は古典文学に関連のある記事です。
その他の古典文学に関連する記事
薩藩旧記雑録(日本歴史地名大系・国史大辞典)
前編四八巻・後編一〇二巻・追録一八二巻・付録三〇巻 別称 旧記雑録(原名) 伊地知季安・伊地知季通編 分類 記録 写本  国会図書館・国立公文書館・九州大学・東京大学史料編纂所・鹿児島県立図書館など 解説  幕末鹿児島藩の史学者・記録奉行であった父季安の志を継ぎ
三河物語(国史大辞典・改訂新版 世界大百科事典)
徳川氏創業史の最初の著作。筆者は大久保彦左衛門忠教。三巻。元和八年(一六二二)には草稿本が完成していたとみられるが、現存自筆本(穂久邇文庫蔵、重要文化財)の最終的成立は寛永三年(一六二六)。上巻は源氏の由来から始めて徳川家康の父祖、いわゆる松平八代(親氏―広忠)の
三十六人家集(三十六人集)(国史大辞典・日本国語大辞典・日本大百科全書)
家集。藤原公任の『三十六人撰』所収の歌人三十六人の家集の総集。左右に排してあるので、一番左・右……の順序とすべく、したがって人麿集・貫之集・躬恒集・伊勢集・家持集・赤人集・業平集・遍照集・素性集・友則集・猿丸集・小町集・兼輔集
一条摂政御集(国史大辞典・日本大百科全書・改訂新版 世界大百科事典)
一条摂政藤原伊尹の私家集。編者不詳。総歌数は百九十四首。成立年代は、その詞書から、伊尹死後二十年を経た正暦三年(九九二)八月二十二日以後と推定されるが、冒頭から第四十一首目までは、主人公を「大蔵史生倉橋豊蔭」という卑官に仮託して
拾遺和歌集(国史大辞典・日本大百科全書)
平安時代中期の第三番目の勅撰集。二十巻。撰者は花山院か。近臣の藤原長能や源道済の協力を考える説も古くからある。またほかに、協力者として曾禰好忠の名を挙げる説もある。藤原公任撰の『拾遺抄』の歌を全部収め、構成も踏襲している面があるので、何らかの形で公任も関与している
古典文学に関連する記事をもっと見る
ジャパンナレッジは約1500冊以上(総額550万円)の膨大な辞書・事典などが使い放題のインターネット辞書・事典サイト。日本国内のみならず、海外の有名大学から図書館まで、多くの機関で利用されています。
ジャパンナレッジの利用料金や収録辞事典について詳しく見る